歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年が明けたので、それにふさわしく、新しい大河ドラマの話題でも書いてみよう。

正月早々、『歴史街道』誌(PHP研究所)が届いた。毎号送っていただき多謝。
時宜に合わせて、特集は「山本勘助と武田信玄」である。
そのなかに、渡辺勝正氏執筆の記事が目を惹いた。タイトルは、
「讃岐に生まれ、大内氏に仕えた? 文書と伝承から前半生の謎を解く」

山口県に山本勘助の伝承が遺されていて、何でも、讃岐の庄屋の家に生まれて猪狩りが得意で、猪と格闘して独眼になり、足も不自由になったそうで、その後、山口に来て大内義隆に仕えたというのだ。

山本勘助といえば、伝説の軍師で軍記物『甲陽軍鑑』にしか登場しないとして、その実在が疑われていたが、1969年、「市川文書」が発見され、そのなかに武田信玄の使者をつとめる「山本菅助」が記されていたことから、俄然、その実在が信じられるようになった。

その勘助が讃岐生まれで、大内氏に仕えた前歴があるとなれば、「市川文書」に続く大発見になるかもしれないのだ。

しかし、興味深い逸話なのに、出典が何も書かれていない。どこの誰に伝わった伝承なのだろうか? う~ん、腑に落ちないな。

さらに驚いたのは、表題にも書いたように、長州藩毛利家の根本史料である『萩藩閥閲録』にも、勘助の子孫を名乗る家があるというではないか。
それも出典がよくわからず、原文書の掲載写真から見当をつけて探した。
厳密にいえば、『萩藩閥閲録』は別巻も含めて6冊あり、そのうちの『~遺漏』に収録されていた。
探すのに苦労した。新説、新史料と謳うのであれば、せめて出典はちゃんと明記すべきではないだろうか。

で、該当史料は『萩藩閥閲録遺漏』巻3の3「山本勝次郎方御判物写」という家文書のなかに収録されていた(214頁)。
史料名は「山本家言傳之覚」というものである。その冒頭部分を抜き出そう。

一、元甲州武田ノ臣山本勘介之後胤と云、已後郷士と成、代隔元就公御代御当家江附属し、安芸より御供して御側近ク被召仕、御家来と成り、秀就公御代迄ハ御家来之所、(後略)

さて、この史料だが、中身の検討の前にその由来や性格について触れておきたい。長州藩三隅下村在の百姓、源兵衛なる者が、先祖が山本勝次郎という毛利家家臣だったことから、山本名字を名乗りたいという願書を藩当局に提出した。江戸時代後期の享和元年(1801)のことである。
この史料はこの願書に添付されたものと思われ、山本勝次郎なる先祖が山本勘助の後胤であることを証明するためのものだろう。かの有名な甲州流軍学の祖、山本勘助の末裔となれば、藩当局も山本名字の名乗りを許してくれるのではないかというわけだ。

しかし、上記の引用部分、ちょっと戦国時代の知識があれば、おかしいと気づくはず。
まず山本勘助の後胤で郷士となり、のち毛利元就に仕えたというが、元就の没年は元亀2年(1571)である。その年には勘助は没しているものの、その嫡男(勘蔵信供か)は健在で武田家に仕えており、天正3年(1575)の長篠合戦で討死している。『甲斐国志』によれば、ほかにも源三郎、主殿助という子どもがいたが、いずれも武田家の近習である。

つまり、元就の没年までに、勘助の子どもがちゃんと武田家家臣として健在なのだから、元就に仕えたというのはおかしい話だ。
同史料はつづけて、勘助の末裔を証明する刀剣類があったが、洪水で流失したという、実証不能の都合のよい話になっている。

それで結論だが、鵜呑みにするのはどうか。家譜・由緒書の粉飾だと見たほうがよいのではないか。
『萩藩閥閲録』所収の史料だからといって、内容が信用できるとは限らないと言うことだろう。
スポンサーサイト

