歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第41回大河ドラマ「薩長同盟」

ドラマ進行時点は、慶応元年(1865)秋から翌2年正月まで。

いよいよ薩長同盟まで来ましたね。
「女のドラマ」のせいか、重要事件を端折りに端折りまくっているので、篤姫ならずとも、唐突すぎる展開ばかりでした。

写真の件、前回から気になっていたのですが、どうなんでしょうね?
和宮単独の写真は残っています。
また、和宮の墓所を発掘したら、写真が出てきたそうですから、これは家茂の写真でもおかしくないですが。
いずれにしろ、一人で写した写真じゃないかという気がしますが、よくわかりません。

薩長同盟に関しては、通説をなぞった形でした。
西郷と木戸の両雄がにらみ合ったまま、物別れに終わりそうになるところに龍馬が登場して、西郷に妥協させるという設定。

ただ、最近では、長州征伐の勅許が下りるかどうか、下りたとしてどんな内容かを両者が注視していて、その結果が判明しないことには話し合いに入れなかったというのが実情のようですが。

あと、薩長同盟締結日がいつかというのも、ほんとは重要問題でして。
最後の「篤姫紀行」では、慶応2年(1866)正月21日とナレーションしていました。
私もさほど異議はありません。

ただ、そうなると、出席者が微妙になります。
龍馬は20日まで熱を出して寝込んでいたので、小松邸に来られたのは21日。
一方、21日には、大久保一蔵が奈良原繁・黒田清綱・同了介らとともに帰国しています。だから、締結の場に大久保は不在だったという説もあります。

その典拠は薩摩藩家老の桂久武の日記ですが、それだと、同日、大久保などの帰国を見送ったと書かれていますが、それがいつだったのか?
桂は藩邸に出勤せずに、あとから大久保たちを見送っています。
桂が藩邸に出勤するのはほぼ決まっていて、四つ頃(午前10時頃)です。
となると、改めて宿所を出て見送ったのは午後からということになりそうです。
つまり、同日午前中、薩長同盟が締結されていたら、大久保が同席してもおかしくないことになります。よって、大久保は締結を見定めてから、帰国の途についたという解釈も可能です。

なお、薩長同盟のとき、木戸のことを桂小五郎と表記するのをよく見かけますが、厳密にいえば、間違いです。正確には、木戸貫治とすべきでしょう。
ドラマでは「木戸孝允(桂小五郎)」となっていたような。
これは、当時は桂小五郎だったけど、あとで木戸孝允になったというニュアンスに解せられますが、さて……。

長崎のグラバー邸で、小松がグラバーに片言の英語を使っていましたが、さて、小松が英語を習っていたかどうか、それを証明する確たる史料はないと思います。
ただ、薩摩藩営の洋学校である開成所を、小松や大久保が中心になって設立したのが薩長同盟の1年半前の元治元年(1864)6月です。
開成所では、英語教育が熱心に行われ、前島密らが教鞭をとっています。ここの成績優秀者が英国留学生に選ばれていますから、そうした環境にいた小松も簡単な単語くらいは知っていたかもしれませんが。

個人的には、最後の「篤姫紀行」に出てきた小松帯刀寓居跡参考地の石碑が登場したのがうれしかったです。何せ、今年の7月に建碑されたばかり。

次回は早くも将軍家茂の死去ですね。
秋の深まりとともに、ドラマもいよいよ終盤です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/10/12 22:22】 | 篤姫
トラックバック(1) |


よこよこ
桐野さま、またまた書き込み致します。
「薩長同盟」、先日体験講座にて体験した所ですね。
薩長同盟締結日のところも、ふむふむと見てしまいました(笑)
やはり、一度だけではなく、いろんな角度から何度も学ぶべきだなあ・・・と、思いました。

「篤姫紀行」の小松帯刀寓居跡参考地の石碑、こちらも再度認識です。
やはり、映像でその場所を確認できるのはいいですよね。
また京都へ行く機会がありましたら、是非訪れてみたいものです。


小松寓居跡参考地の石碑
桐野作人
よこよこさん、こんばんは。

本日からまた講座が始まり、薩長同盟について、さらに深く突っ込んで史料を検討しました。

小松の石碑、京都に行かれたら、ぜひご覧になって下さい。
一条戻り橋を渡って50メートルほど行ったすぐ近くです。

第1次長州征討
御座候
天璋院(宮崎あおい)が家茂(松田翔太)に対し「1度降伏した長州を征討することは本当に正しいのか?」みたいなことを言っていましたけど、そもそもドラマ内では第1次長州征討の描写が全くなかった気がするんですが・・・何も知らない人にとっては「1度降伏したって、何のこと?」という感じでは。


前回の蛤御門の変に関しても背景説明(八月十八日の政変→一会桑政権の樹立)が全くなかったので、家族から「何故、薩摩と長州が刃を交えているのか?」と尋ねられました・・・

端折りの弊害
桐野作人
御座候さん、こんばんは。

たしかにご指摘のとおりですね。

そのほかにも、将軍家茂は3度上洛しているんですけど、ドラマでは2回目で、死去する設定になっていますから、元治元年の上洛は端折られています。

また上京した家茂が慶喜を叱り飛ばす場面がありましたが、あれも単に慶喜の独断専行ではなく、一会桑権力と幕府の葛藤だという視点があれば、よく理解できるのですが……。
「一会桑権力」という概念をこのドラマに望んでも、ないものねだりですけどね。

ちなみに、家近良樹氏は近年、「一会桑権力」ではなく「一会桑勢力」とされているような。
従来、幕府からの相対的独立性を強調されていたけど、そうした見方が(批判もあってか)後退したのでしょうか?


