歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアー初日は京都御苑周辺を回りました。

まず薩摩藩と縁が深い相国寺に行き、光源院や林光院などの塔頭を見ながら、境内の外の「甲子役・戊辰役薩摩藩戦死者墓」を見学。
この墓所は比較的よく知られているが、かつて林光院の敷地に含まれていたことはあまり知られていないと思います。林光院は関ヶ原の敵中突破をした義弘以来、島津家ゆかりの塔頭です。
この東側一帯は塔之段と呼ばれる地域で、西郷隆盛の京都邸があった場所でもあります。

その後、相国寺内の総墓地を見学。
ここには禁門の変で戦死した長州藩士の墓があります。ほかにも足利義政、藤原定家、伊藤若冲、悪左府こと藤原頼長の墓もあります。とくに伊藤若冲は時の人なので、参加者の関心も高かったです。若冲は相国寺で修行した経験がありますね。 

相国寺の特別拝観。
法堂や方丈を見学。
法堂の天井の蟠龍は迫力でした。狩野光信の作品。
禅寺、とくに京都五山はほとんど本堂に蟠龍が描かれていますね。

その後、京都御苑に移りました。
午後3時から、京都御所の特別拝観ができることになっていましたが、ちょうど皇太子が京都御所を来訪したとのことで、交通も渋滞が多かったのと、もしかしたら特別拝観も中止になるかもしれないという情報も流れましたが、何とか見学できて安堵。
拝観時刻まで時間があったので、蛤門、中立売門、乾門の西側三門、そして武家の装束直しの家として知られる施薬院跡や二本松の薩摩藩邸跡を見学。
三門はいうまでもなく禁門の変の激戦地です。小松帯刀の陣所(公家門)に長州勢がどのような経路で攻め込んだかも説明。

午後3時から特別拝観で入場。
ガイドが付いていただいたので、こちらは楽だったが、小御所や御学問所あたりは少し説明を付け足したかった気がしました。
私は今回が2回目ですが、前回は紫宸殿前庭まで入場できたのですが、今回はダメでした。最近は拝観ルートが変わったようです。あるいは春秋の特別拝観では可なんでしょうかね?

その後、御所周辺の宮家・公家の屋敷跡を見学。
凝華洞、有栖川宮家、学習院、橋本家(和宮生誕地)、猿が辻(姉小路公知暗殺事件)、近衛家、中山家(明治天皇生誕地)など。

そして、石薬師門を出て、大久保利通旧邸を見学して本日の日程を終了。

秋分の日を過ぎて、日がだいぶ短くなりました。5時過ぎから暗くなりますね。
ほんとは、堀川一条の小松帯刀寓居参考地でしめる予定でしたが、明日に積み残しました。

万歩計をもっていた参加者によると、18.000歩も歩いたとか。10キロ以上歩いた計算になります。さすがに疲れました。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/10/07 22:11】 | イベント
トラックバック(0) |


よこよこ
桐野さま、こんばんは。
京都へお出かけだったのですね。
2泊3日のツアーでしたか、こちらも参加したかったです(笑)
偶然ですが、今年の4月に京都へ出かけておりました。
やはり友人の誘いにて、桜の撮影でしたが、1泊2日と駆け足だったものでちょっと疲れましたね。

その時に京都御苑も立ち寄りました。
初日は夕方に着いた為、京都御所の周りをうろうろと撮影してその日は終わり、翌日は友人の案内にて、山科や平安神宮など廻って帰宅しました。

次回は、もっとゆっくり廻ってみたいものです。

またの機会に
桐野作人
よこよこさん、こんばんは。

京都に出かけていたので、コメント遅くなりました。
最近、京都に行かれたんですね。
私の方は秋にはまだ早く、暑くて大変でした(笑)。

また機会があれば、ご一緒したいものです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野さま、こんばんは。
京都へお出かけだったのですね。
2泊3日のツアーでしたか、こちらも参加したかったです(笑)
偶然ですが、今年の4月に京都へ出かけておりました。
やはり友人の誘いにて、桜の撮影でしたが、1泊2日と駆け足だったものでちょっと疲れましたね。

その時に京都御苑も立ち寄りました。
初日は夕方に着いた為、京都御所の周りをうろうろと撮影してその日は終わり、翌日は友人の案内にて、山科や平安神宮など廻って帰宅しました。

次回は、もっとゆっくり廻ってみたいものです。
2008/10/08(Wed) 00:24 | URL  | よこよこ #InlOuoXs[ 編集]
またの機会に
よこよこさん、こんばんは。

京都に出かけていたので、コメント遅くなりました。
最近、京都に行かれたんですね。
私の方は秋にはまだ早く、暑くて大変でした(笑)。

また機会があれば、ご一緒したいものです。
2008/10/10(Fri) 22:43 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。