歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫、与六」

子役時代の創作がほとんどだったので、コメントのしようもありませんね。
兼続と景勝の絆の深さは幼少のときから形成されたのだと訴える必要があったのでしょう。
ドラマの重要なモチーフですから、今のうちから強調しておかねばならないというわけでしょうね。

永禄8年(1565)から話は急に天正元年(1573)まで飛びました。
5歳だった与六は14歳になったわけですが、とてもそうは見えませんでした(笑)。こればかりは致し方ないでしょう。
本来なら、永禄8年は将軍足利義輝が暗殺された年。
輝虎にはとても関係が深い人物です。何より輝虎の一字は義輝からの拝領ですから。
まあ、輝虎時代の話を複雑にしても本筋からはずれるという判断は理解できます。

ただ、問題は天正元年ですよね。
信長と織田家中が武田信玄が攻めてくると色めき立っていました。
また兼続と又五郎(のち泉沢久秀)が川中島に出かけたのも新緑の頃に見えました。
武田信玄が他界したのは4月12日。
まだ信玄は生きているようですから、明らかに改元前の元亀4年ですよね。天正元年となるのは、7月28日からです。

天正元年だろうと、元亀4年だろうと、どっちでもいいじゃないか。改元後の年号のほうがわかりやすいというのもひとつの意見でしょう。
あえて異議をとなえませんが、信玄の西上作戦とその死は「元亀争乱」の画期でした。
だから、できれば、元亀4年と表記してもらったほうが個人的にはよかったかなとも思います。

信玄の西上作戦中、川中島の海津城を守る高坂弾正が登場するというのも、少し意表をつきますね。高坂は西上作戦に従軍せず、川中島で上杉の監視役となっていました。
だから、与六と又五郎が高坂勢と遭遇するというのは決して不自然ではありません。
ただ、軍勢が「赤備え」でしたね。
武田軍の「赤備え」といえば、山県昌景かなという気もしますが……。
高坂勢も「赤備え」という史料はあったかどうか、よく知りませぬ。

細かい点ですが、信長は岐阜にいましたね。
信玄はすでに三方ヶ原で徳川家康を破っており、遠江西半に達しているわけですね。与六たちのいた川中島の新緑を考えれば、大目に見ても旧暦3月頃でしょうか。
信長の動向を『信長公記』で追えば、同年2月20日、岐阜を発して、信玄に呼応した足利義昭方の山岡光浄院を石山で撃破して上洛しています。
ドラマは史実と少し時系列がずれている感じがしますが、まあ、許容範囲でしょう。

今回はさほど書くこともなく、あえて重箱の隅をつつくような穿鑿をしてみました。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2009/01/11 23:07】 | 天地人
トラックバック(1) |

新緑
武藤 臼
こんにちは。
ドラマのことなので笑い話として突っ込みを入れますと、あの新緑の緑色、長野近辺では早く見積もっても新暦で5月以降、多分中旬以降かなと思います。
山桜が5月まで咲いている土地柄です。
少なくとも4月中はあり得ない緑色です(笑

別の話で恐縮ですが、『天地人』最終回が11月22日だというのを先日知りました。
『坂の上の雲』をその後に放映というのはちょっと驚きましたが、これって一般にはもう知れ渡ってることでしょうか。
最終回は数えてみると47話ですね。




はじめまして。
五遷・主簿
歴史が好きなのに、アニメ記事もよく書いているブログを運営しています。歴史の考察とドラマの違いを指摘され、きちんと歴史も学ぶつもりで相互リンクをしたいのですがいかがでしょうか?
>『坂の上の雲』をその後に放映というのはちょっと驚きましたが、これって一般にはもう知れ渡ってることでしょうか。

 ブログの人達の間では殆どが知っていました。

>ただ、軍勢が「赤備え」でしたね。

 ア、そうでしたね。いずれ真田幸村(人質時代)も出てくるはずですので楽しみです。

お久しぶりです
木暮兼人
大河はリアルタイムでは見れそうにありませんが
毎週チェックしていく所存です。

今週はまだ視れておりませんが岐阜城の信長のシーンがあったのですね
先週の信長と秀吉のシーン
 #信長が馬に乗っている後ろを秀吉がついてまわる
が「小牧山城」となっていましたが
小牧山城の築城が1563年とのことですから
こちらはありえない話ではないのですよね?