【2007/01/02 01:14】 | 戦国織豊
トラックバック(0) |


松裕堂
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします、松裕堂です。

讃岐の出身云々は兎も角
>猪狩りが得意で、猪と格闘して独眼になり、足も不自由になった
っていうエピソードなら、当人の略伝なんかにもよく見掛ける話ではありますな。

この点のみ関して言えば、出典は『武功雑記』乃至『甲陽軍艦』あたりかと思うんですが、私は両書ともに原文を読んだことがありません(笑)。

ただ山本勘助となると、軍法や忍術、剣術や居合術など、多くの伝系にその名をつらねる人ですから、そちら方面でも調べれば何か該当する手掛かりがあるかも知れませんね。

讃岐国の諸藩につたわる武芸のなかで、勘助ゆかりのものでもあれば、まず"当たり"をつけてみるべきせしょうか。

猪と格闘?
桐野
松裕堂さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしく。

本文をアップしてから気づいたことですが、山本勝次郎なる人物、山本勘助が大内義隆に仕えた頃にできたらしい子どもの子ども、つまり勘助の孫だということらしいです。勘助が信玄に仕えたときではないようですね。

その点では、私がやや勘違いをしていたようですが、だからといって、大内氏時代の勘助の事績が真偽定かならぬわけで、その当時の孫だと言われても、真偽不明としかいいようがないですね。

猪と格闘したという逸話も、文脈からは『萩藩閥閲録』に収録されているように読めるのですが、今日段階では探せずにおります。まあ、筆者が『山本勘介の謎を解く』という本を書いているようなので、そちらを読めということでしょうか。少し不親切ですね(笑)。

『武功雑記』『甲陽軍鑑』にも、猪と格闘云々の逸話は載っていなかったと思います。
ですから、紹介したのが唯一の史料だと思うのですが、雑誌記事を読んだだけでは「山口県の伝承」とあるばかりで、出典不明というのが何とも……。





松裕堂
>『武功雑記』『甲陽軍鑑』にも、猪と格闘云々の逸話は載っていなかった
あ、そうなんですか。
猪と格闘云々については、比較的よく耳にする挿話だったので、テッキリ著名書に出典があるものとばかり思っていました。

昭和九年出版の『大日本剣道史』にも載っている挿話なので、もっと古い資料に載っている有名なエピソードなんだと思っていたんですが、何気に出典不明のエピソードなんですかね。この猪との格闘云々。

大正十四年出版の『日本剣道史』は読んだことないので知りませんが、「本朝武芸小伝」や「新撰武術流祖録」には勘助に関する記述自体なかったと思いますし、ほかに思い当たる資料はちと皆無です。

なんか余計気になってきました(笑)。

猪と格闘
桐野
猪と格闘云々の逸話、あくまで推測ですが、『北越軍記』や『武田三代軍記』など、『甲陽軍鑑』の二次的翻案ものに掲載されているのかもしれません。
これらの本、もっていたはずなので探したのですが、ちょっと出てきません(汗)。

この本は 読まれました?
くれど
山本勘介がではなく、よくある片目の伝承に
有名人の名前がついたものです。出典がどうのとい
うことに 意味があるんでしょか?

柳田國男 一つ目小僧その他でも読まれたほうが
いいのではないかと

また この本は読まれました?自分のご先祖さまに 有名人がいたことにしたい という思いで 我田引水にしているだけです。


渡辺勝正氏の著書、読了しました。
天王寺屋
渡辺勝正氏の『山本勘介の謎を解く』を読み、書評を書きました。
その際、桐野様のご意見を参考にさせて頂きました。
よろしければ、私のブログもご覧下さい。

甲陽軍鑑大成
桐野
天王寺屋さん、こんばんは。

古い記事にコメントいただき有難うございました。
拝見しました。渡辺勝正氏の著作は未見でしたが、だいたいどういう内容なのか、よくわかりました。
それにしても、酒井憲二氏の『甲陽軍鑑大成』をお持ちなのですね。すごい。相当高かったはずですが、武田氏研究を本格的にやられるのでしょうか。

今後ともよろしくお願いいたします。
天王寺屋
わざわざご返事ありがとうございました。
浅学でたいへん恥ずかしいのですが、
少しずつ武田氏の研究を進めております。
『甲陽軍鑑大成』は古本屋で見つけた時に、
今しかないと思い衝動買いしてしまいました。

桐野様の著作、特に信長関係の書籍は
興味深く拝見させて頂いております。
またご意見を参考にさせて頂く事もあると思いますが、
よろしくお願いいたします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします、松裕堂です。

讃岐の出身云々は兎も角
>猪狩りが得意で、猪と格闘して独眼になり、足も不自由になった
っていうエピソードなら、当人の略伝なんかにもよく見掛ける話ではありますな。

この点のみ関して言えば、出典は『武功雑記』乃至『甲陽軍艦』あたりかと思うんですが、私は両書ともに原文を読んだことがありません(笑)。

ただ山本勘助となると、軍法や忍術、剣術や居合術など、多くの伝系にその名をつらねる人ですから、そちら方面でも調べれば何か該当する手掛かりがあるかも知れませんね。

讃岐国の諸藩につたわる武芸のなかで、勘助ゆかりのものでもあれば、まず"当たり"をつけてみるべきせしょうか。
2007/01/02(Tue) 09:38 | URL  | 松裕堂 #6eUroIng[ 編集]
猪と格闘?
松裕堂さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしく。

