歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二条御所

表題のミュージアムが先月オープンしたのはご存じの方も多いだろう。

たまたま新聞記事を見ていて、その場所が京都中心部の烏丸御池、旧龍池小学校跡地だと知って驚いた。
この小学校はドーナツ化現象によって人口が減り、廃校になっていたもの。前からどのように再利用化されるのか気になっていたが、マンガミュージアムが出来たとは……。

で、この龍池小学校跡地にはどんな由緒があるかというと……
今から430年ほど前、織田信長がこの地に自分の京都屋敷を造営したが、2年後の天正7年(1579)11月、ときの皇太子の誠仁親王(さねひと~)に譲渡し、それ以降、二条御所(あるいは下御所)と呼ばれた。二条御所は信長時代、朝廷の中心となった。

この地は名前からもわかるように、もとは摂関家の二条家の屋敷で、『洛中洛外図屏風』にも描かれているほどだ(上写真参照)。そして同家の庭園にあった池が龍躍池と名付けられ、南北朝時代から「二条殿の龍池」とも呼ばれた。龍池小学校の名はこの池の名前にちなんでいる(下写真参照)。

龍池小学校

そして、天正10年6月2日、本能寺の変のとき、信長の嫡男、三位中将信忠の主従が隣の妙覚寺から二条御所に移って立てこもった。信忠は誠仁親王一家を御所外に出してから、明智軍を相手に奮戦して討死を遂げた。享年26。
信忠の最期とともに、二条御所は炎に包まれて焼失した。造営からわずか五年足らずのことだった。

まさにその場所にマンガミュージアムが建ったのかと思うと、感慨深い。同館を訪れたときは、剣豪でもあった信忠のことにも想いを馳せてもらえればうれしい。
スポンサーサイト

【2006/12/28 23:40】 | 信長
トラックバック(0) |

二条御所…
岐阜少将
マンガミュージアムオープンの話は聞いていましたが、まさか場所が二条御所跡とは…。
有為転変は世の習いとはいえ、この変わりようには泉下の信忠卿も目を丸くされているのではないかと。

ちなみに辞典・辞書類で信忠終焉の地を「二条城」としているものが多いのには辟易しています。
たしか『国史大辞典』も二条城と書いていたような…。

二条殿址碑はどうなったか
桐野
二条城と二条御所を間違えているのは多いですね。

また二条城も足利義昭(同義輝のも)のと、徳川のものと二種類ありますね。

マンガミュージアムが出来たのを機に、誤解が少なくなればよいですが。

ところで、ミュージアムが建つ前にあった「二条殿址」の碑(本文写真参照)などは撤去されたのか、ほかにも江戸時代の金座か銀座の碑もあったと思いますが、どこかに残されたのか、確認しておく必要がありそうですね。
できれば、二条家の二条殿址だけでなく、誠仁親王の二条御所址でもあることを明記した新しい碑でも立ててくれたらもっといいですが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
二条御所…
マンガミュージアムオープンの話は聞いていましたが、まさか場所が二条御所跡とは…。
有為転変は世の習いとはいえ、この変わりようには泉下の信忠卿も目を丸くされているのではないかと。

ちなみに辞典・辞書類で信忠終焉の地を「二条城」としているものが多いのには辟易しています。
たしか『国史大辞典』も二条城と書いていたような…。
2006/12/29(Fri) 03:30 | URL  | 岐阜少将 #fH7V5HK6[ 編集]
二条殿址碑はどうなったか
二条城と二条御所を間違えているのは多いですね。

また二条城も足利義昭(同義輝のも)のと、徳川のものと二種類ありますね。

マンガミュージアムが出来たのを機に、誤解が少なくなればよいですが。

ところで、ミュージアムが建つ前にあった「二条殿址」の碑(本文写真参照)などは撤去されたのか、ほかにも江戸時代の金座か銀座の碑もあったと思いますが、どこかに残されたのか、確認しておく必要がありそうですね。
できれば、二条家の二条殿址だけでなく、誠仁親王の二条御所址でもあることを明記した新しい碑でも立ててくれたらもっといいですが。
2006/12/29(Fri) 14:54 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。