歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第54回
―篤姫 斉彬供養塔を建立―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は東京杉並の大円寺を取り上げました。
以前、当ブログでも訪問記を書いたことがあります。このエントリーです。

篤姫が養父斉彬の一周忌に建立させた供養塔のことです。
前回出かけたとき、見つけられませんでしたが、今回、別件でご住職にお会いできて尋ねたら、やはり島津家が整理してしまったとのこと。
とても残念でした。もし残っていたら、篤姫ゆかりの史跡として注目を浴びたに違いありません。
この供養塔には、篤姫の斉彬への思いが込められていると思います。
わざわざ自筆の写経を納めたのもその証左です。

しかし、大奥にいる篤姫は外出もままならず、江戸城下にあったこの供養塔にも参拝できなかったはずです。
江戸では行動範囲が狭かったので、篤姫ゆかりの史跡は少ないですね。寛永寺の墓所を除けば、本来なら、この供養塔がもっとも篤姫を感じさせてくれるものだったのではないでしょうか。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/04/19 14:07】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。