歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉川弘文館より、近刊を何点か入手。
先日、購入した際に注文し忘れたものが多い。

小林清治『伊達政宗の研究』
久保貴子『徳川和子』(人物叢書)
宮島敬一『浅井氏三代』(人物叢書)
江後迪子『信長のおもてなし』(歴史文化ライブラリー)
木戸雅寿『よみがえる安土城』(歴史文化ライブラリー)


このうち、小林氏は『伊達政宗』(人物叢書)や『秀吉権力の形成』などで知られているが、この著書は遺作となった。
「あとがき」に著者の当初の構成案が書かれているが、幕藩体制下の政宗など予定されていて、書かれなかった章も多いのは惜しまれる。
しかし、著者の畢生の作品であることは間違いない。

気になったところだけ斜め読みしたが、支倉六右衛門の通説的な諱である「常長」については、一次史料にはなく、遣欧使節のときに名乗った「長経」が本当の諱だとされるようになった。
これに対して、著者は「常長」は「支倉家譜」にしか見えないが、父飛騨常成をはじめ、支倉氏が「常」を通字としているのを考えれば、「常長」も父飛騨の切腹以前の名乗りで、遣欧使節の頃に「長経」に改名したのではないかと述べている。
一次史料にはない通説的な考え方も、それなりに尊重すべきだという見解のようである。

あと、政宗は自筆の書状が多いという点も興味深い。秀吉に服属する天正19年(1591)までの現存する書状で、筆跡を判別できるもの334点のうち、半分以上の171点が政宗自筆だという。
弱冠25歳までの政宗の大名権力のありようを考えるうえで興味深い。信長文書千数百点のうち、自筆はわずか数点とされるのとは対照的である。その違いは何に基づくものなのだろうか。

『徳川和子』の著者とは旧知で、以前、輪読会などでご一緒したことがある。近世朝幕関係の専門家として、近年、相次いで論著を公表されている。
「まえがき」に、タイトルを「徳川和子」「東福門院」のどちらにするか迷った話が書かれていて、興味深かった。なかなか難しい問題だと思う。
ミネルヴァ書房の「日本評伝選」シリーズでも『後水尾天皇』を上梓されている。
最近、江戸時代の近衛家についてご教示を得て大変参考になった。これからも、さらなる活躍を祈ります。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/05/01 12:22】 | 新刊
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。