歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、近日刊の『信長公記を読む』(堀新編、吉川弘文館、2800円+税)の見本が届いた。私も少し書いています。

吉川弘文館の「歴史と古典」シリーズ(全10巻)のうちの1冊です。同社のサイトはここです。
見本が出来たばかりなので、まだサイトの新刊紹介には掲載されていません。
あと1週間か10日ほどしたら、書店にも並ぶでしょう。その頃にはサイトにも詳しい案内が載ると思います。

脱稿したのは、もうだいぶ前でした。いつだったかも忘れてしまいました。
ただ、初校ゲラでだいぶ手を入れたのと、戻しが遅れに遅れたため、担当編集者に迷惑をかけてしまったのはよく覚えています(爆)。言い訳がましいですが、その頃は講演であちこち飛びまわっていた頃でした。

帯キャッチ、執筆者と論題を挙げておきます。

【帯キャッチ】
「”信長””秀吉”を知る一級史料!
 安土城・宣教師・茶の湯・合戦などをキーワードに、原典を読み解く」

【執筆者と論題】

堀  新……信長公記とその時代

Ⅰ 史実と古典
柳沢昌紀……信長公記と信長記、太閤記
和田裕弘……コラム/信長公記の諸本
松下 浩……信長と安土城
桐野作人……信長と合戦
桐野作人……コラム/本能寺の変
松本和也……宣教師からみた信長・秀吉
斎藤悦正……コラム/戦国の村社会

Ⅱ 構想と世界観
村上 隆……太田牛一の歴史認識
久保健一郎…天下と公儀
長谷川泰志…戦国軍記の構成と構想
竹間芳明……コラム/呪いの文字瓦

Ⅲ 信長公記、太閤記以後
阿部一彦……信長・秀吉像の変遷
桐野作人……コラム/お市と濃姫
矢部健太郎…天下人と茶の湯
川戸貴史……コラム/楽市楽座と撰銭令
高橋 修……「長篠合戦図屏風」を読む


という三部構成になっています。
私は「信長と合戦」というテーマで書きました。
友人の研究者も何人か執筆しています。
個人的にも興味深いテーマもありますし、力作もあります。
ハードカバーの概説本なので、多少値が張りますが、買っても損はない内容だと思います。
信長や秀吉に関心のある方はどうぞお買い求め下さい。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2009/01/09 00:42】 | 新刊
トラックバック(0) |

おもしろそうな本ですね。
NAO4@吟遊詩人
>『信長公記を読む』(堀新編、吉川弘文館、2800円+税)
何か、とても面白そうですね。
是非購入させていただきます。

>吉川弘文館の「歴史と古典」シリーズ(全10巻)
気にしていなかったのですが、そういえば、書店で見かけたことがございます。

よろしくお願いします
桐野作人
NAO4@吟遊詩人さん、こんにちは。

この本に注目していただき、うれしいです。
近いうちに書店に並ぶと思いますので、よろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おもしろそうな本ですね。
>『信長公記を読む』(堀新編、吉川弘文館、2800円+税)
何か、とても面白そうですね。
是非購入させていただきます。

>吉川弘文館の「歴史と古典」シリーズ(全10巻)
気にしていなかったのですが、そういえば、書店で見かけたことがございます。
2009/01/10(Sat) 04:31 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
よろしくお願いします
NAO4@吟遊詩人さん、こんにちは。

この本に注目していただき、うれしいです。
近いうちに書店に並ぶと思いますので、よろしくお願いします。
2009/01/10(Sat) 13:49 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。