歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「天地人」第3回「殿の初恋」

トラマ進行時点は天正元年(1573)7~8月頃
いよいよ本格的に始動した感じですね。

今回は人名(通称・諱・出家名)について、いくつか気づいた点がありました。

今回、上杉輝虎改め謙信は法体姿で登場しました。
前回をよく覚えていませんが、輝虎は出家していましたっけ?

輝虎が出家したのは元亀元年(1570)12月頃です。
ですから、本来なら前回から謙信名乗りの法体でなければいけなかったはずですが、どうもまだ輝虎と呼ばれていたような?

さらに、長尾喜平次が今回から景勝になっていましたが、これもどうでしょうか?
長尾卯松は元服して、喜平次顕景と名乗ります。
謙信から上杉名字、弾正少弼の官途、景勝の諱という3点セットを与えられるのは天正3年(1575)正月11日です。
このときの謙信書状は景勝自筆だとされ、御館の乱後に作成されたのではないかという疑問もあるようですが、すでにここで書いたように、ほぼ通説として認められているとみてよいと思います。

ですから、ドラマ進行時点の天正元年後半には、まだ景勝ではなく、顕景のはずですね。

前回の「篤姫」は通称や諱の変化には比較的忠実でしたが、今回は少し鷹揚な(雑な?)感じがします。あまり忠実に再現すると、視聴者に負担を与えるという割り切った考え方をしているのかどうか、まだ判断がつきません。

謙信のもう1人の養子、上杉三郎景虎も今回から登場です。景勝より2歳年上です。
イケメンで芸達者な景虎が春日山城中の女性たちを魅了しておりました。
顕景こと景勝の妹(ドラマでは華)も目が星になっていましたね(笑)。

でも、史実では2人はとっくに婚姻しているのではないかと思います。
三郎が越相同盟の証として、春日山に来たのは元亀元年(1570)4月です。
同月25日、謙信は景勝の妹を娶らせ、自分の旧名景虎を与えています。彼女は景勝の1歳下の妹です。
2人の婚姻については、北条氏康書状(元亀元年5月12日付)に次のように書かれています。

「去る廿五、息三郎御城中に於いて御祝儀を遂げらるるの由、誠にもって千秋万歳の至り」

先月(4月)25日に春日山城中で三郎が祝言をあげたと氏康が書いています。氏康の没年は翌元亀2年ですから、2人の婚姻がそれ以前なのは間違いありません。ドラマはそれから3年後ですから、とっくに2人は結ばれているわけですね。

なお、景勝は高島礼子演じる仙桃院の子ですが、妹の「華」(架空の名前だと思います)は彼女の子かどうかはわかりません。

今回から、のちに兼続夫人となる「船」も登場しました。
常盤貴子が演じています。個人的には、彼女はもう15年くらい前のドラマ「愛していると言ってくれ」の印象が強くて(笑)。
「船」は兼続より3歳年上とのこと。常盤貴子は大河ドラマ初出演とのことですが、もう少し早く出てほしかったなという気がします。なぜか力を入れて書いているような(笑)。

「船」という名前はほぼ史実どおりのようです。
「千」とも呼ばれたそうですが、『城州公略伝』によれば、兼続自筆書簡に「船」と書かれているとのこと(木村徳衛『直江兼続伝』)。もっとも、その兼続書簡はまだ見たことがありませんが。

彼女は宍戸錠演じる直江景綱の娘ですが、上野の総社長尾氏の長尾景孝改め信綱と最初婚姻します。今回はまだ信綱は登場していなかったような?
この信綱の実父が長尾顕景ですね。今回、景勝の前名顕景が使われていないのは、この長尾顕景との混同を避けるためなのかもしれませんが。

次回は謙信の越中攻め、とくに一向一揆との戦いが詳しく描かれるのでしょうか。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2009/01/18 23:45】 | 天地人
トラックバック(1) |