本文をアップしてから気づいたことですが、山本勝次郎なる人物、山本勘助が大内義隆に仕えた頃にできたらしい子どもの子ども、つまり勘助の孫だということらしいです。勘助が信玄に仕えたときではないようですね。

その点では、私がやや勘違いをしていたようですが、だからといって、大内氏時代の勘助の事績が真偽定かならぬわけで、その当時の孫だと言われても、真偽不明としかいいようがないですね。

猪と格闘したという逸話も、文脈からは『萩藩閥閲録』に収録されているように読めるのですが、今日段階では探せずにおります。まあ、筆者が『山本勘介の謎を解く』という本を書いているようなので、そちらを読めということでしょうか。少し不親切ですね(笑)。

『武功雑記』『甲陽軍鑑』にも、猪と格闘云々の逸話は載っていなかったと思います。
ですから、紹介したのが唯一の史料だと思うのですが、雑誌記事を読んだだけでは「山口県の伝承」とあるばかりで、出典不明というのが何とも……。


2007/01/02(Tue) 14:43 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
>『武功雑記』『甲陽軍鑑』にも、猪と格闘云々の逸話は載っていなかった
あ、そうなんですか。
猪と格闘云々については、比較的よく耳にする挿話だったので、テッキリ著名書に出典があるものとばかり思っていました。

昭和九年出版の『大日本剣道史』にも載っている挿話なので、もっと古い資料に載っている有名なエピソードなんだと思っていたんですが、何気に出典不明のエピソードなんですかね。この猪との格闘云々。

大正十四年出版の『日本剣道史』は読んだことないので知りませんが、「本朝武芸小伝」や「新撰武術流祖録」には勘助に関する記述自体なかったと思いますし、ほかに思い当たる資料はちと皆無です。

なんか余計気になってきました(笑)。
2007/01/03(Wed) 09:49 | URL  | 松裕堂 #6eUroIng[ 編集]
猪と格闘
猪と格闘云々の逸話、あくまで推測ですが、『北越軍記』や『武田三代軍記』など、『甲陽軍鑑』の二次的翻案ものに掲載されているのかもしれません。
これらの本、もっていたはずなので探したのですが、ちょっと出てきません(汗)。
2007/01/04(Thu) 08:22 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
この本は 読まれました?
山本勘介がではなく、よくある片目の伝承に
有名人の名前がついたものです。出典がどうのとい
うことに 意味があるんでしょか?

柳田國男 一つ目小僧その他でも読まれたほうが
いいのではないかと

また この本は読まれました?自分のご先祖さまに 有名人がいたことにしたい という思いで 我田引水にしているだけです。
2007/02/04(Sun) 17:09 | URL  | くれど #-[ 編集]
渡辺勝正氏の著書、読了しました。
渡辺勝正氏の『山本勘介の謎を解く』を読み、書評を書きました。
その際、桐野様のご意見を参考にさせて頂きました。
よろしければ、私のブログもご覧下さい。
2007/08/14(Tue) 18:46 | URL  | 天王寺屋 #BOXcKKr6[ 編集]
甲陽軍鑑大成
天王寺屋さん、こんばんは。

古い記事にコメントいただき有難うございました。
拝見しました。渡辺勝正氏の著作は未見でしたが、だいたいどういう内容なのか、よくわかりました。
それにしても、酒井憲二氏の『甲陽軍鑑大成』をお持ちなのですね。すごい。相当高かったはずですが、武田氏研究を本格的にやられるのでしょうか。
2007/08/15(Wed) 23:47 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
今後ともよろしくお願いいたします。
わざわざご返事ありがとうございました。
浅学でたいへん恥ずかしいのですが、
少しずつ武田氏の研究を進めております。
『甲陽軍鑑大成』は古本屋で見つけた時に、
今しかないと思い衝動買いしてしまいました。

桐野様の著作、特に信長関係の書籍は
興味深く拝見させて頂いております。
またご意見を参考にさせて頂く事もあると思いますが、
よろしくお願いいたします。
2007/08/16(Thu) 00:30 | URL  | 天王寺屋 #BOXcKKr6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。