歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第58回
―義久の後妻、本能寺に眠る―

連載が更新されました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は表題のとおりで、京都にある島津家ゆかりの墓を訪ねる内容です。

その1として、現・本能寺にある島津義久夫人の供養塔について、施主や建立年代について、少し推定を加えてみました。
候補者は、在京したことのある家族である夫・島津義久か三女亀寿ではないかと考えてみました。
もちろん、ほかの島津家中や種子島氏の関係者の可能性もあります。
しかし、わざわざ京都に建立できるのはある程度限られた人で、在京経験者ではないかと考えてみました。

次回は祇園にある大雲院の島津以久の墓を取り上げてみようかと思っています。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/05/17 12:30】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

本能寺の円信院妙蓮大姉墓
ばんない
ゲー、大雲院の墓、拙HPで更新する前に抜かされそうです(苦笑)。あそこのお墓も今回紹介した本能寺の墓よりはまだいろいろ分かってそうですが、寺自体が引っ越ししていますから、墓を作った当時の状況のままではないのでしょうね、たぶん。

本能寺の墓
実はかつて京都に住んでいた割にはご縁が無くて、未だに一度もまじまじと見たことはおろか写真も撮影できてないのですが、墓石の形式は安土桃山時代のそれになっているのでしょうか?余り石塔には詳しくないので、他の人のご意見もお伺いしたいです。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
本能寺の円信院妙蓮大姉墓
ゲー、大雲院の墓、拙HPで更新する前に抜かされそうです(苦笑)。あそこのお墓も今回紹介した本能寺の墓よりはまだいろいろ分かってそうですが、寺自体が引っ越ししていますから、墓を作った当時の状況のままではないのでしょうね、たぶん。

本能寺の墓
実はかつて京都に住んでいた割にはご縁が無くて、未だに一度もまじまじと見たことはおろか写真も撮影できてないのですが、墓石の形式は安土桃山時代のそれになっているのでしょうか?余り石塔には詳しくないので、他の人のご意見もお伺いしたいです。

2008/05/17(Sat) 19:55 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。