歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第19回「大奥入城」

ドラマ進行時点は安政3年(1856)11月頃。

いよいよ大奥編の始まりですね。
私は女の世界については門外漢なので、あまりコメントするところはありません。

年寄滝山が大奥の女性たちを引き連れて、篤姫に挨拶した場面。
滝山が年寄はじめ、中年寄、中臈など役職の上から順に紹介しておりました。
また大奥に勤務する人数を、御目見え以上200人、御目見え以下を合わせて1000人だと、篤姫に告げました。

大奥の御広敷詰めの男性役人を合わせれば、それくらいになると思います。
大奥女中は身分的には、男の旗本御家人と同様、御目見え以上と以下に分かれ、また将軍付と御台所付に分かれます。

『定本江戸城大奥』によれば、

御台所付
御目見え以上:91人
御目見え以下:214人

将軍付もほぼ同数

御広敷詰(男性):270人以上

以上を合わせると、およそ1000人内外だと思われます。

それで、滝山の挨拶の場面、滝山の向かって左隣りにいたのは上臈年寄の某だというテロップが出ませんでしたっけ?
うろ覚えなのですが、もし上臈年寄なら、滝山より格上のはずで、本来なら、まん中の座にあるべきかもしれません。
上臈年寄もしくは上臈は、公家の娘がつとめます。御台所は摂関家や宮家からしか選ばれませんから、その入輿のとき、公家の娘がお付きとして同行し、上臈になります。ですから、その名前も姉小路とか飛鳥井とか、実家の名前を名乗ることになります。もっとも、役職上は最上位でも名誉職的で、実権は年寄がにぎっていたようです。

また年寄は別名、老女とも呼ばれました。これは表向(幕府の公儀としての男性世界)の老中に匹敵する役割として、そのように呼ばれました。

さて、滝山と幾島がさっそく言い争いをしておりました。
幾島も近衛家から派遣され、職制的には滝山と同じ年寄になります。
同格の2人の対決です。

細かい点では、篤姫の食事の場面。
御膳で焼き魚を一口食べただけで、御膳が下げられていました。
これはその通りのようですね。
同上書には、次のようにあります。

「御飯を召し上る時、御年寄は御膳の向ふに乗せある柳箸を取りて御肴などをムシリて差し上ぐ。御肴は一箸にても召し上れば直ちに「御換り」と御年寄申し出すを御中臈承はりて、傍なる三方を両手にて目八分に捧げ三膝計り摺り出でゝ御年寄より御下りを受け、元の座に摺り返りて後ろの敷居外に控へたるお次の者へ「何々のお換りを」と申し付くる」

ディテールはよく覚えていませんが、そんな感じだったような。

鹿児島での出来事。
大久保正助が小松尚五郎を訪ねていました。
帯刀と名乗るのはもう少しあと、2年後くらいです。

江戸の西郷からの手紙で、「駿河の下田」に異人が来たとか、大久保が申しておりました。
おそらくタウンゼント・ハリスのことでしょう。

しかし、下田は伊豆国に属しているはずですけどね。
私の聞き違いでなければ、かなりのケアレスミスですね。
下田が静岡県だから駿河と短絡したのでしょうか?

これは脚本通りだから、原田泰造のせいではないと思います。
でも、若き大久保利通としては、少し気が抜けているというか間延びしているというか、どうも実像と一致しませんね。
これから、少しはビシッとするのかどうかわかりませんがね。

今回は大して書くことがなかったので、関連写真を載せておきます。


上から江戸城天守台、大奥跡、下田の玉泉寺(ハリスの住んだ米国領事館)
大奥


大奥


玉泉tera


よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/05/12 00:37】 | 篤姫
トラックバック(1) |

播磨の一の谷
丹波3号
初めて、コメントを投稿します。
NHKも結構やりますよ、この程度は。大河ドラマ「義経」の初回、テロップで「播磨・一の谷」となっていました。正解は「摂津」ですよね。また、「風林火山」の何回目だったか、その回には出演していないキャストの名前が出ていたときもありました。あれだけスタッフがいて、試写の段階で誰も気がつかないのでしょうかね。

NHKが間違いを認めました
ばんない
以下引用

<お知らせ> 第19回「大奥入城」 5月11日(日)の放送について
5月11日(日)の放送内で、大久保正助(原田泰造さん)のセリフで、「伊豆の下田」とすべきところを、「駿河の下田」と誤って放送してしまいました。5月17日(土)の再放送では修正して放送します。

そういえば「功名が辻」でも強烈な間違いがありましたね。最後の方でしたが、浅野ゆう子演じる高台院が慶長8年に「太閤殿下がお亡くなりに為られて 10年 」とか…(苦笑)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
播磨の一の谷
初めて、コメントを投稿します。
NHKも結構やりますよ、この程度は。大河ドラマ「義経」の初回、テロップで「播磨・一の谷」となっていました。正解は「摂津」ですよね。また、「風林火山」の何回目だったか、その回には出演していないキャストの名前が出ていたときもありました。あれだけスタッフがいて、試写の段階で誰も気がつかないのでしょうかね。
2008/05/12(Mon) 23:29 | URL  | 丹波3号 #-[ 編集]
NHKが間違いを認めました
以下引用

<お知らせ> 第19回「大奥入城」 5月11日(日)の放送について
5月11日(日)の放送内で、大久保正助(原田泰造さん)のセリフで、「伊豆の下田」とすべきところを、「駿河の下田」と誤って放送してしまいました。5月17日(土)の再放送では修正して放送します。

そういえば「功名が辻」でも強烈な間違いがありましたね。最後の方でしたが、浅野ゆう子演じる高台院が慶長8年に「太閤殿下がお亡くなりに為られて 10年 」とか…(苦笑)
2008/05/17(Sat) 19:46 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
篤姫いよいよ大奥入りです。 起きるときも指示があるまで起きれない、食事中にも髪を...
2008/05/12(Mon) 03:26:15 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。