小牧山城というのは大河ではマイナーだったと思います




桐野作人
五遷・主簿さん、はじめまして。

コメント有難うございます。
リンクは知り合いだけに限定して必要最小限にしておりますので、申しわけありません。
今後ともよろしくお願いします。

小牧山城?
桐野作人
木暮兼人さん、お久しぶりです。

落ち着かれたようで何よりです。

私がよく観ていなかったのかもしれませんが、信長と秀吉が初登場したのは小牧山城だったのでしょうか? テロップが出ていたのかもしれませんが、気づきませんでした。

信長が小牧山城に移ったのは永禄6年(1563)2月ですから、ドラマでは永禄8年のあたりで、かつ美濃攻略の前だったと思いますので、史実どおりだと思います。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
新緑
こんにちは。
ドラマのことなので笑い話として突っ込みを入れますと、あの新緑の緑色、長野近辺では早く見積もっても新暦で5月以降、多分中旬以降かなと思います。
山桜が5月まで咲いている土地柄です。
少なくとも4月中はあり得ない緑色です(笑

別の話で恐縮ですが、『天地人』最終回が11月22日だというのを先日知りました。
『坂の上の雲』をその後に放映というのはちょっと驚きましたが、これって一般にはもう知れ渡ってることでしょうか。
最終回は数えてみると47話ですね。


2009/01/12(Mon) 17:17 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
はじめまして。
歴史が好きなのに、アニメ記事もよく書いているブログを運営しています。歴史の考察とドラマの違いを指摘され、きちんと歴史も学ぶつもりで相互リンクをしたいのですがいかがでしょうか?
>『坂の上の雲』をその後に放映というのはちょっと驚きましたが、これって一般にはもう知れ渡ってることでしょうか。

 ブログの人達の間では殆どが知っていました。

>ただ、軍勢が「赤備え」でしたね。

 ア、そうでしたね。いずれ真田幸村(人質時代)も出てくるはずですので楽しみです。
2009/01/12(Mon) 20:09 | URL  | 五遷・主簿 #SFo5/nok[ 編集]
お久しぶりです
大河はリアルタイムでは見れそうにありませんが
毎週チェックしていく所存です。

今週はまだ視れておりませんが岐阜城の信長のシーンがあったのですね
先週の信長と秀吉のシーン
 #信長が馬に乗っている後ろを秀吉がついてまわる
が「小牧山城」となっていましたが
小牧山城の築城が1563年とのことですから
こちらはありえない話ではないのですよね?

小牧山城というのは大河ではマイナーだったと思います

2009/01/13(Tue) 11:13 | URL  | 木暮兼人 #-[ 編集]
五遷・主簿さん、はじめまして。

コメント有難うございます。
リンクは知り合いだけに限定して必要最小限にしておりますので、申しわけありません。
今後ともよろしくお願いします。
2009/01/16(Fri) 14:08 | URL  | 桐野作人 #94L/QBIE[ 編集]
小牧山城?
木暮兼人さん、お久しぶりです。

落ち着かれたようで何よりです。

私がよく観ていなかったのかもしれませんが、信長と秀吉が初登場したのは小牧山城だったのでしょうか? テロップが出ていたのかもしれませんが、気づきませんでした。

信長が小牧山城に移ったのは永禄6年(1563)2月ですから、ドラマでは永禄8年のあたりで、かつ美濃攻略の前だったと思いますので、史実どおりだと思います。

2009/01/16(Fri) 14:31 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 気になる初回の視聴率は24.7%と『篤姫』の初回を大幅に上回る記録となりまし...
2009/01/12(Mon) 00:06:29 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。