歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、福昌寺跡墓所に、島津斉興夫人池田氏(賢章院)の墓があるのかないのかという疑問を呈したところ、ばんないさんから、少し離れた別の区域にあることを教えてもらった。

そのとき、島津顕彰会編『島津歴代略記』の末尾にある「長谷場御墓」つまり福昌寺跡墓所の略図を見ていて、あることに気づいた。

島津斉彬夫妻の墓は夫婦墓になっていて、次のように2基並んで立っている。

斉彬墓


ところが、上記略図によれば、この夫婦墓の、向かって右斜め後ろに、じつはもうひとつ、島津斉彬の墓があると記されている(47番)。

福昌寺跡墓所に立っている案内板にも、番号こそ付されていないが、ちゃんと記載されている。
次の案内板の写真のうち、15番が斉彬夫妻の墓だが、その右斜め後ろに、もうひとつ墓があるのがおわかりだろうか。これが上記の47番に該当すると思われる。

案内板


いつも、上の写真の夫婦墓にばかり目がいっていたため、過去に撮影した斉彬のどの写真を見ても、右斜め後ろを撮影していないことにも気づかされた。

迂闊である。
果たして、その場所にどんな墓が立っているのか、写真がないし、記憶を辿っても、まったく覚えていない。

考えてみれば、立派な夫婦墓があるのだから、もうひとつ墓は必要ないはずである。
なぜ、あるのか? 島津家は明治になって神式祭祀を執り行うようになったから、もしかして神式の墓でもあるのか?
しかし、神式の墓だったら、珍しいから写真に撮るなり、記憶していたりするはず。それに、神式といえば、斉彬や島津家にとっては、照国神社や鶴嶺神社もある。あえて、福昌寺跡に建立する理由はない。

そこで、はたと思い当たったことがある。
以前、南日本新聞連載「さつま人国誌」で、天璋院篤姫が斉彬の一周忌に大円寺(江戸における島津家の菩提寺)に斉彬の供養塔と立てたという記事を書いたことがあった。ここです。

明治になってから、島津家が神道祭祀となったため、大円寺にあった島津家関係の墓や位牌をすべて整理して鹿児島に持ち帰ったのではないかといわれている。
ばんないさんによれば、大円寺から移転された墓は福昌寺跡墓所に、あまり整理されない形で配置されているという。

この、もうひとつの斉彬の墓というのは、もしかして大円寺から移転された墓ではないのか?
もしそうだったら、篤姫が建立した供養塔ということになるが……。

あくまで臆測です。
実際にその墓を見ないことには始まりませんね。
また宿題がひとつ増えました(笑)。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/06/27 23:49】 | 幕末維新
トラックバック(0) |


松裕堂
記事を拝見して、手元に件47番の写真がないかあさってみましたところ、15番を左斜め向いより撮影した写真がありましたのでアップしてみます。
ttp://ossan.fam.cx/up/gazo/src/1214609173603.jpg

・・・でもコレ、石垣がジャマして見えてませんよね? 47番。
とりあえずダメもとながら。



hiken
この夫婦墓の後ろはちょっとした広場になっていて、40年前は玉龍山から落ちる小さな滝があり、小川になっていました。
その脇で薬丸自顕流の宗家がひとり稽古をしていたことを思い出しました。
斉彬公のもうひとつの墓のことはまったく知りませんでした。歴史の襞には様々なことが秘められているものだとこちらを拝読していつも思います。
こんど稽古にいったとき、よく見てみます。


桐野作人
hikenさん、こんにちは。

かつては、斉彬の墓の裏には滝があったのですか。驚きです。
現在はきっとないのでしょうね。

そのような場所で、薬丸自顕流の先生が稽古をされているという光景もまた絵になりますね。

おおっ、すごい
桐野作人
松裕堂さん、こんにちは。

写真紹介、有難うございます。

じつはどなたかが教えて下さるのではないかと、ひそかに期待していたのですが、さっそくご教示いただき感謝です。

斉彬の別墓47番の位置ですが、石垣の手前なのか、あるいは後ろ・奧なのか、判断に迷いますね。

もし手前だとすれば、該当するのが2つあるようにも見えます。
石灯篭を除外すると、黄色の山川石でできた宝篋印塔が、手前に1基、その後ろに2基(これも夫婦墓?)ありますね。
このどちらかが斉彬の別墓とも考えられます。
ただ、篤姫が建立させた供養塔にしては、新しいような気もしております。

