歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日夜、小学館古文書講座「てらこや」特別講座「小松帯刀と幕末薩摩藩3」に出講。

今回は、薩長同盟というよりは、第一次征長の処理を通じて、薩摩と長州の人的な交流が拡大し、深化するプロセスを見ていった。
時期は、元治元年(1864)12月から翌慶応元年3月あたり。

征長軍参謀の西郷吉之助が小倉から下関に渡海し、長州藩諸隊の隊長数人、五卿警固の忠勇隊の中岡慎太郎たちと会見したことを確認。
どのような話をしたか不明だが、五卿の処遇をおろそかにしないと確約したと思われる。これを機に、中岡や土方久元はすっかり西郷寄り、薩摩寄りに転身し、会見から2カ月後には、薩摩藩士の吉井幸輔と同船して上京し、薩摩藩邸で生活するという変わり様である。
犬猿の仲だった薩長の間を土佐系浪士たちが仲介したと考えて間違いないだろう。またある時期まで筑前藩の尊攘派(月形洗蔵・早川養敬など)の奔走も大きいが、惜しいかな、同派は筑前藩の内訌によって潰滅してしまう。

また、鹿児島から上京する途中の大久保一蔵が博多で、中岡慎太郎に会っていることはあまり知られていない。このこともまた、薩長同盟成立を考えるうえで無視できない。中岡は元治元年暮れから翌慶長元年初頭にかけて、西郷、大久保、吉井、税所篤、内田仲之助など薩摩藩要人と会っている。この人脈もまた無視できない。

今回扱った史料で一番面白かったのは、土方久元『回天実記』だった。
中岡と一緒に上京した土方は、いろんな人物と会っているが、中村半次郎(のち桐野利秋)とも意気投合し、中村を「この人、真に正論家、討幕の議を唱る事最烈なり」と高く評価している。

ほかに面白かったのは関白二条斉敬の意外なほどの剛直ぶり。
小松の出番が少なかったので、『吉川経幹周旋記』に収録されている吉川経幹宛ての小松書簡を紹介した。そのなかに使者となった吉田清右衛門が吉川家側に語った話が同書に記録されている。

長州藩が屈伏したことにより、幕府内の強硬派が再び勢力を盛り返し、征長軍が取り決めた比較的穏便な長州処分をひっくり返すために、老中阿部正外・松平宗秀が幕府の伝習歩兵隊3000人を引き連れて入京してくる。毛利父子と五卿を強引に江戸に召還するとともに、返す刀で一橋慶喜(禁裏守衛総督)と松平容保(京都守護職)を罷免して、これまた江戸に召還して一会桑勢力を解体し、京都を幕府直轄にしようという企てだった。

それを一喝したのが二条関白である。
2人の老中が文久2年(1862)にいったん廃止した参勤交代を復活させると主張したのに対し、二条関白がそれを提案したのは誰かと尋ね、老中松平宗秀だとわかると、次のように啖呵を切った。

「二条殿以ての外の顔色にて、そなたの首を斬るは安き事なれ共、壱人の首は刎ねても無益の事に候、爾後は急度天意遵奉致し候様にと仰せられ候処、両閣老共低頭銘肝仕り候との対へ(答え)の由」

老中に対して、「おまえの首を斬ってもかまわないのだぞ」と恫喝する関白など、徳川開幕以来、初めてのことで、2老中は青天の霹靂だったに違いない。
憶病で武家の言いなりという通説的な公家のイメージは修正されるべきである。

二条関白が慶喜・容保を罷免しようとする江戸の幕閣から守ったことにより、結果として一会桑勢力の後見人になる道筋が見えてきた。これに朝彦親王が加わる。

あと、高杉晋作の功山寺決起に反対して失脚し、出奔したとされる赤根武人(奇兵隊隊長)が、功山寺決起から2カ月ほどのちに、薩摩藩の吉井幸輔、中岡慎太郎、報国隊長の原田順次などとともに、「薩長和解」の議論に加わっているのも確認。
赤根の失脚・出奔はこののちのことなんだろうか? そこまで調べる手が回らなかったが、通説とは違うような気がする。

次回は、薩長同盟の具体的な進展を見ていく。
・大久保利通の有名な「非義の勅命は勅命にあらず」も薩長同盟と関わっていること。
・坂本龍馬がその文言が書かれた書簡をもって長州に下り、広沢真臣と会うこと。
・小松帯刀が長崎で上杉宗次郎の要請により、伊藤俊輔・井上聞多に軍艦・武器購入の段取りをつけること。
・毛利父子が島津父子に和解の書簡を送ること……。

などを見ていきたい。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/08/20 01:24】 | てらこや
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/21(Thu) 03:45 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。