歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第57回
―米国初プレーの日本人か―

昨日、連載が更新になりました。
右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は大久保利通の長男利和(としなか)と二男牧野伸顕がわが国の野球黎明期に野球をしていたという面白い話です。

わが国で野球が始まったのは明治5年(1872)のことで、東京一ツ橋の開成学校(のち東京帝国大学)のアメリカ人教師だったウィルソンが伝えたとされています。

大久保兄弟は明治4年11月、岩倉使節団に同行して渡米、フィラデルフィアの寄宿舎に入ります。帰国したのは同7年。兄弟は開成学校に入学し、そこでウィルソンと一緒に野球をした由。
大久保兄弟はわが国で最初に野球をした何人かの生徒の二人だったわけです。

ただ、牧野伸顕の回顧によれば、フィラデルフィア時代にも野球をやったと語っております。
その年代がわかりませんが、もっとも早いと、明治5年だと思われ、開成学校の生徒たちと同じ年に、海の向こうで野球をしたことになります。さて、どちらが早かったのでしょうか?

コラムに掲載した大久保兄弟の写真はいかにも武士の子らしい、背筋を伸ばした凛々しさと、同時に年相応の可愛さがあります。
甲東曾孫の利泰氏から、じつは別ヴァージョンで1人ずつ写った写真もお借りしました。こちらはさらに鮮明だったのですが、やはり2人一緒に写っているのがよいと思って、そちらを載せました。

なお、コラムの中で触れた一ツ橋の学士会館の前庭にある「日本野球発祥の地」ブロンズ像も載せておきます。
近くを通りかかったら、ご覧下さい。
野球発祥


よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/05/11 11:18】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。