歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS11というBS放送「歴史のもしも」という番組。

タイトル通りの番組で、歴史のIFを学術的に、あるいは情熱的に追究しようといういうもの。

出演依頼があったので、本日、午後からそのスタジオ収録に行きました。
番組の詳細は、ここにあります。

司会は麻木久仁子さんと安田清人さん。
安田さんは知り合いの出版ディレクターである。

対論相手は、落合弘樹氏(明治大学教授)だった。
落合氏は『明治国家と士族』『西郷隆盛と士族』(ともに吉川弘文館)などの著書があり、士族問題や秩禄処分を専門にされている。幕末維新史では有力な研究者の一人。
氏とは3年ほど前だったか、鹿児島でご一緒し、焼酎を酌み交わした仲でもあったので、そんなに緊張せずに臨むことができた。

番組内容は、タイトル通り、西郷軍が本州に上陸できたら、どんなことが起こったかということを推理していこうというもの。落合氏の胸を借りてみたものの、氏の簡潔なまとめ方にはとてもかなわない。勉強させてもらいました。
もしこの番組をご覧になれる環境の方は、次のスケジュールで放映されますので、よかったら、ご覧下さい。

■8月31日(日)
 9月3日(水) 再放送

 「もしも西郷軍が本州に上陸していたら」

      ゲスト 桐野作人(作家)
           落合弘樹(明治大学文学部教授)


司会の一人、安田氏も雑誌編集者とは違った面を見せていて、その活躍ぶりが頼もしい。
解説用のパネルやフリップも彼が作成したのだろうが、じつに要領よくまとまっていた。

メイン司会の麻木久仁子さんはいろんなTV番組でおなじみ。
仕切りぶりはお見事の一言。
歴史の蘊蓄がすごい。そして勘のよさと、物事の本質をつかむ能力はただものではないと思った。
あちこちの番組から引っぱりだこになっている理由もわかった。

収録終了後の記念写真。
落合氏からいただく。感謝。
bs11

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2008/07/19 19:51】 | 幕末維新
トラックバック(0) |


調所
こんばんは。落合先生は私の弟の高校時代の先輩で生徒会で一緒だったそうです。一昨年三人で一杯やりました。来月あたり四人で暑気払いといきましょう!

落合さん
桐野作人
調所さん、こんにちは。
そういえば、弟さんと落合さんは知り合いでしたね。昨日の収録のあと、お互いすぐに帰らなければならなかったので、そんなに話もできませんでした。今度集まれたらいいですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。落合先生は私の弟の高校時代の先輩で生徒会で一緒だったそうです。一昨年三人で一杯やりました。来月あたり四人で暑気払いといきましょう!
2008/07/20(Sun) 00:17 | URL  | 調所 #-[ 編集]
落合さん
調所さん、こんにちは。
そういえば、弟さんと落合さんは知り合いでしたね。昨日の収録のあと、お互いすぐに帰らなければならなかったので、そんなに話もできませんでした。今度集まれたらいいですね。
2008/07/20(Sun) 10:27 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。