歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に、歴史上の人物をどの程度知っているのか、小学生のアンケート結果が載っていた。ここです。

大久保利通の最下位には少し驚きましたね(トホホ)。

それよりむしろ、行基・歌川広重・近松門左衛門・本居宣長あたりの知名度72%台というのが驚きです。
高校生でも知っているかどうか怪しいものなのに、小学生が知ってるなんて不思議ですね。
よほど教科書で強調されているんでしょうか?

幕末の人物では、西郷隆盛の50%が最高です。上野の銅像とか大河ドラマという教科書以外の有利な点があっても、その程度です。
それにしても、大久保や木戸孝允が陸奥宗光・小村寿太郎・大隈重信などの後塵を拝しているのは、何とも解せませんな(笑)。所詮、子どもには理解できないんですね、きっと(爆)。

時代でいえば、古代など古い時代の人物ほどよく知られている傾向があります。
これは社会科学習の進行状況も大きいでしょうね。近現代の人物はその分、割を食っていると思います。

あと、坂本龍馬とか新選組が教科書には載っていないようですが、彼らが掲載されていたら、もっと違った結果になったかもしれませんね。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/06/29 11:09】 | 雑記
トラックバック(0) |

地元の英雄を知るべき
市川
桐野先生、こんにちは。
やはり小中学生にとっては教科書などで習う人物が大変なファクターを閉めているんでしょうか。卑弥呼やザビエルなど。
私個人の意見としては、教科書に当たり前に登場する歴史的人物より、地元の英雄や名士を紹介していただくほうが子供たちも故郷に馴染みが出て良いと思うんですが(笑)。それに他県の人が知らない人物を知っていると、何か得した気分にならないでしょうか……私だけ?
これからの社会や歴史の勉強は、そういった独自性が大切だと思います。


幕末は不人気?
かわと
私もその記事を見ましたが、下の方は見事に幕末維新期が勢揃いしてますね(笑)。
やや飛躍してみれば、今年こそ健闘しているものの、大河の幕末ネタが低視聴率の常連なことと無関係ではないのかもしれません。

有能と有名
hasu
しかし、木戸・大久保・大隈といったあたり、「何をやったか?」と問われて即答できるような「わかりやすい」事績って何がありますでしょうか。大隈は早稲田作ったってのがありますが、これは本筋ではないでしょうし小学生向けのネタではない。

郷土の偉人
桐野作人
市川さん、こんにちは。

郷土の偉人のことを学ぶというのは面白いと思います。
もっとも、試験には役立たないかも。

それと、偉人の定義の問題もありますね。それに、バランス感覚がないと、贔屓の引き倒しにならないかも心配です。そこでは偉人でも、よそでは逆の評価という人物もいますしね。



何をやったか
桐野作人
かわとさん、hasuさん、こんにちは。

幕末ものの大河ドラマの人気がないというのもありそうですね。その場合、どうしても複雑な政治ドラマになってしまい、人物をよくとらえきれないという面はありそうです。

木戸・大久保・大隈が何をやったかたしかに難しいですね。
たとえば、廃藩置県を大久保がやったとも言いきれない。地租改正は大隈の働きが大きいけど、すべてではない。
という具合に、近代以降は社会制度や政策が複雑ですから、ある人物と特定の仕事が直結しないというのは弱味ですね。

その点、文化人や芸術家などは、特定の作品と結び付きやすいから、有利だと思います。

そんな点がアンケート結果にも反映しているかもしれませんね。

桂さん
木暮兼人
木戸孝允は、西郷などの提唱した征韓論にストップをかけた
という偉業があったはずなのですが・・・

新撰組から逃げ回ってた、ということだけでは
若者へのアピールは難しかったのでしょうか
それとも桂小五郎の方が知名度が高いのでしょうか??

幕末は大河ドラマでも不人気なようですよね。
時代が近すぎて、直近の子孫の方々がまだまだご存命で
描き方が難しいのも理由のひとつでしょう

話は変わりますが、やはりお疲れのご様子です
気候も不安定です
とりあえず、お体にご留意ください。

有難うございます
桐野作人
木暮兼人さん、こんにちは。

征韓論の中止は木戸より、むしろ、大久保の働きが大きいと思いますが、これもほかに岩倉、大隈、黒田、山県なども関わっており、とても一人が代表できるわけではないですね。

集団統治体制は、だれか一人の人格に表現させづらい面がありますね。

幕末もののドラマは子孫の存在が影響を受けるかというと、そうでもないと思います。
たとえば、近年のドラマでは、西郷が坂本龍馬暗殺の黒幕に描かれることが多いですが、子孫が抗議したという話は聞きませんし、制作側が子孫の存在に遠慮したというのも聞いたことがないですね。

