歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春4月に京都史跡ツアーをやることになりました。

私が名古屋の栄・中日文化センターで受けもっている講座「本能寺の変を読み解く」の延長で、まとめ的なバスツアーです。同センターの関連会社である中日旅行会の主催です。

【中日文化センター紀行講座】
本能寺の変を読み解く旅(日帰りツアー)
―歴史作家・桐野作人同行―

□出発日:4月23日(木)
□旅行代金:18.800円(中日文化センター会員の方は18.300円)
□最低催行人員:20名
□スケジュール:
 8:30名古屋駅前 =
(名古屋高速・東名阪・新名神・名神)=
 11:00~亀山城跡見学 =
 13:00~14:00大徳寺(昼食:鉄鉢料理) =
 14:30~15:30旧本能寺・新本能寺・二条御所跡(徒歩見学) =
 16:00~16:45小栗栖見学 =
(名神・新名神・東名阪・名古屋高速)=
 19:30頃名古屋駅前


□お問い合わせ・お申込み
 中日旅行会:052-231-0800
サイトはここです(ただし、まだ当ツアーの告知はありません)
営業時間 平日9:30~17:30(日・祝日は休業)

平日早朝に名古屋駅前発ですから、参加条件がかなり厳しいですが、名古屋・東海方面にお住まいで(もちろん、遠方の方もかまいません)、平日おでかけになれる方はご検討下さい。

せっかくおいでいただくので、私も少し趣向を凝らそうかと思っています。
まず、ツアーの実質的な出発点を丹波亀山城に設定しました。もちろん、明智光秀になったつもりで、その行軍ルートを辿っていきます。上のスケジュールには書かれていませんが、老ノ坂、沓掛、桂川、七条口など、いくつかのポイントを下車もしくは車中から見学します。

第二に、見学する史跡ポイントに関連する史料をその場で読んで、当時の状況を偲び、史実をより深く感得してもらえたらと思っております。
たとえば、織田信忠が自害した二条御所では、『信長公記』はもちろんですが、『惟任謀反記』『当代記』『言経卿記』『兼見卿記』『明智軍記』などを読みながら見学し、理解を深めるという具合です。
実際の史跡を前に史料を読むと、さらに印象深くなると思います。

高い料金を払っていただくので、参加された方には得をした、あるいは元を取ったという気持ちになっていただければと考えています。

主催者のサイトにはまだ告知がなされていないようですが、正式に告知されたら、また案内したいと思います。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2009/02/10 01:24】 | 中日文化センター
トラックバック(0) |


大統領
 本能寺の変の真相は明智憲三郎さん(プレジデント社)の『本能寺の変 四二七年目の真実』で決め打ちのようです。桐野さんを質問攻めにしてみては?!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 本能寺の変の真相は明智憲三郎さん(プレジデント社)の『本能寺の変 四二七年目の真実』で決め打ちのようです。桐野さんを質問攻めにしてみては?!
2009/04/22(Wed) 21:29 | URL  | 大統領 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。