歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、小生が出演したBS11の番組「歴史のもしも」が放映されたようだが、観られる環境にないので観ていない。
もしご覧になった方がおいでなら、感想などお寄せ下さい。

そして本日の「篤姫」も未見。終日外出していたため、22:00のBS放映も観られなかった。
仕事が立て込んでいて、なかなか難しい状態です。
何とか立て直したいと思っています。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/08/31 23:48】 | 雑記
トラックバック(0) |

拝見しました
野りんご
はじめまして。
昨日放送の「歴史のもしも」を拝見いたしました。
大変に興味深く、放送時間が短く感じられました。
もっともっと知りたい!と思いました。
歴史の授業で平面的に学習したことではなく、歴史上の人物たちが生身の人間として感じられたことが、最も楽しくわくわくしたところです。



桐野作人
野りんごさん、はじめまして。

さっそく感想を寄せていただき、有難うございます。
過分なお言葉で恐縮です。
1時間ではなかなか語り尽くせないテーマでした。

これからもよろしくお願いします。

再放送拝見
かわい
面白かったですよ。前に武田信玄が上洛に成功していたら(だったかな?)というテーマの回を観たことがあって、そのときも感じたのですが、民放の歴史番組では出色のできですね。「もしも」という色物な切り口から出発している割には、地味に史実を押さえたコメントでまとめてくるところに意外性があるのかもしれません。
桐野先生の秀逸で示唆的なコメントも非常に楽しめました。機会があったらまた出演してください。別なテーマも観てみたいです。

有難うございます
桐野作人
かわいさん、こんばんは。

ご覧いただいたようで、有難うございます。
お誉めの言葉を頂戴し、恐縮です。

次回があるかどうかはわかりません。
考えてみれば、最初に声をかけてもらったのは、このテーマではなく、本能寺の変がらみで、信忠が生き残ったらというものでした。
まことにコアなテーマで私も乗り気だったのですが、いかんせん、スケジュールの都合がつかず出演できませんでした。
そのうち、かわいさんも出たらどうですか?




ご参考になりましたら
宮の元婚約者・有栖川宮熾仁親王から高く評価され、勲章もらった無名の村長がいた。秋田の高橋正作。天保のききんで高橋正作は全私財を、なげうって食料を求め、村人を餓死から救った。時に院内銀山が燃料の炭不足で営業停止状態。正作は村人に炭焼きをさせ、銀山を復活。日本一の銀産出量を記録。文久3年、19歳の石川理紀之助が正作と出会い、人間の大きさに感激し、熱く師事。『村守る、命かけても 聖農・高橋正作・伝』秋田魁新報社TEL 018-888-1859


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
拝見しました
はじめまして。
昨日放送の「歴史のもしも」を拝見いたしました。
大変に興味深く、放送時間が短く感じられました。
もっともっと知りたい!と思いました。
歴史の授業で平面的に学習したことではなく、歴史上の人物たちが生身の人間として感じられたことが、最も楽しくわくわくしたところです。
2008/09/01(Mon) 11:57 | URL  | 野りんご #-[ 編集]
野りんごさん、はじめまして。

さっそく感想を寄せていただき、有難うございます。
過分なお言葉で恐縮です。
1時間ではなかなか語り尽くせないテーマでした。

これからもよろしくお願いします。
2008/09/01(Mon) 20:38 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
再放送拝見
面白かったですよ。前に武田信玄が上洛に成功していたら(だったかな?)というテーマの回を観たことがあって、そのときも感じたのですが、民放の歴史番組では出色のできですね。「もしも」という色物な切り口から出発している割には、地味に史実を押さえたコメントでまとめてくるところに意外性があるのかもしれません。
桐野先生の秀逸で示唆的なコメントも非常に楽しめました。機会があったらまた出演してください。別なテーマも観てみたいです。
2008/09/03(Wed) 16:12 | URL  | かわい #b7R9Co7w[ 編集]
有難うございます
かわいさん、こんばんは。

ご覧いただいたようで、有難うございます。
お誉めの言葉を頂戴し、恐縮です。

次回があるかどうかはわかりません。
考えてみれば、最初に声をかけてもらったのは、このテーマではなく、本能寺の変がらみで、信忠が生き残ったらというものでした。
まことにコアなテーマで私も乗り気だったのですが、いかんせん、スケジュールの都合がつかず出演できませんでした。
そのうち、かわいさんも出たらどうですか?

2008/09/04(Thu) 20:21 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
宮の元婚約者・有栖川宮熾仁親王から高く評価され、勲章もらった無名の村長がいた。秋田の高橋正作。天保のききんで高橋正作は全私財を、なげうって食料を求め、村人を餓死から救った。時に院内銀山が燃料の炭不足で営業停止状態。正作は村人に炭焼きをさせ、銀山を復活。日本一の銀産出量を記録。文久3年、19歳の石川理紀之助が正作と出会い、人間の大きさに感激し、熱く師事。『村守る、命かけても 聖農・高橋正作・伝』秋田魁新報社TEL 018-888-1859
2009/04/06(Mon) 21:38 | URL  | ご参考になりましたら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。