ただ、「翔ぶが如く」のときは、原作者の司馬遼太郎が制作側に、地元の感情には留意した方がいいというアドバイスはしたそうです。これは西南戦争の評価をめぐって、とくに西郷軍の子孫の感情を慮ったほうがよいということでしょうね。

そういう事例はあります。

お見舞の言葉痛み入ります。
おかげで、だいぶよくなりました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
地元の英雄を知るべき
桐野先生、こんにちは。
やはり小中学生にとっては教科書などで習う人物が大変なファクターを閉めているんでしょうか。卑弥呼やザビエルなど。
私個人の意見としては、教科書に当たり前に登場する歴史的人物より、地元の英雄や名士を紹介していただくほうが子供たちも故郷に馴染みが出て良いと思うんですが(笑)。それに他県の人が知らない人物を知っていると、何か得した気分にならないでしょうか……私だけ?
これからの社会や歴史の勉強は、そういった独自性が大切だと思います。
2008/06/29(Sun) 18:39 | URL  | 市川 #-[ 編集]
幕末は不人気?
私もその記事を見ましたが、下の方は見事に幕末維新期が勢揃いしてますね(笑)。
やや飛躍してみれば、今年こそ健闘しているものの、大河の幕末ネタが低視聴率の常連なことと無関係ではないのかもしれません。
2008/06/30(Mon) 01:37 | URL  | かわと #klRpdzBA[ 編集]
有能と有名
しかし、木戸・大久保・大隈といったあたり、「何をやったか?」と問われて即答できるような「わかりやすい」事績って何がありますでしょうか。大隈は早稲田作ったってのがありますが、これは本筋ではないでしょうし小学生向けのネタではない。
2008/06/30(Mon) 03:19 | URL  | hasu #-[ 編集]
郷土の偉人
市川さん、こんにちは。

郷土の偉人のことを学ぶというのは面白いと思います。
もっとも、試験には役立たないかも。

それと、偉人の定義の問題もありますね。それに、バランス感覚がないと、贔屓の引き倒しにならないかも心配です。そこでは偉人でも、よそでは逆の評価という人物もいますしね。

2008/06/30(Mon) 21:19 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
何をやったか
かわとさん、hasuさん、こんにちは。

幕末ものの大河ドラマの人気がないというのもありそうですね。その場合、どうしても複雑な政治ドラマになってしまい、人物をよくとらえきれないという面はありそうです。

木戸・大久保・大隈が何をやったかたしかに難しいですね。
たとえば、廃藩置県を大久保がやったとも言いきれない。地租改正は大隈の働きが大きいけど、すべてではない。
という具合に、近代以降は社会制度や政策が複雑ですから、ある人物と特定の仕事が直結しないというのは弱味ですね。

その点、文化人や芸術家などは、特定の作品と結び付きやすいから、有利だと思います。

そんな点がアンケート結果にも反映しているかもしれませんね。
2008/06/30(Mon) 21:24 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
桂さん
木戸孝允は、西郷などの提唱した征韓論にストップをかけた
という偉業があったはずなのですが・・・

新撰組から逃げ回ってた、ということだけでは
若者へのアピールは難しかったのでしょうか
それとも桂小五郎の方が知名度が高いのでしょうか??

幕末は大河ドラマでも不人気なようですよね。
時代が近すぎて、直近の子孫の方々がまだまだご存命で
描き方が難しいのも理由のひとつでしょう

話は変わりますが、やはりお疲れのご様子です
気候も不安定です
とりあえず、お体にご留意ください。
2008/07/01(Tue) 19:33 | URL  | 木暮兼人 #-[ 編集]
有難うございます
木暮兼人さん、こんにちは。

征韓論の中止は木戸より、むしろ、大久保の働きが大きいと思いますが、これもほかに岩倉、大隈、黒田、山県なども関わっており、とても一人が代表できるわけではないですね。

集団統治体制は、だれか一人の人格に表現させづらい面がありますね。

幕末もののドラマは子孫の存在が影響を受けるかというと、そうでもないと思います。
たとえば、近年のドラマでは、西郷が坂本龍馬暗殺の黒幕に描かれることが多いですが、子孫が抗議したという話は聞きませんし、制作側が子孫の存在に遠慮したというのも聞いたことがないですね。

ただ、「翔ぶが如く」のときは、原作者の司馬遼太郎が制作側に、地元の感情には留意した方がいいというアドバイスはしたそうです。これは西南戦争の評価をめぐって、とくに西郷軍の子孫の感情を慮ったほうがよいということでしょうね。

そういう事例はあります。

お見舞の言葉痛み入ります。
おかげで、だいぶよくなりました。
2008/07/02(Wed) 09:41 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。