歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜の夜の書き込みから解放されて、拍子抜けしたというか、一抹の寂しさを抱くというか……。

最近、少し時間が出来たので、話題の大作「レッドクリフ」を観てきました。
美周郎」こと、周公瑾(周瑜)が主人公。
かつて、そんな小説を書いたことがあったなと感慨深いです(笑)。

善と悪が転化し合い、むしろ悪花が魅力タップリの三国志世界は、単純な勧善懲悪のハリウッド映画とはなじまないのではないかなと思いましたが、さすがジョン・ウー。破綻しないよう、懸命にまとめておりました。
その剛腕はとくに戦闘シーンで発揮されたように思います。
ただし、長すぎないかなとも感じました。「せきへき」ならぬ「へきえき」の戦いの危険も。
長江を下る曹操の大艦隊は圧巻です。これだけでも観る値打ちがあるかも。

一番得をしたというか、格好よかったのは、趙雲子龍だと感じました。
とくに劉備の子、阿斗を助けるシーンは最高ですね。

どうでもいいことですが、主な配役は中国人(モンゴル人も)なのに、妙な既視感がありました。
何となく、日本人の役者に似ている人がいたような。
たとえば、

曹操 → 志村 喬
関羽 → 片岡知恵蔵
劉備 → 峰岸 徹
魯粛 → 光石 研
尚香 → 菅野美穂  *孫権の妹

主なキャストはここです。顔写真付いてます。

個人的に印象に残っているシーンは、周公瑾が少年の吹く笛の音を聴き、音程がかすかに乱れているのを感じ取り、小刀で笛の調整をしてあげるところです。
曲を間違えれば、周郎が振り返る」という三国志の有名な逸話を別の形で表現していて興味深かったです。
もしかして、周公瑾は絶対音感の持ち主だったのか?

決戦前夜で終わってしまいましたが、パート2も楽しみです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/12/23 00:27】 | 雑記
トラックバック(0) |


ぶるぼん
趙雲の激しいアクションに阿斗が窒息死しないかとハラハラドキドキでした。
先生の『三国志』新作も期待しています。

趙雲
桐野作人
ぶるぼんさん、こんばんは。

ご覧になりましたか。趙雲の活躍は超人的でしたね。
個人的にも、趙雲には思い入れがあります。ほかには馬超でしょうか。彼も小説で取り上げたことがありました(笑)。

私も、三国志はすっかりご無沙汰してますね。


メリーX'mas
みらん
桐野さん、こんにちは☆

私も11月に見て来ましたよ。そして今必死に三国志を読んでます(^_^;)
趙雲の俳優さんは胡軍(フージュン)ですね!天龍八部という面白い武侠ドラマに出てました。
最近中国古装(時代劇)ドラマにハマってる隊長でしたf^_^;
良いお年を…

中国古装
桐野作人
みらん隊長、こんばんは。

隊長も「レッドクリフ」観ましたか。
趙雲を演じた役者さん、ちょっとユニークな顔をしていますね。失礼ながら、兵馬俑の兵士の顔を思い出してしまいました(爆)。

中国の時代劇は「中国古装」って呼ばれているんですか。
台湾や香港ではなく、本土のほうの作品ですか?

私は毎週、「黄真伊」に涙しているところです。

古装
みらん
はい、中華では時代もののドラマや映画を古装と呼んでます。
ハマってるのは本土(大陸)の電視劇です(^_^;)。
MXで放送中の三国志も見てますよ~。
今は孫権の妹役のヴィッキー・チャオの『環珠姫』を見てます。

桐野さんは相変わらず韓流なんですね~♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
趙雲の激しいアクションに阿斗が窒息死しないかとハラハラドキドキでした。
先生の『三国志』新作も期待しています。
2008/12/23(Tue) 12:32 | URL  | ぶるぼん #41Gd1xPo[ 編集]
趙雲
ぶるぼんさん、こんばんは。

ご覧になりましたか。趙雲の活躍は超人的でしたね。
個人的にも、趙雲には思い入れがあります。ほかには馬超でしょうか。彼も小説で取り上げたことがありました(笑)。

私も、三国志はすっかりご無沙汰してますね。
2008/12/23(Tue) 22:36 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
メリーX'mas
桐野さん、こんにちは☆

私も11月に見て来ましたよ。そして今必死に三国志を読んでます(^_^;)
趙雲の俳優さんは胡軍(フージュン)ですね!天龍八部という面白い武侠ドラマに出てました。
最近中国古装(時代劇)ドラマにハマってる隊長でしたf^_^;
良いお年を…
2008/12/25(Thu) 16:57 | URL  | みらん #-[ 編集]
中国古装
みらん隊長、こんばんは。

隊長も「レッドクリフ」観ましたか。
趙雲を演じた役者さん、ちょっとユニークな顔をしていますね。失礼ながら、兵馬俑の兵士の顔を思い出してしまいました(爆)。

中国の時代劇は「中国古装」って呼ばれているんですか。
台湾や香港ではなく、本土のほうの作品ですか?

私は毎週、「黄真伊」に涙しているところです。
2008/12/26(Fri) 20:00 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
古装
はい、中華では時代もののドラマや映画を古装と呼んでます。
ハマってるのは本土(大陸)の電視劇です(^_^;)。
MXで放送中の三国志も見てますよ~。
今は孫権の妹役のヴィッキー・チャオの『環珠姫』を見てます。

桐野さんは相変わらず韓流なんですね~♪
2008/12/27(Sat) 15:31 | URL  | みらん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。