歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先ほど、大雨の鹿児島から帰ってきました。
二泊三日の滞在でした。

昨日、鹿児島市の宝山ホールで、「薩摩の知られざる逸材・小松帯刀」の講演を無事終了してきました。何せ、同日に昼の部と夜の部の2回話をしなければならず、大変でした。

南日本新聞に記事が載っています。写真付きで恥ずかしいです。ここです。

取り急ぎ、帰京報告でした。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/05/28 21:27】 | イベント
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



サトシ
またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!

ご講演拝聴いたしました!
よよの
熱のこもったお話、お昼の部で前から3~4列目あたりで聴くことができました。昼夜2回の講演となりお疲れになられたことと存じます。ありがとうございました。
小松帯刀のすごさを改めて感じました。今、脚光をあびようとしていることは鹿児島県人として、誇らしいところです!そして体調が良ければ…あともう少し生きることができていたら…と、「もしも」を考えてしまいます。

縁あって、5月最後の土曜日にはまたまた小松家のお墓や仮屋跡の小学校の周辺などを巡って、同行の友人たちと歴史探訪を楽しみました。その中の一人も、桐野先生の講演に出かけたということで、祢寝から小松への話などにわか仕込みの話をしたりして盛り上がりましたー。

また機会がありましたら鹿児島での講演を! 楽しみにしております。ありがとうございました。

有難うございます
桐野作人
よよのさん、こんにちは。

鹿児島での講演の感想、有難うございます。
2回つづけてだったので、多少疲れましたが、ドリンク剤を飲んで何とか乗り切れました。

お友だちとの間でも、少しは刺激になったようでよかったです。これからも小松帯刀に関心をもっていただければ幸いです。
また鹿児島に行くかも知れません。そのときはよろしく。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/28(Wed) 22:23 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/29(Thu) 06:41 |   |  #[ 編集]
またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!
2008/05/29(Thu) 10:25 | URL  | サトシ #-[ 編集]
ご講演拝聴いたしました!
熱のこもったお話、お昼の部で前から3~4列目あたりで聴くことができました。昼夜2回の講演となりお疲れになられたことと存じます。ありがとうございました。
小松帯刀のすごさを改めて感じました。今、脚光をあびようとしていることは鹿児島県人として、誇らしいところです!そして体調が良ければ…あともう少し生きることができていたら…と、「もしも」を考えてしまいます。

縁あって、5月最後の土曜日にはまたまた小松家のお墓や仮屋跡の小学校の周辺などを巡って、同行の友人たちと歴史探訪を楽しみました。その中の一人も、桐野先生の講演に出かけたということで、祢寝から小松への話などにわか仕込みの話をしたりして盛り上がりましたー。

また機会がありましたら鹿児島での講演を! 楽しみにしております。ありがとうございました。
2008/06/03(Tue) 21:49 | URL  | よよの #-[ 編集]
有難うございます
よよのさん、こんにちは。

鹿児島での講演の感想、有難うございます。
2回つづけてだったので、多少疲れましたが、ドリンク剤を飲んで何とか乗り切れました。

お友だちとの間でも、少しは刺激になったようでよかったです。これからも小松帯刀に関心をもっていただければ幸いです。
また鹿児島に行くかも知れません。そのときはよろしく。
2008/06/04(Wed) 05:09 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。