歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第69回
―氷を作り、送り火も見物―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

また小松ネタです。最近、それしかないのかと言われそうですが(笑)。
先日、京都の堀川一条にあった近衛家の堀川屋敷跡近くに小松帯刀の京都邸参考地の建碑が成ったことを書きました(ここ)。それで、鹿児島の読者にも、その紹介を兼ねて書きました。

この堀川屋敷が「御花畑」(御花畠とも)と呼ばれていたことは、過去にも書いたことがあります。ここです。
名前の由来はわかりませんが、庭に一面花が咲きほこっていたのか、あるいは薬草園だったのかもしれません。中世の近衛邸(「近衛殿」と呼ばれた、現・同志社大学新町校舎)が優美な糸桜があったので、別名、「桜御所」と呼ばれていたように、一種の雅称なんでしょうね。

この「御花畑」にまつわる出来事を、2、3書いてみました。
ひとつは、小松が氷を作って、大久保利通にも振る舞おうと誘った件です。
これは誰かから借りた製氷機を使って作ったもので、幕末に製氷機が使用されたことが確認できる貴重な事例だと思います。
松平春嶽が輸入した製氷機を所有していたそうですが、小松は誰から借りたのでしょうか?

あと、小松の京都邸の場所を推定するにあたって役立つ情報も含まれています。小松が「御花畑」は大久保邸からは「遠方」だと書いているのがそれです。大久保邸は寺町石薬師だと考えていいと思います。
そうであれば、かつて小松邸の推定地のひとつとした「近衛殿」は「遠方」だったとは思えません。堀川一条のほうがずっと「遠方」ですから。
同じ近衛家別邸でも、「御花畑」推定地としては、堀川屋敷のほうが「近衛殿」より相対的に妥当だといえそうです。

あと、慶応3年(1867)のお盆に、小松邸の二階に在京薩摩藩の要人たちが集まって、「大焼火」見物をしています。「大焼火」とは、もちろん五山の送り火のことです。現在は8月16日に行われますが、当時は、旧暦の7月16日だったのですね。
小松邸は二階建てだったことがうかがわれます。

余談ですが、先日の建碑の除幕式のとき、挨拶させられ、この「大焼火」の逸話を紹介しました。そのとき、「大文字焼き」と何度か連呼したようで、あとで参列者の方幾人かから「あれは送り火というんだ」とお叱りを受けました(汗)。
京都にお住まいの方は決して「大文字焼き」とは呼ばないそうで、そう呼ぶのは外部の人だけだそうです。京都に5年も住んだことがあるのに、迂闊でした。おっと、こんな過去がばれたら、その無知ぶりにさらにお叱りがありそうで(爆)。

次回から、延び延びになっている西郷隆盛の話題を書くつもりです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/08/02 10:22】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


ばんない
こんにちは。

やってしまわれたのですね。
「大文字焼」と「祇園祭のちまきを開封して中身がないと騒ぎ出す」というのは二大鬼門だと勝手に思っているのですが、その片方を…

ちなみに銀閣寺のアイスキャンデーで有名な店(屋号失念)で、冬売っている大判焼きが「大文字焼き」という名前らしいです。アイスキャンデーは有名で何度か食べましたが、「大文字焼き」の方は知らなかったです。
あと箱根の類例の行事は正真正銘「大文字焼き」という名前なので、関東圏在住の人は間違えやすいでしょうね。

大文字焼
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

日頃の粗忽な性格が出て、やってしまったのですよ(笑)。

「大文字焼」という大判焼があるのは、私も教えてもらいました。一度食べてみたいと思います。

花園?
n
はじめまして。
いつもふむふむと読ませていただいています。
古文書とかじっくり読んでみたいものです。

そういえば、右京区に花園という地名がありますが、それもやはり薬草であったり、何か花の名所だったのでしょうか。
地元に住みながらも疎い自分に何かもったいなさを感じたりいたします・・・
「二十歳の原点」くらいしか知りませんでした。

花園
桐野作人
nさん、こんにちは。

花園は妙心寺の別名みたいなものですね。
ものの本によれば、
「妙心寺の地これなり。此の地、元は左大臣清原の夏野の宅地にして、園中にもろもろの花をうへ愛す。これによりて花園と号す」
とあります。
清原夏野という大臣がいるようですね。

その邸宅に花があふれていたので、花園と呼ばれるようになったのはたしかなようです。

「二十歳の原点」ですか。
懐かしいですね。著者の彼女とは同学だったせいもあり、学生時代、よく読みました。
たしか、山陰線のどこかで自殺したような……。



管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

やってしまわれたのですね。
「大文字焼」と「祇園祭のちまきを開封して中身がないと騒ぎ出す」というのは二大鬼門だと勝手に思っているのですが、その片方を…

ちなみに銀閣寺のアイスキャンデーで有名な店(屋号失念)で、冬売っている大判焼きが「大文字焼き」という名前らしいです。アイスキャンデーは有名で何度か食べましたが、「大文字焼き」の方は知らなかったです。
あと箱根の類例の行事は正真正銘「大文字焼き」という名前なので、関東圏在住の人は間違えやすいでしょうね。
2008/08/02(Sat) 17:14 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
大文字焼
ばんないさん、こんばんは。

日頃の粗忽な性格が出て、やってしまったのですよ(笑)。

「大文字焼」という大判焼があるのは、私も教えてもらいました。一度食べてみたいと思います。
2008/08/03(Sun) 01:06 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
花園?
はじめまして。
いつもふむふむと読ませていただいています。
古文書とかじっくり読んでみたいものです。

そういえば、右京区に花園という地名がありますが、それもやはり薬草であったり、何か花の名所だったのでしょうか。
地元に住みながらも疎い自分に何かもったいなさを感じたりいたします・・・
「二十歳の原点」くらいしか知りませんでした。
2008/08/03(Sun) 05:43 | URL  | n #-[ 編集]
花園
nさん、こんにちは。

花園は妙心寺の別名みたいなものですね。
ものの本によれば、
「妙心寺の地これなり。此の地、元は左大臣清原の夏野の宅地にして、園中にもろもろの花をうへ愛す。これによりて花園と号す」
とあります。
清原夏野という大臣がいるようですね。

その邸宅に花があふれていたので、花園と呼ばれるようになったのはたしかなようです。

「二十歳の原点」ですか。
懐かしいですね。著者の彼女とは同学だったせいもあり、学生時代、よく読みました。
たしか、山陰線のどこかで自殺したような……。

2008/08/03(Sun) 11:17 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/17(Fri) 20:36 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。