歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、小学館古文書講座「てらこや」の受講生であるMさんが「見てもらいたい」と、どっと古文書の束を持ってきた。

幕末水戸藩の古文書が100点以上あった。
ほとんどが書簡である。
保存状態もとてもよい。

驚いたのは差出人や宛所の人物。
幕末水戸藩の有名人ばかりである。

戸田蓬軒や会沢正志斎(後期水戸学の学者)

金子孫二郎や稲田重藏(桜田門外の変関係者)

田丸稲之衛門や竹内仙右衛門(天狗党幹部)


ほかにも、箕作阮甫(蘭医)の書簡もある。

とくに安政元年(1854)2月のペリー艦隊2回目の来寇の報告が面白い。
絵入りである。将軍家定に献上したという汽車模型の絵も描いてあった。

私は幕末水戸藩のことはうといが、とにかく興味深い史料ではないかと思った。
しかるべき人に見てもらったほうがいいのではとアドバイスした。
久しぶりに眼福でした。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/04/08 23:57】 | 幕末維新
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。