歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の大河ドラマ「篤姫」の補遺です。

あるエピソードについて触れるのを忘れておりました。

それは、小松帯刀が来鹿した坂本龍馬の出立のとき、月代(さかやき)をやめて総髪にすると伝えた一件です。その理由を、これから外国人との交際が多くなり、いちいち月代のことを尋ねられて説明するのが面倒だと語っていました。

とても、唐突なエピソードに感じられたのではないかと思いますが、小松が藩当局に総髪願いを出して受理されているのは史実です。
ただ、その理由と時期については、よく考える必要があります。

「薩藩小松帯刀履歴」にその史料は収録されています。

「  口上覚
一、私事兼て頭寒の煩いこれあり、月代仕り難く候間、一往惣髪(総髪)御免仰せ付けられ下されたく願い奉り候、此の旨お申し下さるべく候、以上、
 五月                                小松帯刀

 願の通り惣髪成りなさる、御免候、
 六月   伊勢」


前段の「口上覚」が小松の願書で、後段が藩当局の許可の一文です。「伊勢」とは家老の島津伊勢のことです。

まず年次ですが、前段の口上覚には年次の記載がありません。それを推定させるような文言は何もなく、唯一「小松帯刀」の名乗りが安政5年(1858)3月からですから、それ以降のものだと漠然とわかるだけです。それでは何の解決になりませんね。

手がかりとなるのは、「~履歴」のなかでの諸史料の配列です。小松の履歴に詳しいと思われる編者が時系列に沿って並べたと考えられます。
では、前後の史料を見ると、前には「」(甲子)の干支の史料があるので、元治元年(1864)。
後ろに「」(丙寅)の干支の史料があるので、慶応2年(1866)です。

つまり、総髪願は元治元年から慶応2年までの足かけ3年の間に絞られることになります。
ドラマの進行時点が慶応2年。龍馬夫妻が桜島丸で鹿児島を出港するのが同年の6月1日か2日です。
小松の願書を慶応2年と推定することも上記から可能なので、そうだとすれば、願書に書かれている「五月」は龍馬夫妻が出発する直前のこととなり、ドラマの進行とピタリと合致します。
なるほど、そういう時代考証かと感じた次第。

もっとも、史料の配列はあくまで編者の認識であり、それが妥当かどうか検証する手段がなく、他の年に該当することも十分ありえます。

ところで、上記「口上覚」をよく読むと、「頭寒之煩」という理由から総髪願いを出しているわけで、外国人との交際云々とはかけ離れた、消極的な理由ですね。
願書の提出月が夏になろうとする5月。それでも「頭寒之煩」とはよほどの虚弱体質なんでしょうかね?

ちなみに、小松の写真は私が知る限り、3点残っていますが、いちばんよく知られている刀を持った写真を除いて、残りの2点は月代がなく、総髪です。
もし小松が総髪願いを受理されたのち、惣髪にしたとなると、これらの写真は慶応2年5月以前に撮影されたということになるのでしょうか? 推定に推定を重ねているので不確かなことですが。

なお、残りの2点は、だいたい撮影時期を特定できます。
あまり知られていませんが、慶応2年6月14日、英国公使パークスや英国支那艦隊司令長官キングが軍艦3隻で鹿児島を表敬訪問し、小松はその接待役を勤めました。薩英戦争から一転して両者は友好を深め、薩摩藩は親英路線に舵を切るきっかけになりました。うち1点は、小松はキングと、藩主茂久の弟の久治か珍彦と写っていますので、このときのものでしょう。
ドラマで外国人との交際云々と小松に言わせたのは、この表敬訪問が念頭にあったのかもしれません。願書提出の翌月のことですから。

もう1点は明治2年頃とおぼしき写真で、小松は山口尚芳・田中静州・中井弘・上野景範と一緒に写っています。小松を含めて5人とも総髪で、和服姿です。

ともあれ、いろいろ考えさせてくれるエピソードでした。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/10/23 21:33】 | 篤姫
トラックバック(0) |

本文修正
桐野作人
上記の文章ですが、小松帯刀の写真について、私がすべて月代だったと書きましたが、勘違いしておりました。
有名な写真以外の2点は総髪でしたので、本文を訂正しております。
粗忽で失礼しました。


サトシ
また見させていただきました!
応援ポチッ!!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
本文修正
上記の文章ですが、小松帯刀の写真について、私がすべて月代だったと書きましたが、勘違いしておりました。
有名な写真以外の2点は総髪でしたので、本文を訂正しております。
粗忽で失礼しました。
2008/10/24(Fri) 12:20 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
また見させていただきました!
応援ポチッ!!!
2008/10/24(Fri) 19:32 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。