もし石垣の奧にあるのなら、改めて現地調査しないといけませんね。

いずれにしろ、貴重な写真を見せていただき、有難うございました。



犀渓 凌
はじめまして 毎週「さつま人国記」を拝見してます。

約一年前の記事なので問題解決してるかもしれませんが
婦人の右後ろはもう一つの斉彬墓。
その奥は3つ並んで、もう一つあります

私も詳細は調べてないので何ともいえませんが

斉彬夫妻墓
桐野作人
犀渓さん、はじめまして。

福昌寺墓地の斉彬夫妻墓のことでご教示有難うございます。
私もまた行ってみないことにはイメージが湧きませんので、機会があればと思っています。

斉彬の墓がほぼ同じ場所に複数あるのは、おそらく南林寺にあった墓を廃仏毀釈後に移転したのではないかと推定しているところです。となると、夫人の墓も2基あるかもしれません。

福昌寺墓地に行ってきました
犀渓 凌
15番右斜め後ろは斉彬墓で夫婦墓より一回り小さめな感じでした。文字の剥落も夫婦墓と同じ感じで、何とか読める程度です。

16番宗信公の隣は女性三人。向かって右から
 心顔貞鏡大姉 長巖知霊姫命 宝暦四甲戌年閏二月初二日
 潛顯妙能日淵大姉 麗稚寛高姫命 元文四年巳未秋八月初五日
 華山妙嚴大姉 雲上華山姫命

その隣子供の墓を挟んで19代光久公長男墓
隣はまた子供の墓でした
 

福昌寺の義久墓
桐野作人
犀渓 凌さん、こんにちは。

報告有難うございました。
じつは私も先月行って見てきました。
斉彬夫妻の墓の右後ろの墓を確認しましたが、かなり磨滅していましたが、法号はおそらく「英徳良雄大居士」、神号も付いていて「~勲照国命」と読めました。このあたりに、この墓の由来の手がかりがありそうですね。


ばんない
法号「英徳良雄大居士」神号「~勲照国命」なら斉彬の墓で確定ですね。法号が書いてあるというならやはりどこかの寺から移転した物でしょうか。

>心顔貞鏡大姉 長巖知霊姫命 宝暦四甲戌年閏二月初二日
島津重年の後室で島津久尚の娘・お村。
>潛顯妙能日淵大姉 麗稚寛高姫命 元文四年巳未秋八月初五日
島津吉貴の正室で桑名藩・松平定重の娘の福姫
>華山妙嚴大姉 雲上華山姫命
島津重豪の後室で甘露寺矩長の娘・綾姫
上記3つは元々大円寺にあったのを後に持ってきたようです(「御祭祀提要」『尚古集成館紀要5』所収)


尚古集成館紀要
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

さすがに島津家の女性については詳しいですね。
ご教示の史料、未見でした。
同紀要はいくつか持っているのですが、欠号がありまして、5号も欠号でした。今度探してみます。
ご教示多謝。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
記事を拝見して、手元に件47番の写真がないかあさってみましたところ、15番を左斜め向いより撮影した写真がありましたのでアップしてみます。
ttp://ossan.fam.cx/up/gazo/src/1214609173603.jpg

・・・でもコレ、石垣がジャマして見えてませんよね? 47番。
とりあえずダメもとながら。
2008/06/28(Sat) 08:25 | URL  | 松裕堂 #6eUroIng[ 編集]
この夫婦墓の後ろはちょっとした広場になっていて、40年前は玉龍山から落ちる小さな滝があり、小川になっていました。
その脇で薬丸自顕流の宗家がひとり稽古をしていたことを思い出しました。
斉彬公のもうひとつの墓のことはまったく知りませんでした。歴史の襞には様々なことが秘められているものだとこちらを拝読していつも思います。
こんど稽古にいったとき、よく見てみます。
2008/06/28(Sat) 08:59 | URL  | hiken #EBUSheBA[ 編集]
hikenさん、こんにちは。