一会桑
御座候
>また上京した家茂が慶喜を叱り飛ばす場面がありましたが、あれも単に慶喜の独断専行ではなく、一会桑権力と幕府の葛藤だという視点があれば、よく理解できるのですが……。

これは私も思いました。



>ちなみに、家近良樹氏は近年、「一会桑権力」ではなく「一会桑勢力」とされているような。
従来、幕府からの相対的独立性を強調されていたけど、そうした見方が(批判もあってか)後退したのでしょうか?

どうなんでしょうね?
家近氏の近著を確認していない私には何とも言えません・・・
宮地正人氏の『歴史のなかの新選組』ですと、
「一会桑政権」「一会桑勢力」「一会桑グループ」といった表現が混在しており、「権力」なのか「勢力」なのかという区別の意識は感じられませんね。

家近良樹氏の近著
桐野作人
御座候さん、こんばんは。

家近良樹氏の近著は昨年12月刊行された

『幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白―』(中公叢書)

ではないかと思います。
それを読んでいて、「一会桑勢力」と記されていたので、少し違和感を覚えたのでした。
それだけなんですが、ただ、家近氏は井上勲、宮地正人氏らの先行研究を批判して、「一会桑政権」ではなく「一会桑権力」と呼ぶべきだという立場だったと記憶していたため、概念規定をより厳密にされるという印象があったものですから、「~権力」から「~勢力」への転換は主張が後退したのかと見えてしまったわけです。
私の勘違いかもしれません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野さま、またまた書き込み致します。
「薩長同盟」、先日体験講座にて体験した所ですね。
薩長同盟締結日のところも、ふむふむと見てしまいました(笑)
やはり、一度だけではなく、いろんな角度から何度も学ぶべきだなあ・・・と、思いました。

「篤姫紀行」の小松帯刀寓居跡参考地の石碑、こちらも再度認識です。
やはり、映像でその場所を確認できるのはいいですよね。
また京都へ行く機会がありましたら、是非訪れてみたいものです。
2008/10/13(Mon) 23:03 | URL  | よこよこ #InlOuoXs[ 編集]
小松寓居跡参考地の石碑
よこよこさん、こんばんは。

本日からまた講座が始まり、薩長同盟について、さらに深く突っ込んで史料を検討しました。

小松の石碑、京都に行かれたら、ぜひご覧になって下さい。
一条戻り橋を渡って50メートルほど行ったすぐ近くです。
2008/10/14(Tue) 23:37 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
第1次長州征討
天璋院(宮崎あおい)が家茂(松田翔太)に対し「1度降伏した長州を征討することは本当に正しいのか?」みたいなことを言っていましたけど、そもそもドラマ内では第1次長州征討の描写が全くなかった気がするんですが・・・何も知らない人にとっては「1度降伏したって、何のこと?」という感じでは。


前回の蛤御門の変に関しても背景説明(八月十八日の政変→一会桑政権の樹立)が全くなかったので、家族から「何故、薩摩と長州が刃を交えているのか?」と尋ねられました・・・
2008/10/15(Wed) 18:48 | URL  | 御座候 #kz2iIBPw[ 編集]
端折りの弊害
御座候さん、こんばんは。

たしかにご指摘のとおりですね。

そのほかにも、将軍家茂は3度上洛しているんですけど、ドラマでは2回目で、死去する設定になっていますから、元治元年の上洛は端折られています。

また上京した家茂が慶喜を叱り飛ばす場面がありましたが、あれも単に慶喜の独断専行ではなく、一会桑権力と幕府の葛藤だという視点があれば、よく理解できるのですが……。
「一会桑権力」という概念をこのドラマに望んでも、ないものねだりですけどね。

ちなみに、家近良樹氏は近年、「一会桑権力」ではなく「一会桑勢力」とされているような。
従来、幕府からの相対的独立性を強調されていたけど、そうした見方が(批判もあってか)後退したのでしょうか?
2008/10/16(Thu) 23:39 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
一会桑
>また上京した家茂が慶喜を叱り飛ばす場面がありましたが、あれも単に慶喜の独断専行ではなく、一会桑権力と幕府の葛藤だという視点があれば、よく理解できるのですが……。

これは私も思いました。



>ちなみに、家近良樹氏は近年、「一会桑権力」ではなく「一会桑勢力」とされているような。
従来、幕府からの相対的独立性を強調されていたけど、そうした見方が(批判もあってか)後退したのでしょうか?

どうなんでしょうね?
家近氏の近著を確認していない私には何とも言えません・・・
宮地正人氏の『歴史のなかの新選組』ですと、
「一会桑政権」「一会桑勢力」「一会桑グループ」といった表現が混在しており、「権力」なのか「勢力」なのかという区別の意識は感じられませんね。
2008/10/17(Fri) 01:25 | URL  | 御座候 #kz2iIBPw[ 編集]
家近良樹氏の近著
御座候さん、こんばんは。

家近良樹氏の近著は昨年12月刊行された

『幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白―』(中公叢書)

ではないかと思います。
それを読んでいて、「一会桑勢力」と記されていたので、少し違和感を覚えたのでした。
それだけなんですが、ただ、家近氏は井上勲、宮地正人氏らの先行研究を批判して、「一会桑政権」ではなく「一会桑権力」と呼ぶべきだという立場だったと記憶していたため、概念規定をより厳密にされるという印象があったものですから、「~権力」から「~勢力」への転換は主張が後退したのかと見えてしまったわけです。
私の勘違いかもしれません。
2008/10/18(Sat) 22:25 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 前回28.1%とさらに再校視聴率を更新した『篤姫』。競合番組もなく一人勝ちした...
2008/10/13(Mon) 11:11:42 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。