歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第30回「将軍の母」

ドラマ進行時点は、安政5年(1858)9月から11月。

う~ん、新将軍家茂は当年13歳(数え)なんですが、そう見えますかねえ。
ちょっと無理があると思うのは私だけではないでしょう。
篤姫と義理ながら親密な親子関係を演出するには、イメージが分散する恐れがある子役をいまさら使う余裕はないという事情があるんでしょうね、きっと。

天璋院篤姫が大奥の位牌所で、亡夫家定の位牌に手を合わせておりました。その位牌には、

贈従一位大相国

と書かれていました。
ほんの一瞬だったので、それしかわかりませんでしたが、あとは院号・戒名が書かれていたのでしょう。

「大相国」とは太政大臣のこと。
家定の生前の官職は内大臣でしたが、三階級特進で太政大臣を贈官されています。
これは別段、格別のことではなく、代々のしきたりですね。歴代の徳川将軍の官職は内大臣か右大臣で終わることがほとんどですが、例外的に生前に太政大臣まで進んだのは、たしか家康、秀忠、家斉の3人だけですね。

ドラマでは、篤姫の将軍家茂の後見を強調しており、それを無視する大老井伊直弼との対立を際立たせていますが、もともと表向の政務と大奥との世界の違いを考えると、同列に扱うのはどうかと思います。

とくに、大老井伊が篤姫に対して、「将軍後見職は田安慶頼になったので、ご心配なく」と言って、無視する態度に出ていました。あたかも家定の遺言を無視しているという感じで。

しかし、これは二重の意味でおかしいです。ひとつは日にち、もうひとつは井伊は家定の遺言を無視していないという意味でです。
まず日にちですが、田安慶頼は家茂の将軍就任以前に、じつは将軍後見になっています。
しかも、それは家定の遺言としてです。
「温恭院殿御実紀」によれば、家定薨御の8月8日条に次のようにあります。

「宰相様(家茂)御若年に御座なされ候間、御政事向きの儀、当分の内、田安中納言殿御後見相成り候様にとの御遺言に候」

家茂が若年なので、田安家の当主慶頼に後見させよと、家定が遺言したと書かれています。
これも家定の遺言ですから、井伊も前将軍の意向を尊重しているわけでして。
おそらく、政治向きの将軍後見と、徳川宗家という「イエ」のなかで、若年当主を補佐する女家長としての地位とを混同しているように見えるのですが。
それはおそらく意図的な混同のはずでしょう。なぜかといえば、篤姫が井伊の強圧政治と対立したということにしないと、亡父島津斉彬の密命に背いたことの後ろめたさを合理化できないからでしょう。
だから、篤姫がこれまでの私的な「夫婦愛」から、再び公的な「正義」もしくは「正道」に立ち戻るための補填策として、ドラマは井伊に徹底した悪役であることを強制するしかないのです。
それと同時に、斉彬の「正義」を代表した幾島の役割も終わったということでしょうね。

あと、将軍後見になぜ田安慶頼が推挙されたかというと、ほかに人材がなく、消去法によるものでしょう。
田安慶頼は文政11年(1828)生まれですから、当年31歳という成年です。官職は中納言です。
御三家・御三卿の6人のうち、

尾張慶勝:謹慎処分
紀州慶福:将軍就任
水戸斉昭・慶篤:謹慎処分

一橋慶喜:謹慎処分
清水:明屋形(当主不在)


田安家しか残っていないことがおわかりでしょう。
慶頼はのち文久2年(1862)、島津久光の率兵上京と江戸下りのとき、一橋慶喜が将軍後見職になったとき、解任されています。


一方の薩摩のほうですが、いよいよ月照と西郷の入水事件がありました。しかも、かなり詳しく描かれていました。
また小松が2人の助命に奔走する様子が描かれていましたが、このとき、小松が動いたかどうかは史料では確認できません。おそらく、とくに関与していないのではないかと思われます。

入水以前の京都での出来事ですが、戊午の密勅をきっかけに安政の大獄が始まります。弾圧者は上洛した老中間部詮勝と京都所司代の酒井忠義ですね。
西郷が近衛家老女村岡のところに月照を訪ねておりました。これは史実通りです。月照は清水寺成就院の住持ですが、近衛家の祈祷僧でもありました。

