歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「天地人」第5回「信長は鬼か」

ドラマ進行時点は、天正3年(1575)から翌4年。

石田佐吉が登場しましたね。
佐吉くんは永禄3年(1560)生まれで、与六と同い年ですから、ドラマの時点では16歳でしょうか。
羽柴秀吉が浅井長政の旧領を与えられて、長浜城主となったのが天正2年(1574)です。佐吉が仕えたのもその頃でしょうから、与六に「新参者」だと自己紹介するのは正しいですね。


どうも、信長との対面だけでなく、与六と佐吉の初対面の場面もつくるために、与六を上杉方の使者に潜り込ませたのではないかと思われ、ムリしすぎでは。
もちろん、与六はこの時点で信長にも佐吉にも会っているとは思えません。とくに信長とは生涯会っていないはずです。

余計なお世話でしょうが、与六が信長に対面したのは天正3年初めだったでしょうか?
『信長公記』によれば、信長は同年2月27日上洛の途についていますから、岐阜にいたのはそれ以前ですね。

与六が信長と対面した部家には、何やら西洋の文物がたくさんありました。
果たしてどうなんでしょうかね? 
とくに地球儀。信長が入手した時期は不明ですが、もう少しあとのことではないかと思いますが……。

あと、お船の縁組が決まったような感じでした。
夫となる長尾景孝、のちの直江信綱は永禄6年(1563)頃、武田信玄の東上野侵攻により、父長尾顕景とともに越後に亡命しました。縁組の時期は不明のようですが、ドラマ進行時点の頃でも大過ないのかもしれません。

今回、というか、今後もこのドラマを見るたびにげんなりさせられそうなのは「」のインフレですね。
もっとも、後半は「」がドラマにあふれるのでしょうね(トホホ)。
いやはや、薄っぺらい「」のオンパレードには困ったものです。
ドラマでは、景勝や景虎の語る「」と、与六の「」は明らかに違いましたね。まったくそのとおりで、立場によっていくらでも正当化できますからね。

上洛戦に悩む謙信が民に迷惑をかけると殊勝なことをつぶやいていましたが、それまで関東の「民」は謙信の侵攻で散々泣かされましたけどね。あの関東侵攻はどこに「」があったんでしょう?

これだけ「」を多用するのは原作のせいでしょうか(読んでいないので知りません)、それともシナリオ?

あいまいで漠然とした「」には説得力とリアリティが感じられません。それを強調するよりも、もう少し足が地に着いたストーリー展開に出来ませんね。
謙信の上洛戦にしても、天正4年、足利義昭から上洛要請を受けています。将軍義昭を中心とする室町幕府の擁護という「」を掲げたほうが古臭いですけど、まだしも政治的リアリティがあると思うのですけどね。

もっとも、謙信時代は、そのキャラクター設定にあるように、複雑な展開はなるべく排除して、寓話的な英雄伝説に仕立てたい意向が感じられます。
もっとも、謙信没後もその描き方ではもう見たくありませんけどね。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/02/01 22:16】 | 天地人
トラックバック(1) |

管理人のみ閲覧できます
-


遅かりし
橋場
「義」をいうな、って薩摩弁の「議をいうな」にひっかけられたのですね、今頃気付きました(笑)。『島津義久』三刷、おめでとうございます。

おやじな
桐野作人
橋場殿下、こんばんは。

ご推察のとおり、駄ジャレでした。
見つづけるのがつらいと思っている今日このごろです。


議を言うな
御座候
漫画『加治隆介の議』で知りました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/02(Mon) 02:11 |   |  #[ 編集]
遅かりし
「義」をいうな、って薩摩弁の「議をいうな」にひっかけられたのですね、今頃気付きました(笑)。『島津義久』三刷、おめでとうございます。
2009/02/06(Fri) 10:06 | URL  | 橋場 #-[ 編集]
おやじな
橋場殿下、こんばんは。

ご推察のとおり、駄ジャレでした。
見つづけるのがつらいと思っている今日このごろです。
2009/02/06(Fri) 19:02 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
議を言うな
漫画『加治隆介の議』で知りました。
2009/02/07(Sat) 19:56 | URL  | 御座候 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 今回は創作部分の信長と兼続が岐阜で会見する話でしたが、ここで秀吉と三成にも顔合...
2009/02/02(Mon) 07:40:09 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。