歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

7月29日(火)庚午、天晴のち雷雨
雷雨がやんで、古文書塾「てらこや」出講から帰宅すると、注文した古書がどっと届いていた。同時に、国会図書館に複写依頼していた論文もまとめて届いていた。またまた出費が大変である。
古書は、あるテーマを追って、近代政治史研究者の坂野潤治氏の過去の著作を購入。

『近代日本の国家構想1871-1936』岩波書店
『近代日本の対外態度』佐藤誠三郎・R・ディングマン編、 東京大学出版会


30日(水)辛未、天晴
雑誌連載の原稿に苦吟。書きたいテーマがまとまらないというか、話題が分散していて、全然一貫していない。何とか「論」が立てられないか苦心惨憺。思い切って、何点かの史料と論文を読み込んでまとめていたメモをほとんど全部捨てることにした。これにこだわっていたから、書けないのだ。少し希望が見えてきたが、脱稿できず。

某雑誌から原稿依頼。
上杉謙信である。もう来年の大河企画が始動しているのだ。
そういえば、別の某雑誌からインタビューを受けることになっている。
これもテーマは直江兼続。
来年のことをいえば、鬼がなんとやらだが、今年の摘み残した仕事はどうすればよい(トホホ)。

先日、依頼のあった鹿児島での講演について、スケジュールを含めて具体化する。担当者が上京してくるというので、顔合わせ、打ち合わせに一度会うことになった。
また暑い、もとい熱い鹿児島に乗り込むことになりそうだ。
夜中に新聞連載の原稿何とか仕上げる。今回は先週に引きつづいてユニークなテーマかも。乞うご期待。
数日前、某会の事務局から久々の宴席の案内をいただいたが、義理を欠いていてとても顔向けできない。そんな時間があったら、1枚でも多く原稿を書くべきだろう。

31日(木)壬申、天晴
苦戦の末、雑誌連載原稿、ようやく脱稿。
手作りの図版原稿も出来た。図版といっても、簡単な地図なんだけど。
合間に小松帯刀の史料を整理していたら、意外と重要な記事を見つけたりする。これだから、なかなか進まないのだ。
また、鹿児島の某団体から別件の講演会について打ち合わせ。
テーマが「小松帯刀と坂本龍馬」
かなり大きく出た(笑)。今年と再来年の大河の合体である。

夜、『兼見卿記』の輪読会に出席。
聚楽第竣工や北野の大茶会など、ビッグイベントが目白押しだから、なかなか楽しい。
この輪読会では久々の2次会。夏バテ気味の私の希望で、ギョウザをたくさん注文。
みなさん、夏休みの楽しそうな計画を話していて、少し羨ましい。
仕事が遅い私には夏休みはありそうもない。

帰路、電車の駅をひとつ乗り越し、ビデオ屋に寄って、前から気になっていた映画2本、DVDを借りる。ささやかな夏休みだ。
そういえば、臨川書店から『時慶記』の第3巻刊行の案内届く。
関ヶ原合戦直後の慶長初年だし、また購入せずばなるまい。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/07/31 23:39】 | 日次記
トラックバック(0) |

兼見卿記の質問
中村邦夫
 私は明智光秀の研究をしている丹波福知山の人間です。突然ながらお願いの義が御座います。
 兼見卿記によれば本能寺の変後、6月9日に五山に銀子500枚を送り、町衆の地子免除をふれたとの事。銀子500枚の記述は兼見卿記上に見つけましたが、地子免除の記述は発見出来ません。該当文面をお教えいただきたく、何卒お願い申し上げます。

地子銭免除
桐野作人
中村邦夫さん、初めまして。

光秀の地子銭免除の一件は、『兼見卿記』に記事はないはずです。
『大日本史料』第11編之1をご覧になれば、356~59頁あたりにまとめて出ています。
天正10年6月9日条です。
史料名としては、

「京都町家旧事記」
「増補筒井家記」
「明智軍記」

などですね。
『大日本史料』は大きな図書館や大学図書館などは所蔵していると思います。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
兼見卿記の質問
 私は明智光秀の研究をしている丹波福知山の人間です。突然ながらお願いの義が御座います。
 兼見卿記によれば本能寺の変後、6月9日に五山に銀子500枚を送り、町衆の地子免除をふれたとの事。銀子500枚の記述は兼見卿記上に見つけましたが、地子免除の記述は発見出来ません。該当文面をお教えいただきたく、何卒お願い申し上げます。
2008/10/28(Tue) 13:45 | URL  | 中村邦夫 #-[ 編集]
地子銭免除
中村邦夫さん、初めまして。

光秀の地子銭免除の一件は、『兼見卿記』に記事はないはずです。
『大日本史料』第11編之1をご覧になれば、356~59頁あたりにまとめて出ています。
天正10年6月9日条です。
史料名としては、

「京都町家旧事記」
「増補筒井家記」
「明智軍記」

などですね。
『大日本史料』は大きな図書館や大学図書館などは所蔵していると思います。
2008/10/28(Tue) 23:54 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。