歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拙ブログをご覧の方から、ご自宅所蔵の古文書を見てもらいたいというメールが舞い込んだ。
熊本県在住の方で、村田新八「甲東先生」に宛てた手紙ではないかと仰せ。

村田文書なら、数が少ないから貴重である。期待に胸を膨らませて、写真版を送っていただきたいとお願いする。

さっそく送っていただいたが、残念ながら、村田新八のものではなかった。「頓首九拝」という書止文言のくずし方と多少の虫損が作用して、「新八」に読めたということらしい。

よく見ると、な、なんと木戸孝允の書簡だった。むろん、「甲東先生」こと利通宛てである。すごいのが出てくるものである。

折しも、小学6年生にもっとも知名度の低い2人の組み合わせである(笑)。

年次は明治2年(1869)で決まりだと思う。
待詔院学士任命の件だった。待詔院とは、太政官政府にできた各種建白書を受理して審議する役所。2カ月ほどで消滅したマイナーな役所である。

私でも何とか読めたので、翻刻文をお送りしたあとで、ハタと気づいた。
『木戸孝允文書』(全8巻)をもっていたことを。
日頃使わないから、すっかり忘れていた(汗)。

そしたら、何と、同文書にはその案文のほうが収録されているではないか(同文は『大久保利通関係文書』二にも収録。『木戸孝允文書』からの転載か)。
つまり、木戸は案文を一度書き、それをさらに浄書して大久保に送った。案文はそのまま手許に残したから、木戸家に所蔵されて同文書に収録された。

一方、正文は大久保家には伝来せず、どういう経緯があったのか、人知れず熊本のほうに保管されていて、ずっと世間に知られていなかったという次第。もちろん、同文書に正文は収録されていない。

両者を読みくらべてみたら、少なからぬ文章の異同があった。木戸が待詔院学士の拝命を断りたい理由については、案文のほうが詳しい。
しかし、その部分を削除したのは、言い訳がましかったからだろうか。

ともあれ、木戸孝允文書を本格的に拝見させてもらったのは初めてで、眼福でした。有難うございます。

伝来の経緯が気になるところだが……。
ほかにも、古文書をたくさんお持ちのようである。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/07/04 09:46】 | 幕末維新
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。