歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の「篤姫」感想で書き忘れたことがありましたので、補足します。

将軍家茂と天璋院が咸臨丸に乗り込む木村喜毅・勝麟太郎を引見した場面。
勝が薩摩に行き、養父斉彬に会ったという思い出話をして、天璋院を喜ばせていました。

これは史実です。
安政5年(1858)3月15日、勝は長崎から幕府の伝習艦「咸臨丸」で薩摩半島南端の山川港に来航しました。咸臨丸は長崎にある幕府の海軍伝習所の遠洋航海伝習の一環として、九州巡航に出て、その途次、山川に立ち寄ったものです。勝は艦長でした。

咸臨丸の乗組員は120名ほどで、そのほか19名のオランダ人も混じっていたと、『新納久仰日記』にはあります。
主な乗組員は、勝のほか、木村喜毅・榎本釜次郎(武揚)・松本良順・沢太郎左衛門・肥田浜五郎・赤松大三郎など、幕府海軍の有力な人物がいます。

このとき、島津斉彬は指宿の二月田(にがつでん)の温泉(島津本家御用達)で湯治中でした。それというのも、勝から事前に入港を知らせてあったので、近くの温泉で待っていたようです。

同日、斉彬は山川に赴き、停泊している咸臨丸に乗り込みます。
「勝義邦紀事抄」(「汽船観光丸山川港ニ来ル、斉彬公臨覧始末」 『斉彬公史料』三所収)によれば、勝は斉彬との出会いを次のように書いています。

「時に侯(斉彬)同温泉に浴す、余(勝)の至るを聞き、単騎来接、甚だ喜色あり、懇切優渥、余其の知遇の辱さ(かたじけなさ)に感ず」

斉彬が単騎でやってきて喜色満面だったというのですから、よほど待望していたのでしょう。斉彬は非常に親切で懇ろだったので、勝も感激したと書いています。

そして、斉彬は勝に「今後、国事に関係することは書簡であなたと相談したい。(このことは)他人に知らせないでほしい。あなたが猜疑されることを避けるためです」と申し入れたという。
斉彬は勝の人柄や見識にほれ込んだようです。

翌16日夕刻、咸臨丸は錦江湾を北上して鹿児島に入港します。
斉彬は再び乗艦します。そして、勝に「弊藩では大禄を食む者が20数家あるが、ほとんど藩外に出たことがない。差し支えがなければ、その見識を拡げるために艦内に呼び寄せたいが、いかがか」と尋ねました。20数家とは、一門四家と一所持を合わせたものですね。ちょうどそれくらいの家になります。
勝は承諾します。すると、続々と一門・重臣たちが乗艦してきました。斉彬はそのなかで、ある人物を勝に紹介します。

それは島津周防。一門四家のひとつ、重富島津家の当主だった久光(当時は忠教)のことです。斉彬は久光を次のように紹介します。

「これ、島津周防(久光)と称する者、実は我が弟也、彼若年より学を好む、今に到り博聞強記、我が及ばざる所、またその志操方正厳格、これもまた我に勝れりと」

斉彬は弟の久光を絶讃しています。学問に優れ、品行方正だと評しています。

翌17日、勝一行は上陸して、磯御茶屋(現・仙巖園)や集成館を見物しています。斉彬は自ら乗馬で家来たちを率いて、勝一行を案内し、薩摩藩の銃隊の操練を勝一行に見物させています。ほかにも造船や大砲について、オランダ人に質問攻めにしたようです。

それから数カ月後に斉彬は急逝します。
その悲報に接した勝は「百事瓦解、大志何れの日か達せむ哉、嗚呼天なる哉と、余もまたこの告を聞きて慨嘆数刻」と、斉彬の死を悲しんでいます。


とまあ、斉彬と勝の間にこのような親密な交流があったことを念頭におけば、ドラマで勝が天璋院に親しげに話しかけたのも、むべなるかなですね。

ちなみに、勝家には斉彬から拝領した薩摩焼(白薩摩)の名品が伝来しています。鋭い目をした鷹を焼いたものです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/08/11 23:33】 | 篤姫
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。