歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

4月15日(火)乙酉、天晴
注文していた新刊や古書が何点か届く。
そのうち紹介したい。

懸案になっていた某雑誌企画。ようやく図版セレクト完了。
でも、これから原稿執筆という肝心の仕事が残っている。相当な枚数なので青息吐息。

歴史読本の連載原稿、今月に2回分を仕上げておかないと、自分の首が絞まってしまうかも(冷汗)。
その前に片づけておかねばならない新書の原稿がある。とにかく急げ、急げ。

大河ドラマ「篤姫」の時代考証を担当している原口泉氏(鹿児島大学教授)より新刊を恵贈される。多謝。しかし、個人的にはショックである。先を越された。


4月16日(水)丙戌、天晴
珍しく、南日本新聞連載の原稿をサクサクと書けた。
今回も篤姫がらみ。ほとんど知られていない話だと思う。乞う御期待。
日向細島で起きた惨劇、寺田屋事件のその後について書かなければと思っている。
ようやく次週は書けそうか。

夕方、学生時代の友人から電話あり。
学生時代の別の友人の訃報だった。
同い年である。
学生時代からバイタリティあふれる奴で、身体も頑健そうだったのに……。
ガンだったそうだ。
明後日の告別式に出席予定。
美濃の郡上八幡である。

私がフリーの編集者をやっていた頃、親身になって教えてくれた先輩の女性編集者がいた。
しかし、彼女も40代半ばで他界。女性特有のガンだった。
そういえば、彼女も郡上八幡出身だったことを思い出した。

郡上八幡は小京都ともいえる小さな城下町。
未知の地で魅力的だが、いささか行くのに気が重い。

明日から一両日留守にします。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/04/17 00:25】 | 日次記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。