また、近衛家には有馬新七と有村俊斎もひそかに来ていました。
これも史実通りです。いや、より厳密にいえば、もう一人、伊知地正治もいました。有馬新七の日記「都日記」には伊知地の名前も出てきます。

同日記によれば、西郷らが月照を迎えに行ったのは9月10日のこと。
4人で話し合って、月照を親戚のいる奈良に逃すこととし、西郷と有村が同道し、有馬は戊午の密勅の写しをもって江戸へ下る。伊地知は京都に残って情報収集にあたるという分担を決めています。
奈良に行く途中、幕吏に発見されたら、西郷たちは伏見奉行所に斬り込み、斬り死にする覚悟だったと、同日記にあります。

西郷がこの一件で主導的な役割を果たしたように描かれていますが、有馬新七の活動も無視できません。とくに、戊午の密勅の写しと前内大臣三条実万(実美の父)の親書をもって、江戸へ行き、亡き主君斉彬の同志諸侯の山内容堂、松平春嶽、伊達宗城、蜂須賀斉裕、松平慶徳(鳥取藩主)らに届ける役割を担いました。

余談ですが、有馬の「都日記」はとりあえず手許にある『有馬新七先生伝記及遺稿』と『西郷隆盛伝』収録分を見ていますが、西郷の諱の記述が違います。前者は「隆盛」、後者は「隆永」と書いています。同日記は有馬の死後、何度も書写されたと見えます。当時、西郷の実名が「隆永」だったことを確認できますね。

さて、鹿児島に帰った西郷と月照ですが、苛酷な運命が待っていました。
ドラマでは「永送り」としていました。または「東目送り」ともいいます。「東目」とは薩摩藩領国において東回りルート、すなわち、日向方面を指します。その実、国境で月照を斬るという密命だったとされています。
しかし、異説もあります。『西郷隆盛伝』によると、藩当局、とくに家老新納久仰(にいろ・ひさのり)は西郷の人徳を惜しんでいたので、幕府の手前、表だっては厳罰を下したけれども、じつはひそかに別の場所(日向の法華嶽寺)に潜伏させようとしたけれど、その真意が西郷たちに伝わらなかったということです。もっとも、少し言い訳がましい気がしますが。

入水の一件では、西郷と月照のほかに、平野国臣と月照の従僕重助も同船していたのですが、さすがに登場しませんでしたね(笑)。
入水したのは旧暦の11月16日。新暦だと12月でしょう。
冬で錦江湾の水はかなり冷たかったはずですが、西郷はよく蘇生しましたね。きっと本能的に泳いだのと、同船していた平野らの気転のおかげでしょう。

さて、この一件で誤解されているのは、西郷も藩当局から罰せられたと思われていることです。
そうではありません。西郷が奄美に行くことになったのは、罪を得ての配流ではなく、あくまで幕府の追及を逃れるため、死んだことにして奄美に潜伏させるためでした。その証拠に奄美にいる西郷には年に数十石の扶持が与えられています。罪人ならそんなことはないでしょう。
この点が誤解されているので、念のため、強調しておきます。
現・藩当局も前藩主斉彬の股肱だった西郷を処罰したわけではなかったのです。むしろ、できる範囲で庇ったともいえます。それは斉彬への一定の敬意の表れだったといえましょう。

今回も少し関連写真を載せておきます。主に月照関連です。

月照・信海
清水寺成就院にある月照・弟信海・西郷の顕彰碑

忠僕
月照の従僕重助にちなむ忠僕茶屋(清水寺境内)

月照墓
月照の墓(鹿児島・南林寺由緒墓地)

月照像
月照像(同上)

西郷蘇生
西郷蘇生の地(鹿児島市花倉)




よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/07/27 23:22】 | 篤姫
トラックバック(1) |

