歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

7月20日(日)辛酉、天晴
新暦と旧暦の違いはあれど、小松帯刀の祥月命日でした。
亡くなったのは明治3年(1870)のこの日。
場所は大坂の寓居です。
138年忌ということになります。

享年36。若いですねえ。
もともと病弱で、病気との闘いという生涯でもありましたが、最後はおそらく肺結核で亡くなったと思われます。

小松は最初、大坂の夕陽ヶ丘墓地に葬られました。
この墓は6年後に鹿児島に改葬されたため、もう残っていませんが、現在、もと陸奥宗光の墓があったところが小松の墓の近くだったといわれています(陸奥の墓はのち鎌倉に移転)。
陸奥宗光は海援隊時代、長崎で小松の世話になっています。
そんな縁が何か関係あるのでしょうか。
かつて陸奥の墓のあたりの写真を載せておきます。

夕陽ヶ丘




21日(月)壬戌、天晴
午後から法事。
関東圏に住む伯父が亡くなり、その告別式に出席。
伯父ともしばらく会っていなかった。
平均寿命を越していたとはいえ、哀しいものである。合掌。

久しぶりに多くの親族と会う。
「おじさんが引き合わせてくれた」とか「不幸でもないと会わないね」という感慨の声。
いとこたちはほぼ同世代が多い。
共通の話題が多くて、話が弾んだ。

帰宅後、何とか原稿1本仕上げる。ふうっ。

ある共著本のゲラが送られてきた。
もう半年以上前に書いただけに、修正したい所多数あり。
校正に手間取りそうな予感。

明後日から一泊二日で京都・名古屋出張。
チケット手配や資料準備に追われる。
京都では小松帯刀に関するあるイベントに出席予定。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/07/21 23:33】 | 日次記
トラックバック(0) |

御上洛
武藤 臼
今週御上洛とのこと、是非迎撃と言いたい所ですが、残念ながら今週は夜の時間が読めません。

目下京都は日々猛暑が続いてます。
お気をつけてお越し下さい。

そのうちまた
桐野作人
武藤 臼さん、こんにちは。

今回の上洛は取材・調査・打ち合わせなどが多いので、私も時間が取れそうもありません。ほかにも不義理しているのですが。
次の機会にまた。

本文訂正
桐野作人
まいたけさん、こんにちは。

不正確な記述だったようですね。
本文を訂正しておきます。
ご指摘有難うございました。

小松の埋葬地
yuki-uta
 おお、そうなんですか、帯刀さんは夕陽丘に葬られたのですか。稱念寺ですね。現在、陸奥宗光についての記述はありますが、小松帯刀に関しては何も無くて。
 地元では、この地に当初、陸奥が葬られたのは、ここに陸奥の父親の墓があったからだと伝えられています。何でもお父さんは「夕陽丘」の命名者・・藤原家隆(歌人です。)の大ファンで、その家隆の墓がここにあるので、この地に葬られるのを望んだとか。で、父親想いの宗光さんも、一緒にとなったそうです。その逸話だけでも驚くのに、小松もですか!すごいじゃないですか、夕陽丘!!
 陸奥が小松との関わりを知っていたどうか・・?むしろ、何ゆえここに小松が葬られたのかが気になります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
御上洛
今週御上洛とのこと、是非迎撃と言いたい所ですが、残念ながら今週は夜の時間が読めません。

目下京都は日々猛暑が続いてます。
お気をつけてお越し下さい。
2008/07/21(Mon) 23:52 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
そのうちまた
武藤 臼さん、こんにちは。

今回の上洛は取材・調査・打ち合わせなどが多いので、私も時間が取れそうもありません。ほかにも不義理しているのですが。
次の機会にまた。
2008/07/22(Tue) 08:12 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
本文訂正
まいたけさん、こんにちは。

不正確な記述だったようですね。
本文を訂正しておきます。
ご指摘有難うございました。
2008/07/22(Tue) 17:35 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
小松の埋葬地
 おお、そうなんですか、帯刀さんは夕陽丘に葬られたのですか。稱念寺ですね。現在、陸奥宗光についての記述はありますが、小松帯刀に関しては何も無くて。
 地元では、この地に当初、陸奥が葬られたのは、ここに陸奥の父親の墓があったからだと伝えられています。何でもお父さんは「夕陽丘」の命名者・・藤原家隆(歌人です。)の大ファンで、その家隆の墓がここにあるので、この地に葬られるのを望んだとか。で、父親想いの宗光さんも、一緒にとなったそうです。その逸話だけでも驚くのに、小松もですか!すごいじゃないですか、夕陽丘!!
 陸奥が小松との関わりを知っていたどうか・・?むしろ、何ゆえここに小松が葬られたのかが気になります。
2009/01/24(Sat) 04:47 | URL  | yuki-uta #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。