歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某古書店から古書目録が送られてきた。

その巻頭にあった古文書写真を見て驚いた。

島津義久書状である。
しかも、宛所が龍吟庵東堂

といっても、おわかりの方は少ないかもしれないが、龍吟庵は京都五山のひとつ、東福寺の有名な塔頭である。そこの方丈は国宝に指定されていることでも有名。

少し翻刻してみたが、いくつか不明字が出て(要は私が読めない)、文意を正確に把握するところまでに至っていない。

宛所は龍吟庵だが、本当はその隣にある塔頭、即宗院に宛てたかったと思われる。即宗院はこれまでも何度か取り上げてきた。主なのはここ

もっとも、義久は即宗院ではなく、即宗庵と呼んでいる。当時はそう呼ばれていたのだろうか。
即宗庵が罹災したため、義久はそこに宛てられず、隣の龍吟庵に宛てたと思われる。もしかしたら、その東堂に即宗庵関係者が避難していたのかもしれない。

書状の趣旨は即宗庵再建のために義久が金三十両を寄進するので、早々と造営するようにと書かれている。もっとも、「当国」(南九州)でも干戈が休むところがないので、じつは財政的な余裕がないのだが、それでは違約になるので、何とか工面したという趣旨で、義久側の手許不如意の苦境も察せられる。

即宗院が義久の寄進によって再建されたというのは、同院の由緒にも書かれていたが、一次史料、しかも本人の書状で確認できたことは意義深い。
また書状には、即宗院と縁が深い鹿児島志布志の大慈寺も出てくる。ただ、「他流」云々とある。おそらく住持の派遣問題かと思うが、大慈寺が妙心寺の末寺で臨済宗関山派に属していて、即宗庵とは別の宗派であることに義久が違和感を感じているのだろうか。

問題はこの書状の年次である。
署名が「義久」なので、天正15年(1587)の出家以前なのは確実。
花押を見たが、義久の花押はほとんど経年変化がないので、あまり手がかりにならない。
感触としては、永禄年間(1558~1569)かなと臆測しているが。
『旧記雑録後編』を精査すれば、もう少しヒントがあるかも知れないが、忙しくて調べる暇がない。
東福寺側の史料で、即宗院が焼失した記録が現存しないのだろうか?

個人的には、ツボにはまった文書なので、入手できたらいいなと思うけど、お値段がねえ(歎息)。
義久書状って、こんなに高かったかな? 伊達政宗とか毛利元就クラスの値段だぞ。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/08/03 10:42】 | 戦国島津
トラックバック(0) |

東福寺誌
k2
桐野様
先日長谷川丹波を調べてる時、上記本の永禄十二年の所に

東福塔頭即宗院火~、嶋津義久施入して再建を図らしむ、後ち慶長十八年漸く再興成る(寺院明細取調書)

とあります。これが正しいかどうか分かりませんが、参考までに。

永禄12年
桐野作人
k2さん、こんにちは。

おおっ、「東福寺誌」があるんですね。
ご教示、有難うございました。

永禄12年焼失で間違いないと思います。
私の推定もギリギリ当たっていたかも(笑)。

その本、古書ネットで検索したらいい値段ですね。
定価の2倍はするようで。


ばんない
桐野さんの伝記のおかげで義久の書状の値段も上がったのかも。ゲームで有名なよく似た名前の弟と混同されてると言うことはたぶん無いですよね?(汗)

義久が龍吟庵に宛てた書状は確か数年前にも某社のオークションで出ていたかと思います(URLご参照下さい)。書状本体の写真も載っていたのですが、現在web上から写真は削除されてしまってます。なので、今回桐野さんに贈られた目録に載っている物と同じ物かどうかは分かりません。

『東福寺誌』は古い本ですね。即宗院のことを調べるのに一度読んだことがあります。

弟との混同
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

拙著の影響力なんて知れたものですから、それよりも、弟と混同している可能性が高いかもしれませんね。

この義久文書、以前、オークションに出たこともあるのですか。
今回出品していた某古書店は老舗なので、まさかオークションには出さないと思います。オークションで買った人が転売したものでしょうか。あるいは買い手がつかなくて、出品者が転売したのか。
その過程で、高値になったのかもしれませんね。


ばんない
こんばんは。

そのオークションに出ていた書状と、今回の書状が同じ物かはちょっとわからないですね。webに掲載されていた書状写真をコピーしておけば良かったのですが、読めなかったので(苦笑)気に留めていなかったらwebから削除されてしまいました。

ところで私が紹介させていただいたオークションから、去年も島津義久関係の書状が2通出ていたようですね。龍吟庵東堂宛はそのうちの1通であります。もう1通は「龍伯」署名で「二位」なる人物への手紙です。

それです
桐野作人
ばんないさん、こんにちは。

私が古書目録で見たのもその書状でした。
あと、わからない語が3、4つあるだけなんですが、重要な所なもんで、苦労してます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
東福寺誌
桐野様
先日長谷川丹波を調べてる時、上記本の永禄十二年の所に

東福塔頭即宗院火~、嶋津義久施入して再建を図らしむ、後ち慶長十八年漸く再興成る(寺院明細取調書)

とあります。これが正しいかどうか分かりませんが、参考までに。
2008/08/03(Sun) 11:52 | URL  | k2 #-[ 編集]
永禄12年
k2さん、こんにちは。

おおっ、「東福寺誌」があるんですね。
ご教示、有難うございました。

永禄12年焼失で間違いないと思います。
私の推定もギリギリ当たっていたかも(笑)。

その本、古書ネットで検索したらいい値段ですね。
定価の2倍はするようで。
2008/08/03(Sun) 12:10 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
桐野さんの伝記のおかげで義久の書状の値段も上がったのかも。ゲームで有名なよく似た名前の弟と混同されてると言うことはたぶん無いですよね?(汗)

義久が龍吟庵に宛てた書状は確か数年前にも某社のオークションで出ていたかと思います(URLご参照下さい)。書状本体の写真も載っていたのですが、現在web上から写真は削除されてしまってます。なので、今回桐野さんに贈られた目録に載っている物と同じ物かどうかは分かりません。

『東福寺誌』は古い本ですね。即宗院のことを調べるのに一度読んだことがあります。
2008/08/03(Sun) 17:26 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
弟との混同
ばんないさん、こんばんは。

拙著の影響力なんて知れたものですから、それよりも、弟と混同している可能性が高いかもしれませんね。

この義久文書、以前、オークションに出たこともあるのですか。
今回出品していた某古書店は老舗なので、まさかオークションには出さないと思います。オークションで買った人が転売したものでしょうか。あるいは買い手がつかなくて、出品者が転売したのか。
その過程で、高値になったのかもしれませんね。
2008/08/03(Sun) 22:54 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。

そのオークションに出ていた書状と、今回の書状が同じ物かはちょっとわからないですね。webに掲載されていた書状写真をコピーしておけば良かったのですが、読めなかったので(苦笑)気に留めていなかったらwebから削除されてしまいました。

ところで私が紹介させていただいたオークションから、去年も島津義久関係の書状が2通出ていたようですね。龍吟庵東堂宛はそのうちの1通であります。もう1通は「龍伯」署名で「二位」なる人物への手紙です。
2008/08/04(Mon) 00:22 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
それです
ばんないさん、こんにちは。

私が古書目録で見たのもその書状でした。
あと、わからない語が3、4つあるだけなんですが、重要な所なもんで、苦労してます。
2008/08/04(Mon) 17:05 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。