忠僕茶屋
ばんない
先日は酷暑の京都でお疲れさまでした。

確か近藤正臣氏のご実家も清水寺境内で茶屋やってられましたね。やはり西郷・月照に関係のある人物がご先祖みたいですが。
しかし、近藤正臣氏は幕末大河にはご縁がないようで(苦笑)、20年前に他局(日本テレビ系)の『田原坂』で大久保利通をされたのが数少ない幕末薩摩関連配役みたいですね。

管理人のみ閲覧できます
-


近藤正臣
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

近藤正臣氏が茶屋の息子だとは聞いていましたが、てっきり祇園とかの茶屋のほうだとばかり思っていました。
清水寺の茶屋だったのですか!
参道にあるお店ではなくて、境内にあるんですね。

近藤正臣の大河出演といえば、何といっても「国盗り物語」の明智光秀役ですが、ほかにも、「黄金の日日」「徳川家康」「太平記」「武藏」「功名が辻」などに出演しているようですが、たしかに幕末ものには出ていないみたいですね。

彼も御年66歳なんですね(驚)。
「柔道一直線」で、足でピアノを弾いたのをリアルタイムで見たのは忘れられません(笑)。



舌切茶屋
ばんない
こんばんは。

近藤正臣氏の実家の茶屋は、かなり有名ですがタイトルのお店です。
名前がすごいのですが、これは近藤氏のご先祖が西郷・月照の逃亡先を幕府側の拷問にも関わらず明かさずに舌を噛みきって自害したところからきた屋号だそうです。忠僕茶屋も舌切茶屋も月照関連で境内での茶屋経営の特権を得たようですね。

足でピアノを弾くシーンはテレビドラマ屈指の迷シーンの一つでしょうね(苦笑)。また、CMですが、キ○チョーリキッドで河童の着ぐるみを着て川に流されるシーンというのも忘れられません(爆)

こんな役もやってました
正之進
はじめまして。南日本新聞のさつま人国誌とともに拝見させていただいております。(実家に帰省した際は、新聞の切り抜きもまとめてしてます。)
近藤正臣氏がそういうつながりのある方だと初めて知りました。幕末ものではありませんが、山田風太郎原作のドラマで川路大警視の役をされていたことがあります。ヒゲの感じとか少し童顔な所は川路利良の写真に似た印象を受けました。

先日、帰省した時は花倉の蘇生の家のあたりは夏草が背の丈ほど茂っていました。車内から見ただけでしたが、ちょっと近寄りがたかったです…。


警視庁草紙?
桐野作人
正之進さん、こんにちは。

川路利良の通称を使っておられるのは、川路のファンか縁者でいらっしゃるのでしょうか。

山田風太郎の原作って「警視庁草紙」じゃなかったでしたっけ? 私もドラマは1,2度観たような記憶があります。たしか、近藤正臣演じる川路は仇役ではなかったですか。

連載の拙稿も読んでいただき、有難うございます。
このコラムは年内に本になる予定です。
そちらもよろしくお願いします。

田安家後見職就任について
アリア・ヴァレリ
田安家を選んだ理由は消去法ということもありますが、他の家が水戸家出身者だったからではないのでしょうか?。正直、この頃、徳川吉宗の直系で徳川家(松平家は含まない)に残存したのは田安家だけだったはずです。基本的に幕府では吉宗直系の、出きれば家斉直系にこだわっていたふしがあります。家茂の将軍就任はそのさいたるものであり、紀州家からの将軍就任自体が御三卿の存在理由を無視したものでした(それ自体に触れた話がないのですが)。
もっとも家斉の子蜂須賀斉ひろや松平斉民が正存していましたが、徳川将軍家に直接松平家が入ることはありえませんし、他氏は問題外でした。加えて大奥では斉明が水戸家に輿入れした峯姫(実は家茂の実父同姉妹)の女中をレイプして子供を生ませたことなどもあって徳川斉明アレルギーがありましたから田安家の後見役就任は完全な水戸家出身者外しの結果だと思いますが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
忠僕茶屋
先日は酷暑の京都でお疲れさまでした。

確か近藤正臣氏のご実家も清水寺境内で茶屋やってられましたね。やはり西郷・月照に関係のある人物がご先祖みたいですが。
しかし、近藤正臣氏は幕末大河にはご縁がないようで(苦笑)、20年前に他局(日本テレビ系)の『田原坂』で大久保利通をされたのが数少ない幕末薩摩関連配役みたいですね。
2008/07/28(Mon) 00:41 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/28(Mon) 01:12 |   |  #[ 編集]
近藤正臣
ばんないさん、こんばんは。