天と地と
NAO4@吟遊詩人
「天地人」は、小学校生の子供たちと見ているのですが、前回子役から大人に変わった時に、与六→兼続は理解できたようなのですが、喜平次→景勝は追い付いていけなかったようで、「喜平次はどうしたの?」といきなり質問がきました。

そういえば、私も小学校の時に、「天と地と」で虎千代→長尾景虎→上杉政虎→上杉輝虎→上杉謙信が、景虎までしか理解できずに、父に聞いていたのを思い出しました。今回、謙信は、輝虎から始まっているので、ややこしい三郎景虎との違いを説明せずに済みました。(笑) ただ、「殿が何故たくさんいるの?」と聞かれて、謙信と景勝の関係を説明しなければなりませんでした。(アニメの殿様は1人ですから)(笑)

勝軍地蔵、飯縄明神
景勝出陣の際、背景に掛けてあった掛け軸が、「勝軍地蔵」「飯縄明神(だと思う)」であったので、実は一番うれしかったのです。

>常盤貴子
同感です。峠を過ぎてしまったような。頑張ってはいますが。


木暮兼人
輝虎(謙信)は確か 前の回では出家はしていなかったはずです。
阿部寛さんの法体姿、私にはどうにも違和感があります。
破戒僧な気がしてならないのですが・・・

常盤さんについてのご意見、私も同感です(笑)
おそらくは姉さん女房な演出なのでしょうが
戦国の女性の強さをああいう形で示すことについても
私には違和感がありますね。

信長のシーンばかり注目してるのですが
あの脇にいた宣教師みたいな人はなんなのでしょうか?

北条高広
御座候
越相同盟がすっとばされたので、上杉景虎の登場が唐突な感じでしたね。


ところで北条高広は、主に上野で活動しているイメージがあったのですが、あんなにしょっちゅう春日山城に来ていたのでしょうか?

景勝かも
板倉丈浩
お世話になってます。こんばんは。
上杉景勝の名乗りですが、「顕景」の終見が永禄13年(元亀元年)2月2日であり、「景勝」の初見が天正3年2月9日です。
天正3年正月に比定されている問題の謙信書状は無年号ですし、ご存じの通り要検討文書でして、もともと天正4年のものとして伝わっていたものです。
(その謙信書状と景勝自筆書状を写真で確認しましたが、確かに「喜平次殿」の筆跡がそっくりでした・・・)

ですので、ご指摘の通り史実からかけ離れた頭の痛い展開でしたが、天正元年頃に景勝と名乗っているのはアリかなという気がしています。

天と地と
桐野作人
NAO4@吟遊詩人さん、こんばんは。

「天と地と」をご覧になったことがあるんですか。
私もよく見た記憶があります。
あれは石坂浩二と樫山文枝のコンビでしたね。
今年の大河のタイトルは似てますね。




宣教師
桐野作人
木暮兼人さん、こんばんは。

その回、よく覚えていましたが、宣教師が出てましたっけ?
もしそうなら、やはりフロイスでしょうかね。岐阜には何度か行っているようですから。

常盤貴子のキャラ付けは、年上の勝ち気な女性という設定でしょうが、ちょっと裏目に出ている感じでしょうか。



北条高広
桐野作人
御座候さな、、こんばんは。

上杉輝虎が上野を領国化してから、北条高広は上野に所領を与えられて重要な地位にあるようですから、そう簡単に春日山には来れないかもしれませんね。
年始とか重陽の節句あたりは来てるかもしれませんが。




グレーゾーン
桐野作人
板倉丈浩さん、こんばんは。

顕景か景勝か、ちょうどグレーゾーンにあたっているようですね。

ただ、天正三年の謙信の譲状は景勝が書写したとはいえ、ある程度信じられそうな気もするのですが……。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
天と地と
「天地人」は、小学校生の子供たちと見ているのですが、前回子役から大人に変わった時に、与六→兼続は理解できたようなのですが、喜平次→景勝は追い付いていけなかったようで、「喜平次はどうしたの?」といきなり質問がきました。

