歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央公論

ちょっと場違いな一般誌に記事を書きました。タイトルは、

「戦国軍師の虚像と実像―山本勘助はどのようにつくられていったか―」

一番言いたかったことは、戦国時代に「軍師」という名が付いた者は存在しなかったという点です。戦国時代には「軍師」という言葉が使われていなかったからです。私たちが「軍師」としてイメージしているのは、作戦の立案に関わる参謀型の側近のことですね。竹中半兵衛とか直江兼続、島左近といった連中です。彼らを「軍師」と呼ぶには無理があるというのが、拙稿の趣旨です。

戦国時代、「軍師」の代わりにいたのは「軍配者」です。この「軍配者」がどのような役割を果たしたのか、「気」と「日取」をキーワードにしてまとめてみました。
はっきりいって、陰陽五行思想など専門外なので、一知半解のことを書いているかもしれません。それでも、「軍配者」の雰囲気だけでも味わっていただけたらと。

心残りはサブタイトルにある山本勘助の逸話を分量の関係で割愛せざるをえなかったことです。『甲陽軍鑑』に登場する勘助はその実、奇をてらわない、真面目な「軍配者」です。信玄が彼を信頼していたというのは何となくわかるような気がします。
スポンサーサイト

【2007/01/07 09:25】 | 戦国織豊
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/12(Fri) 14:04 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。