歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

7月8日(火)己酉、天晴
先日の虫さされがどうもひどくなった感じなので、午後から思い切って病院に行く。1時間半も待たされたが、治療時間はわずか5分だけだった。
やはり、チャドクガ(椿系の樹木に付く)でした。
抗ヒスタミン剤や抗生物質の飲み薬と、顔と体用の塗り薬、計4種を処方してもらう。

飲み薬のほうは何となく効果が出て、熱や痒みが収まった。
今回は半袖で露出が多い服装で、軍手も使わずに作業したことを反省。

某広告の監修の仕事舞い込む。
幕末人物伝をやるそうで、小松帯刀について時代考証をしてほしいとのこと。
出来る範囲でならと答える。


9日(水)庚戌、天晴
朝起きてみて、虫さされの経過は良好。
連載コラム「さつま人国誌」を脱稿。
今回は小松帯刀の死後の混乱についてまとめた。
ほとんど知られていない話ばかりだと思うので、読んで下さい。

某BS番組から出演依頼あり。
西南戦争がテーマとか。
対談形式でやるもので、相手は知人の研究者O氏。
うまくやれるといいが、最近、西南戦争をやっていないだけに心配。

来週15日から新たに始まる古文書塾「てらこや」講座の受講者が前回よりも多いとの連絡あり。
これも篤姫効果か。

10日(木)辛亥、曇り
小松帯刀の件で、いろいろまとめる。
校正2本仕上げる。

夕刻、上京中のある新聞記者と歓談。
没後130年のため、大久保利通の連載をするそうで、関係者や研究者に取材しまくっているらしい。
研究者も適切な人を選んでいるなという感じ。
今月下旬から連載が始まるらしい。
楽しみである。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/07/10 23:28】 | 日次記
トラックバック(0) |


ばんない
その後、ご容体は如何でしょうか。
皮膚科っていつも込んでいますね。アトピーの人が激増しているからでしょうか。最近は皮膚科なのか美容科なのか判別不明な病院もあるようですが(爆)

かくいう我が家も、桐野さんの話を聞いて気になり、庭の茶の木の葉を剪定してみたら…やられてました(涙)。何か黒いつぶつぶ(おそらく孵ったばかりの幼虫)がびっしり付いていた若い枝が4本ぐらいと卵産み付けられていた若葉が10枚ぐらい…ああ気持ち悪かったです。すぐに切り取って土の中に深く生き埋めさせていただきました。合掌。ゴム手袋と長袖の服、防護メガネをつけて作業したのでたぶん大丈夫と思うのですが…それでも油断ならないのがチャドクガですね。本当は作業中に着ていた服も焼却処分するのがいいらしいのですが、放射能作業じゃあるまいし、そこまでは出来ません。

良好です
桐野作人
ばんないさん、こんにちは。

その後、虫さされのほうはほとんど完治しました。痒みも腫れも赤味もとれています。まぶたの腫れが若干残っている程度ですが、塗り薬で治るのは時間の問題でしょう。

さて、そちらもチャドクガがたくさんいたようですね。
この猛暑での完全防備での作業、大変だったことでしょう。
本来はそれくらいの用心で作業しないといけなかったのですね。軽率さが悔やまれます。実質2日くらい時間を無駄にしたような気がするので。

恙ないことをお祈りします。
そういえば、恙ないって、ツツガムシがいないという意味じゃなかったでしたっけ?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
その後、ご容体は如何でしょうか。
皮膚科っていつも込んでいますね。アトピーの人が激増しているからでしょうか。最近は皮膚科なのか美容科なのか判別不明な病院もあるようですが(爆)

かくいう我が家も、桐野さんの話を聞いて気になり、庭の茶の木の葉を剪定してみたら…やられてました(涙)。何か黒いつぶつぶ(おそらく孵ったばかりの幼虫)がびっしり付いていた若い枝が4本ぐらいと卵産み付けられていた若葉が10枚ぐらい…ああ気持ち悪かったです。すぐに切り取って土の中に深く生き埋めさせていただきました。合掌。ゴム手袋と長袖の服、防護メガネをつけて作業したのでたぶん大丈夫と思うのですが…それでも油断ならないのがチャドクガですね。本当は作業中に着ていた服も焼却処分するのがいいらしいのですが、放射能作業じゃあるまいし、そこまでは出来ません。
2008/07/13(Sun) 16:48 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
良好です
ばんないさん、こんにちは。

その後、虫さされのほうはほとんど完治しました。痒みも腫れも赤味もとれています。まぶたの腫れが若干残っている程度ですが、塗り薬で治るのは時間の問題でしょう。

さて、そちらもチャドクガがたくさんいたようですね。
この猛暑での完全防備での作業、大変だったことでしょう。
本来はそれくらいの用心で作業しないといけなかったのですね。軽率さが悔やまれます。実質2日くらい時間を無駄にしたような気がするので。

恙ないことをお祈りします。
そういえば、恙ないって、ツツガムシがいないという意味じゃなかったでしたっけ?
2008/07/13(Sun) 18:28 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。