歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第16回「波乱の花見」

ドラマ進行時点は安政2年(1855)。

物語としては、なかなか面白い筋立てになっていました。

一橋慶喜がほんの少しだけですが、登場しましたね。
演じるのは、調所広郷役だった平幹二郎の息子のようで。目つきや顔形が親父さんにそっくりです。母親の佐久間良子にはあまり似ていなかったような。
そういえば、20年近く前の大河ドラマ「翔ぶが如く」でも、慶喜の初登場は弓矢を射るシーンでした。
そのときの慶喜を演じたのは三田村邦彦でしたね。

今回は何といっても、篤姫と水戸斉昭の対面が見せ場でした。
斉昭が薩摩藩邸を訪問したのは事実です。前回書いたように、先日、斉彬側近の竪山利武の公用日記に書かれているのを見つけたのですが、メモをとっていなかったため、いつのことだったか探し出せずにおります(汗)。
念のため、安政2年の桜の頃、旧暦3~4月を見てみましたが、ありませんでした。

ただ、ひとつ不審だったのは、斉彬がこの花見の宴席をもうける理由を、自分の病気全快を祝うためだとしていた点です。
前回も書きましたが、斉彬は前年(安政元年)7月末に発病して9月には全快しております。
そうであれば、翌年3月頃の花見に全快祝いというのは時間が空きすぎています。まあ、これまでの筋立てからそうするしかなかったのでしょうが。

斉彬と西郷のやりとりについて。
西郷が斉彬に諫言しておりました。じつはこれ、有名な話です。
「西郷隆盛カ諫言ニ対シ斉彬公ノ御弁解」(『斉彬公史料』二所収)という史料があります。一部引用します(読み下し、片仮名を平仮名に直しています)。

「御前(斉彬)にはオランダ好き[洋癖]の御癖あらせらると、皆人評判仕り、特に他藩水戸人なども評し奉る、私にも其の通りと存じ奉る旨言上せしに、 御晒し遊ばされ、手前にも左様に思ふか、水戸人などが評判するは苦しからず、遠からず思ひ当る世となるべし」

といってから、斉彬は滔々と持論を西郷に語ってきかせます。病人と薬の比喩こそありませんが、のちに西郷が「水の流るるが如く御論弁あらせられたり」と述懐しているほどですから、西郷は圧倒されてしまったのでしょうね。
斉彬が西郷の口ごもりに「蘭癖か」と問い質しましたが、上記史料には「洋癖」とあります。まあ、似たような言葉ですが。

ちなみに、このシーンは「翔ぶが如く」でもありました。そちらは男が主役だったせいか、もっと時間をとって、斉彬役の加山雄三が西郷役の西田敏行をこんこんと諭したので、最後は感動した西郷が泣き出してしまいました。

また斉彬が西郷に篤姫入輿の婚礼道具の購入を命じておりましたが、これはどうでしょうか。
たとえば、「竪山利武公用控」安政元年9月2日条に、

「金六百両 右篤姫様御一条に付、色々御道具御取入代として、山田壮右衛門へ相渡す」


とあります。これは「御道具御取入代」とありますから、明らかに篤姫の婚礼道具の購入費用をさします。また、それから4日後の9月6日にも、さらに600両が山田壮右衛門に渡されています。都合1200両ですね。
山田壮右衛門はおそらく小納戸役ですから、いかにもこの役目にふさわしい人物です。
庭方の西郷がそうした表向きの要件をつとめるのは不自然ですね。

花見のあと、将軍家定がようやく御台所の件を了承し、阿部正弘と松平慶永が安堵しておりました。
それと関連するかもしれませんが、「竪山利武公用控」安政2年7月2日条に次のようにあります。

「篤姫様御一条に付ては、来る八月・九月・十月中迄の内にはとふか御発もあらせらるべきやに、極内去る方様より御承知遊ばされ候由」

篤姫の入輿予定日が8~10月中旬頃にどうかという打診があったとのこと。
「去る方様」が誰だかわかりませんが、これまでの斉彬がもっている幕閣ルートの人脈からすれば、奥医師の多紀元堅ではないかと思います。
花見のあとにあった話ですから、ほぼ時系列どおりですね。

最後に、篤姫が小さい姫を膝に乗せて昔話か何かを話してあげていました。
これは義妹、すなわち斉彬の娘と見るべきでしょう。配役をちゃんと見ていなかったので何ともいえませんが、おそらく暐姫(てるひめ)でしょう。
嘉永4年(1851)生まれですから、数えの5歳。
何となくそんな感じでした。
なお、暐姫はのちに斉彬の跡を継いだ藩主茂久(忠義)夫人になります。

次回は安政大地震があるようですね。
「篤姫紀行」は次回か次々回に薩摩藩の渋谷屋敷が出てきそう。あるいは入輿のときかもしれませんが。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/04/21 00:11】 | 篤姫
トラックバック(1) |

資料
k2
桐野様
毎回大河の記事楽しみにしております。
その日に見て、記事にされるという事は、この場面にはこれと部屋にある資料は、キッチリ整理されてると推察します。
桐野文庫?は凄いものなのでしょうね。
これからも、楽しみに見比べます。

いえいえ
桐野作人
k2さん、こんにちは。

史料を整理しているなんてことありません。
たまたま別件の仕事が時代がだぶっているので、机まわりにその関連の史料が置いてあるだけです。

桐野文庫すごいです。
汚くて、散乱していて……。

歴読最新号出たようです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
資料
桐野様
毎回大河の記事楽しみにしております。
その日に見て、記事にされるという事は、この場面にはこれと部屋にある資料は、キッチリ整理されてると推察します。
桐野文庫?は凄いものなのでしょうね。
これからも、楽しみに見比べます。
2008/04/24(Thu) 17:09 | URL  | k2 #-[ 編集]
いえいえ
k2さん、こんにちは。

史料を整理しているなんてことありません。
たまたま別件の仕事が時代がだぶっているので、机まわりにその関連の史料が置いてあるだけです。

桐野文庫すごいです。
汚くて、散乱していて……。

歴読最新号出たようです。
2008/04/25(Fri) 10:26 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 タイトルと内容があっていないぞ〓。もう東京では花見の季節は終わり、せめてもう1...
2008/04/21(Mon) 09:44:52 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。