近藤正臣氏が茶屋の息子だとは聞いていましたが、てっきり祇園とかの茶屋のほうだとばかり思っていました。
清水寺の茶屋だったのですか!
参道にあるお店ではなくて、境内にあるんですね。

近藤正臣の大河出演といえば、何といっても「国盗り物語」の明智光秀役ですが、ほかにも、「黄金の日日」「徳川家康」「太平記」「武藏」「功名が辻」などに出演しているようですが、たしかに幕末ものには出ていないみたいですね。

彼も御年66歳なんですね(驚)。
「柔道一直線」で、足でピアノを弾いたのをリアルタイムで見たのは忘れられません(笑)。

2008/07/28(Mon) 20:23 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
舌切茶屋
こんばんは。

近藤正臣氏の実家の茶屋は、かなり有名ですがタイトルのお店です。
名前がすごいのですが、これは近藤氏のご先祖が西郷・月照の逃亡先を幕府側の拷問にも関わらず明かさずに舌を噛みきって自害したところからきた屋号だそうです。忠僕茶屋も舌切茶屋も月照関連で境内での茶屋経営の特権を得たようですね。

足でピアノを弾くシーンはテレビドラマ屈指の迷シーンの一つでしょうね(苦笑)。また、CMですが、キ○チョーリキッドで河童の着ぐるみを着て川に流されるシーンというのも忘れられません(爆)
2008/07/29(Tue) 01:12 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
こんな役もやってました
はじめまして。南日本新聞のさつま人国誌とともに拝見させていただいております。(実家に帰省した際は、新聞の切り抜きもまとめてしてます。)
近藤正臣氏がそういうつながりのある方だと初めて知りました。幕末ものではありませんが、山田風太郎原作のドラマで川路大警視の役をされていたことがあります。ヒゲの感じとか少し童顔な所は川路利良の写真に似た印象を受けました。

先日、帰省した時は花倉の蘇生の家のあたりは夏草が背の丈ほど茂っていました。車内から見ただけでしたが、ちょっと近寄りがたかったです…。
2008/07/29(Tue) 12:37 | URL  | 正之進 #-[ 編集]
警視庁草紙?
正之進さん、こんにちは。

川路利良の通称を使っておられるのは、川路のファンか縁者でいらっしゃるのでしょうか。

山田風太郎の原作って「警視庁草紙」じゃなかったでしたっけ? 私もドラマは1,2度観たような記憶があります。たしか、近藤正臣演じる川路は仇役ではなかったですか。

連載の拙稿も読んでいただき、有難うございます。
このコラムは年内に本になる予定です。
そちらもよろしくお願いします。
2008/07/30(Wed) 09:31 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
田安家後見職就任について
田安家を選んだ理由は消去法ということもありますが、他の家が水戸家出身者だったからではないのでしょうか?。正直、この頃、徳川吉宗の直系で徳川家(松平家は含まない)に残存したのは田安家だけだったはずです。基本的に幕府では吉宗直系の、出きれば家斉直系にこだわっていたふしがあります。家茂の将軍就任はそのさいたるものであり、紀州家からの将軍就任自体が御三卿の存在理由を無視したものでした(それ自体に触れた話がないのですが)。
もっとも家斉の子蜂須賀斉ひろや松平斉民が正存していましたが、徳川将軍家に直接松平家が入ることはありえませんし、他氏は問題外でした。加えて大奥では斉明が水戸家に輿入れした峯姫(実は家茂の実父同姉妹)の女中をレイプして子供を生ませたことなどもあって徳川斉明アレルギーがありましたから田安家の後見役就任は完全な水戸家出身者外しの結果だと思いますが。
2008/10/22(Wed) 20:45 | URL  | アリア・ヴァレリ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
慶福が14代将軍として家茂と改め、落飾した天璋院はその後見役として生きてゆく希望...
2008/07/28(Mon) 01:18:00 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。