歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人からとても珍しい史料集を拝借した。
長州藩の御典医、李家氏(りのいえ・し)に伝わる幕末期の書簡集(受給文書)である。

差出人は前原一誠・山県有朋・野村靖・木戸孝允・杉孫七郎・伊藤博文など、幕末期長州藩の錚々たる著名人たちである。とくに前原一誠の書簡が18通と飛び抜けて多く、次いで山県有朋の8通、野村靖の7通である。

李家氏とは、その変わった名字から察せられるように、朝鮮系の渡来人が祖である。豊臣秀吉の朝鮮侵略のとき、全羅北道の南原城(ナモンソン)攻防戦において、城を死守した全羅道兵馬節度使忠壮公、李福男の末子慶甫(のち元宥)が毛利軍に捕らえれて長州萩に連れてこられた。この元宥が李家氏の祖である。

『萩藩諸家系譜』によれば、李家氏は李氏朝鮮王族の支族という家柄の高さにより、寄組500石の家格で遇され、典医、侍医として藩主に仕えた。

前原・山県らから書簡を受け取ったのは、十代目の当主、李家文厚である。文厚も御典医で、馬関戦争では野戦病院長となり、四境戦争でも従軍医として活躍した。とくに高杉晋作が重篤に陥ったとき、藩主からの見舞医としてその最期を看取ったといわれる。

そのような経歴から、名だたる長州藩士たちとの交流があったのだろう。書簡の内容も病気の相談事などが多い。
なかでも面白かったのは、前原一誠のある書簡である。前原は文厚に悩みを打ち明けたり、北越戦争の苦戦の様子を報告したりと、単に医師と患者という関係を超えて親交があったようだ。
それでも、やはり病気の話が面白い。前原は湿疹系の病気が多かったらしい。たとえば、

「面部一面ニ発疹、格別粒立候様ニも無之候共、極而痩而御座候、脊之辺へも少々吹出し候様ニ御座候」

という具合で、顔や背中に湿疹ができていたようである。
とくに噴き出したのは次の一節。

「二白 弟、淋病再発、大ニ困窮難儀仕候得共、未施薬餌如何仕候而宜御座候哉」

と、文厚に再発した淋病の治療法を尋ねている。
前原は別の書簡で次のような告白もしている。これが淋病の原因か。

「彦太、(中略)内情欲ヲ恣ニシ、陰ニ登楼、妓抔愛シ、其罪井林ニ不下」

李家氏の歴史は数奇なものである。とくに長州藩では萩焼の歴史とも重なっていよう。
ちなみに、薩摩焼の陶工として著名な沈寿官も、李家氏と同じく南原城から連行された陶工の末裔である。

『幕末維新名士書簡集―李家文書―』
李家正文編
木耳社
1981年


スポンサーサイト

【2006/12/21 00:40】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

李家
橋場
李家といえば、風水の李家幽竹氏を連想します。
彼女も李王朝末裔との事でしたが、長州ゆかりなのでしょうか。

李家幽竹氏
桐野
橋場さん

申し訳ありません。李家幽竹なる方は不勉強で知らないのです(恥)。

李家という名字はおそらく長州藩の李家氏以外はないと思います。ですから、その係累の方である可能性は高いかもしれませんね。

有名な風水師のようですから、著作がありそうですね。自分のルーツについて書かれていないのでしょうか?


李家という名字
かわい
 たしか、作家の田中芳樹さんの本名もそうですよ。下が一字名だったせいで、よく外国籍と間違われたとか。

田中芳樹氏も
桐野
李家が本名だったとは知りませんでした。
というか、私は不勉強で、この人の著作を読んだことがないのです。
銀河英雄伝説もアニメで見ただけですから(爆)。



まつかぜ
こちらでは初めまして♪
前原一誠と聞いてやってきました~ちょうど今、前原関係の資料を読んでいたとこなんで、ジャストタイミングです。
それにしても、り、淋病とは(汗)…前原には妾もいるんで女好きであることは想像してましたが。。。萩の乱前後の体調不良もこのビョーキが関係あるのでしょうか??
だとしたら、正規の資料には出てないですよね、こんなハナシ(笑)

前原一誠のお妾さん
桐野
まつかぜさん、ようこそ。

前原にもいたんですね。前原に限らず、当時はいてもおかしくないですが。彼女に病気を移したりしなかったのだろうか(爆)。

前原に関しては、同史料集には北越戦争の記事が多いです。その方面でもよい史料かもしれません。

10年前の記事にすみません
すずき
この記事のおかげで李家姓の曽祖母の
ルーツに裏付けがとれました。
ありがとうございます。


ku335
우계이씨에 대하여 조사하다
이복남(李福男)에서 리노이에 모토히로(李家元宥)씨를 알게되었는데
이런 사연이 있었네요
한국어라 모르시겠지만 감사한 마음에
글 남겨봅니다.

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
李家
李家といえば、風水の李家幽竹氏を連想します。
彼女も李王朝末裔との事でしたが、長州ゆかりなのでしょうか。
2006/12/21(Thu) 18:39 | URL  | 橋場 #-[ 編集]
李家幽竹氏
橋場さん

申し訳ありません。李家幽竹なる方は不勉強で知らないのです(恥)。

李家という名字はおそらく長州藩の李家氏以外はないと思います。ですから、その係累の方である可能性は高いかもしれませんね。

有名な風水師のようですから、著作がありそうですね。自分のルーツについて書かれていないのでしょうか?
2006/12/21(Thu) 19:21 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
李家という名字
 たしか、作家の田中芳樹さんの本名もそうですよ。下が一字名だったせいで、よく外国籍と間違われたとか。
2006/12/22(Fri) 20:28 | URL  | かわい #-[ 編集]
田中芳樹氏も
李家が本名だったとは知りませんでした。
というか、私は不勉強で、この人の著作を読んだことがないのです。
銀河英雄伝説もアニメで見ただけですから(爆)。
2006/12/22(Fri) 20:58 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こちらでは初めまして♪
前原一誠と聞いてやってきました~ちょうど今、前原関係の資料を読んでいたとこなんで、ジャストタイミングです。
それにしても、り、淋病とは(汗)…前原には妾もいるんで女好きであることは想像してましたが。。。萩の乱前後の体調不良もこのビョーキが関係あるのでしょうか??
だとしたら、正規の資料には出てないですよね、こんなハナシ(笑)
2006/12/25(Mon) 21:24 | URL  | まつかぜ #IY7bLZJE[ 編集]
前原一誠のお妾さん
まつかぜさん、ようこそ。

前原にもいたんですね。前原に限らず、当時はいてもおかしくないですが。彼女に病気を移したりしなかったのだろうか(爆)。

前原に関しては、同史料集には北越戦争の記事が多いです。その方面でもよい史料かもしれません。
2006/12/25(Mon) 23:32 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
10年前の記事にすみません
この記事のおかげで李家姓の曽祖母の
ルーツに裏付けがとれました。
ありがとうございます。
2016/02/18(Thu) 01:23 | URL  | すずき #-[ 編集]
우계이씨에 대하여 조사하다
이복남(李福男)에서 리노이에 모토히로(李家元宥)씨를 알게되었는데
이런 사연이 있었네요
한국어라 모르시겠지만 감사한 마음에
글 남겨봅니다.
2016/06/07(Tue) 00:32 | URL  | ku335 #.lpVPRp2[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。