かつては、斉彬の墓の裏には滝があったのですか。驚きです。
現在はきっとないのでしょうね。

そのような場所で、薬丸自顕流の先生が稽古をされているという光景もまた絵になりますね。
2008/06/28(Sat) 12:33 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
おおっ、すごい
松裕堂さん、こんにちは。

写真紹介、有難うございます。

じつはどなたかが教えて下さるのではないかと、ひそかに期待していたのですが、さっそくご教示いただき感謝です。

斉彬の別墓47番の位置ですが、石垣の手前なのか、あるいは後ろ・奧なのか、判断に迷いますね。

もし手前だとすれば、該当するのが2つあるようにも見えます。
石灯篭を除外すると、黄色の山川石でできた宝篋印塔が、手前に1基、その後ろに2基(これも夫婦墓?)ありますね。
このどちらかが斉彬の別墓とも考えられます。
ただ、篤姫が建立させた供養塔にしては、新しいような気もしております。

もし石垣の奧にあるのなら、改めて現地調査しないといけませんね。

いずれにしろ、貴重な写真を見せていただき、有難うございました。
2008/06/28(Sat) 12:40 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
はじめまして 毎週「さつま人国記」を拝見してます。

約一年前の記事なので問題解決してるかもしれませんが
婦人の右後ろはもう一つの斉彬墓。
その奥は3つ並んで、もう一つあります

私も詳細は調べてないので何ともいえませんが
2009/03/06(Fri) 11:28 | URL  | 犀渓 凌 #-[ 編集]
斉彬夫妻墓
犀渓さん、はじめまして。

福昌寺墓地の斉彬夫妻墓のことでご教示有難うございます。
私もまた行ってみないことにはイメージが湧きませんので、機会があればと思っています。

斉彬の墓がほぼ同じ場所に複数あるのは、おそらく南林寺にあった墓を廃仏毀釈後に移転したのではないかと推定しているところです。となると、夫人の墓も2基あるかもしれません。
2009/03/07(Sat) 09:45 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
福昌寺墓地に行ってきました
15番右斜め後ろは斉彬墓で夫婦墓より一回り小さめな感じでした。文字の剥落も夫婦墓と同じ感じで、何とか読める程度です。

16番宗信公の隣は女性三人。向かって右から
 心顔貞鏡大姉 長巖知霊姫命 宝暦四甲戌年閏二月初二日
 潛顯妙能日淵大姉 麗稚寛高姫命 元文四年巳未秋八月初五日
 華山妙嚴大姉 雲上華山姫命

その隣子供の墓を挟んで19代光久公長男墓
隣はまた子供の墓でした
 
2009/04/01(Wed) 12:15 | URL  | 犀渓 凌 #-[ 編集]
福昌寺の義久墓
犀渓 凌さん、こんにちは。

報告有難うございました。
じつは私も先月行って見てきました。
斉彬夫妻の墓の右後ろの墓を確認しましたが、かなり磨滅していましたが、法号はおそらく「英徳良雄大居士」、神号も付いていて「~勲照国命」と読めました。このあたりに、この墓の由来の手がかりがありそうですね。
2009/04/03(Fri) 23:48 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
法号「英徳良雄大居士」神号「~勲照国命」なら斉彬の墓で確定ですね。法号が書いてあるというならやはりどこかの寺から移転した物でしょうか。

>心顔貞鏡大姉 長巖知霊姫命 宝暦四甲戌年閏二月初二日
島津重年の後室で島津久尚の娘・お村。
>潛顯妙能日淵大姉 麗稚寛高姫命 元文四年巳未秋八月初五日
島津吉貴の正室で桑名藩・松平定重の娘の福姫
>華山妙嚴大姉 雲上華山姫命
島津重豪の後室で甘露寺矩長の娘・綾姫
上記3つは元々大円寺にあったのを後に持ってきたようです(「御祭祀提要」『尚古集成館紀要5』所収)
2009/04/04(Sat) 19:37 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
尚古集成館紀要
ばんないさん、こんばんは。

さすがに島津家の女性については詳しいですね。
ご教示の史料、未見でした。
同紀要はいくつか持っているのですが、欠号がありまして、5号も欠号でした。今度探してみます。
ご教示多謝。
2009/04/06(Mon) 19:29 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。