そういえば、私も小学校の時に、「天と地と」で虎千代→長尾景虎→上杉政虎→上杉輝虎→上杉謙信が、景虎までしか理解できずに、父に聞いていたのを思い出しました。今回、謙信は、輝虎から始まっているので、ややこしい三郎景虎との違いを説明せずに済みました。(笑) ただ、「殿が何故たくさんいるの?」と聞かれて、謙信と景勝の関係を説明しなければなりませんでした。(アニメの殿様は1人ですから)(笑)

勝軍地蔵、飯縄明神
景勝出陣の際、背景に掛けてあった掛け軸が、「勝軍地蔵」「飯縄明神(だと思う)」であったので、実は一番うれしかったのです。

>常盤貴子
同感です。峠を過ぎてしまったような。頑張ってはいますが。
2009/01/19(Mon) 00:45 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
輝虎(謙信)は確か 前の回では出家はしていなかったはずです。
阿部寛さんの法体姿、私にはどうにも違和感があります。
破戒僧な気がしてならないのですが・・・

常盤さんについてのご意見、私も同感です(笑)
おそらくは姉さん女房な演出なのでしょうが
戦国の女性の強さをああいう形で示すことについても
私には違和感がありますね。

信長のシーンばかり注目してるのですが
あの脇にいた宣教師みたいな人はなんなのでしょうか?
2009/01/19(Mon) 21:46 | URL  | 木暮兼人 #ZNY8LiuE[ 編集]
北条高広
越相同盟がすっとばされたので、上杉景虎の登場が唐突な感じでしたね。


ところで北条高広は、主に上野で活動しているイメージがあったのですが、あんなにしょっちゅう春日山城に来ていたのでしょうか?
2009/01/21(Wed) 00:02 | URL  | 御座候 #-[ 編集]
景勝かも
お世話になってます。こんばんは。
上杉景勝の名乗りですが、「顕景」の終見が永禄13年(元亀元年)2月2日であり、「景勝」の初見が天正3年2月9日です。
天正3年正月に比定されている問題の謙信書状は無年号ですし、ご存じの通り要検討文書でして、もともと天正4年のものとして伝わっていたものです。
(その謙信書状と景勝自筆書状を写真で確認しましたが、確かに「喜平次殿」の筆跡がそっくりでした・・・)

ですので、ご指摘の通り史実からかけ離れた頭の痛い展開でしたが、天正元年頃に景勝と名乗っているのはアリかなという気がしています。
2009/01/21(Wed) 01:22 | URL  | 板倉丈浩 #/2jzPtOA[ 編集]
天と地と
NAO4@吟遊詩人さん、こんばんは。

「天と地と」をご覧になったことがあるんですか。
私もよく見た記憶があります。
あれは石坂浩二と樫山文枝のコンビでしたね。
今年の大河のタイトルは似てますね。


2009/01/24(Sat) 21:10 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
宣教師
木暮兼人さん、こんばんは。

その回、よく覚えていましたが、宣教師が出てましたっけ?
もしそうなら、やはりフロイスでしょうかね。岐阜には何度か行っているようですから。

常盤貴子のキャラ付けは、年上の勝ち気な女性という設定でしょうが、ちょっと裏目に出ている感じでしょうか。

2009/01/24(Sat) 21:16 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
北条高広
御座候さな、、こんばんは。

上杉輝虎が上野を領国化してから、北条高広は上野に所領を与えられて重要な地位にあるようですから、そう簡単に春日山には来れないかもしれませんね。
年始とか重陽の節句あたりは来てるかもしれませんが。


2009/01/24(Sat) 21:23 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
グレーゾーン
板倉丈浩さん、こんばんは。

顕景か景勝か、ちょうどグレーゾーンにあたっているようですね。

ただ、天正三年の謙信の譲状は景勝が書写したとはいえ、ある程度信じられそうな気もするのですが……。
2009/01/24(Sat) 21:26 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 景勝のライバルとなるもう一人の養子・景虎(玉山鉄二)登場。歴史作家の先生方から...
2009/01/19(Mon) 00:20:39 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。