歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第88回
―「日本の柱」、安らかに逝く―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックしたらご覧になれます。

今回は、明日が大河ドラマの最終回ということで、それに先んじて、小松帯刀の最期の様子を紹介しました。
小松は大坂で亡くなり、同じく同地の夕陽ヶ丘墓地に葬られました。のちに鹿児島の郷里吉利に改葬されたため、同地には墓が現存しておりませんが、葬儀が神式で行われたそうですから、墓も神式だったのではないかと思います。

小松の初葬地はほぼ特定されており、小松の墓が改葬されたのち、外務大臣を務めた陸奥宗光の墓がほぼ同じ場所に立てられました(陸奥の墓ものち移転)。陸奥は海援隊の時代、長崎で小松の世話になり、その家来といってもよい存在でした。

小松の死因に関しては、「足痛」が強調されていますが、小松の同僚だった家老桂久武が「御肺病」つまり、肺結核だと書いていますから、かなり確度の高い情報だと思います。これについては、以前々連載の中で書いたことがあります。ここです。
ドラマで、小松の死因はどのように描かれるのでしょうか。

なお、明治初年、外国事務局で、小松に抜擢された大隈重信は、のちに小松のことを回想し、藩閥にとらわれずに人材を登用した小松の公正さを絶讃するとともに、小松の病名を「腎臓病」だったと証言しています。大隈も小松の最晩年にそば近くにいた人だけに、この証言も無視できません。

個人的には、小松と公私にわたって親しかった桂久武の書簡に信がおけると思っていますが、まだ検討の余地があるかも知れません。


大河ドラマは明日が最終回ですが、仕事その他で見られそうもありません(泣)。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/12/13 12:53】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

ありがとうございました。
よこよこ
桐野さま、ご無沙汰しております。
書き込みは久々となりますが、コメントの方は毎回読ませて頂いておりました。

それにしても、1年というのは意外と早く過ぎてしまうものなのですね。
大河ドラマ『篤姫』を切っ掛けに小松帯刀を知り、ここまで嵌ってしまうとは、思ってもいませんでした。

もちろん、小松帯刀と言う人物、司馬遼太郎さんの作品で何度か目にもしましたし、他の書物でも目にしましたが、こんなに功績を残した人とは。。。
自称歴史好きな私としましては、本当に深くの至りです。

私は、もっともっと小松さんの事を知りたいと思っております。
中々時間は取れませんが、また桐野さんのお話を聴きに伺いたいと思います。
その時は、どうぞ宜しくお願い致します。

そして、また鹿児島へも行きたいと思っております。
鹿児島の友人と約束もしてきました。
今度は家族と一緒に行きたいものです。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました。
桐野さま、ご無沙汰しております。
書き込みは久々となりますが、コメントの方は毎回読ませて頂いておりました。

それにしても、1年というのは意外と早く過ぎてしまうものなのですね。
大河ドラマ『篤姫』を切っ掛けに小松帯刀を知り、ここまで嵌ってしまうとは、思ってもいませんでした。

もちろん、小松帯刀と言う人物、司馬遼太郎さんの作品で何度か目にもしましたし、他の書物でも目にしましたが、こんなに功績を残した人とは。。。
自称歴史好きな私としましては、本当に深くの至りです。

私は、もっともっと小松さんの事を知りたいと思っております。
中々時間は取れませんが、また桐野さんのお話を聴きに伺いたいと思います。
その時は、どうぞ宜しくお願い致します。

そして、また鹿児島へも行きたいと思っております。
鹿児島の友人と約束もしてきました。
今度は家族と一緒に行きたいものです。


2008/12/15(Mon) 02:27 | URL  | よこよこ #InlOuoXs[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。