歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第52回
―篤姫見送った渋谷屋敷―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は江戸にある薩摩藩邸を書いてみました。
その実態は、正直なところよくわかりません。
江戸切絵図に現代の地図を重ねた『復元 江戸情報地図』(朝日新聞社)という本がありますが、これには、諸藩の屋敷の広さを示す坪数が表示されています。これが何に基づく数字なのかわかりませんが、重宝なので使っています。

ただ、今回のメインになった薩摩藩の渋谷屋敷については、その本と『鹿児島県史料 斉彬公史料』の数字が食い違っていたので、後者のほうが信頼できると思い、そちらを採用しました。
ことほど左様に、不正確さを免れませんので、あくまで目安ということにしていただければと思います。
渋谷屋敷はおそらく4万坪を超える敷地があったと思います。薩摩藩邸のなかでは、一番広く、芝本邸(上屋敷)の倍ほどあります。安政大地震後は渋谷屋敷が上屋敷の役割を果たしたといえるかもしれません。

なお、渋谷屋敷は現在の国学院大学や青山学院初等部あたりにありました。

分量の関係で拙稿には書きませんでしたが、お由羅の方は桜田屋敷に住んでいたらしく、安政の大地震後、渋谷屋敷に避難してきています。
ですから、篤姫とも同居していたわけですね。どうやら、この同居の事実をドラマの中に取り入れるようです。さて、どのように描くのでしょうか? 
あの篤姫のことですから、ストレートに「呪詛をしたんですか」と聞きそう(爆)。

それと、大井にも屋敷があったことが史料に見えます。
しかし、江戸切絵図には大井は入っていません。おそらく当時は江戸じゃなく、大井村という在だったからでしょう。もっとも、渋谷も村だし、品川も宿場で、本来の江戸の領域には含まれませんが、一応、切絵図には載っております。
『斉彬公史料』その他、薩摩藩の史料を精査すれば、何か書いてあるのかもしれませんが、残念ながら手が回りませんでした。
ご存じの方がおいでなら、ご教示下さいませ。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/04/05 11:09】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

大井村の薩摩屋敷
まいたけ
 品川歴史館特別展「しながわの大名下屋敷ーお殿さの別邸生活を探るー」という展示が2003年にありまして、図録だけ入手しています。
 その図録の中に、安政3年の「諸地面向取調書」により作成された「品川区内大名屋敷地一覧」という表がありまして、その表に、薩摩藩の大井村の屋敷のことがでていました。
島津斉彬が藩主であった頃、大井村には、島津斉興が隠居した屋敷があったようです。
 広さは、20,850坪(抱屋敷18,468坪、抱地2,382坪)で、立会川の両側です。土佐藩の山内容堂が隠居していた屋敷の近くです。
 次回の古文書塾に、この図録を持参しますね。



訂正
まいたけ
 すいません。訂正です。
 図録に正誤表が挟まれていました。それによれば、
「諸地面向取調書」ではなく、「諸向地面取調書」が正しいとのこと。



大井屋敷
桐野作人
まいたけさん、こんにちは。

さっそくの貴重な情報有難うございます。
やはり、ちゃんとした記録があるんですね。不勉強を恥じいるばかりです。
江戸切絵図の範囲外ですねえ。
次回講座で見せていただければ助かります。
有難うございました。



まいたけ
 図録をみてゆくと、国立国会図書館には、「抱屋敷寄帳」という幕府の普請方が作った抱屋敷の台帳が所蔵されているそうです。抱地の所有者・借上者・面積が変わると、その都度貼り紙を当該箇所の上に貼っていったそうです。
 探せば、まだいろいろとありそうですね。


 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大井村の薩摩屋敷
 品川歴史館特別展「しながわの大名下屋敷ーお殿さの別邸生活を探るー」という展示が2003年にありまして、図録だけ入手しています。
 その図録の中に、安政3年の「諸地面向取調書」により作成された「品川区内大名屋敷地一覧」という表がありまして、その表に、薩摩藩の大井村の屋敷のことがでていました。
島津斉彬が藩主であった頃、大井村には、島津斉興が隠居した屋敷があったようです。
 広さは、20,850坪(抱屋敷18,468坪、抱地2,382坪)で、立会川の両側です。土佐藩の山内容堂が隠居していた屋敷の近くです。
 次回の古文書塾に、この図録を持参しますね。

2008/04/05(Sat) 11:40 | URL  | まいたけ #-[ 編集]
訂正
 すいません。訂正です。
 図録に正誤表が挟まれていました。それによれば、
「諸地面向取調書」ではなく、「諸向地面取調書」が正しいとのこと。

2008/04/05(Sat) 11:50 | URL  | まいたけ #39N0KTrE[ 編集]
大井屋敷
まいたけさん、こんにちは。

さっそくの貴重な情報有難うございます。
やはり、ちゃんとした記録があるんですね。不勉強を恥じいるばかりです。
江戸切絵図の範囲外ですねえ。
次回講座で見せていただければ助かります。
有難うございました。
2008/04/05(Sat) 12:05 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
 図録をみてゆくと、国立国会図書館には、「抱屋敷寄帳」という幕府の普請方が作った抱屋敷の台帳が所蔵されているそうです。抱地の所有者・借上者・面積が変わると、その都度貼り紙を当該箇所の上に貼っていったそうです。
 探せば、まだいろいろとありそうですね。


 
2008/04/05(Sat) 14:42 | URL  | まいたけ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。