歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

7月1日(火)壬寅、天晴
今年ももう後半になってしまった。
前半はだいぶ頑張ったつもりだが、それでも肝心の仕事がまだ出来ないでいる。それだけが返す返すも心残りである。
でも、ようやくエンジンがかかってきた。この勢いで走りたいものである。

先週の南日本新聞の連載で、北郷久信を取り上げたところ(ここです)、子孫の方から御礼の電話あり。
過分なお言葉をいただき、かえって恐縮する。
先日、本家筋の都城島津家を訪問された話も伺った。
久信は小松帯刀と交流があった人物で、前から取り上げたいと思っていただけに、ようやく実現できてよかった。

次回は小松帯刀の闘病生活と死因について書くつもり。

小松がらみで、いま雑誌原稿を書いている。おそらく今晩中には脱稿予定。あくまで予定だが(笑)。
小松の業績のなかでも、大政奉還を中心にという依頼で、こちらも望むところだった。

ある企画を持ちかけられるが、どうも時間的な余裕がない。
いまの状況ではとてもできそうもないな。

それとは別に雑誌原稿の依頼。
西南戦争がテーマ。
むろん、引き受ける。
企画書を見たが、執筆者は多士済々。
大河ドラマの西郷と大久保役の俳優へのインタビュー記事もあるらしい。

故あってというか、仕事の必要上、昨晩から萩原延寿『遠い崖』を読んでいる。
通読ではなく、関心のある部分だけの拾い読みだったが、4冊読んだ。
単行本を古書でまとめて安く入手していたのが幸いだった。

アーネスト・サトウから見た幕末維新史はまた興味津々。
先日、サトウの宿舎だった大坂の寺院を訪問したから、なおさらである。
また、岩波文庫版の『一外交官の見た明治維新』の記述と、微妙に違う部分があることにも気づいた。その異同を比較するのも面白かった。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/07/01 22:31】 | 日次記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。