歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第55回
―苛烈な処分と名誉回復―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は表題のとおりで、寺田屋事件の後日談を書きました。
この事件は幕末薩摩藩にとってはあまり語りたくないものかもしれません。
しかし、たとえ暗部であろうと、歴史的事実であるかぎり、直視する必要があると思います。

近年、この事件を単なる藩内の内肛と見るだけでなく、大きな政治的背景をもった事件であり、薩摩藩内の路線闘争だったという指摘もあります。とりわけ、有馬新七らが藩外、とくに長州の尊攘派と結合し、藩の枠を超えた大きな政治運動にしようとしていたことも明らかになっております。それに対して、久光がライバルである長州藩に主導権を奪われる危機感から、断固たる処置に出たのだともいわれております。

今回はそうした政治的背景よりも、事件後のことに焦点を当てました。
次回は、寺田屋事件に関わった藩外人の知られざる悲劇を書きたいと思っております。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/04/26 12:06】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。