歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は島津斉彬生誕200年だそうで、鹿児島でもさまざまなイベントがあるようです。とくに昨年の「篤姫」人気を単年で終わらせないために、養父「斉彬」への期待は大きいそうです。

その一環として地元の商店街団体が斉彬の商品券を発売しました(ここです)。昨年は篤姫だったそうです。

地域活性化のためにはけっこうな催し物だと思いますが、その図案には少し疑問というか注文もありそうですね。
そのサイトの中の履歴2月18日条をクリックしていただくと、図案が見えます。
商品券






問題は上段の斉彬ではなく、下段の人物写真です。
左に西郷と大久保、右下に桐野利秋・大山巌・東郷平八郎かと思います。

まず、昨年の「篤姫」熱を持続したいというのであれば、小松帯刀も入れたほうがよかったのではないでしょうか? 昨年の篤姫の商品券で使われた写真は篤姫だけで、小松は入っていません。重複することはないので、西郷・大久保の横に小松を並べてもよかったのでは?
去年の大河ドラマでせっかく知名度が上がったのに、これでは元のもくあみという気がしますし、何よりもったいないです。若い女性向けには、斉彬よりも小松のほうが適任だと思いますけどね。昨年の熱気の継続という観点からいかがかと思います。

もうひとつは瑣末な点ですが、桐野利秋写真。
これは以前から知られている写真ではありますが、合成写真だと思います。
誰かの軍服姿に桐野の顔を乗せたものでしょう。
桐野の肖像写真は何点かありますし、南洲顕彰館にでも相談すれば、快く貸してくれたのではないかと思いますが。商品券に使う図柄としては不適切かもしれませんね。

以上、気づいた点でした。
私は歴史好きとして気になった点を述べただけで、イベントの成功を祈っております。この点は誤解なきようお願いします。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2009/02/22 09:45】 | 信長
トラックバック(0) |


まいたけ
 小松がでてないのは、下の商品券が、「郷中教育で育った」薩摩の偉人たちの商品券だからかもしれませんね。
 小松は、さすがに郷中教育は受けてないでしょうから。

 

同感です
シラオ
生誕200年をうたいながら、角度で異なる画像が出ます!っていう、技術のみに頼って^^;
画像に、ビジョンコンセプトが欠落しているかと思います。デザイン性というより、作り手の想いの欠如かなと・・・。
偉人を登場させる時に安易な作りはマイナスになる土地柄^^;そんなところを認識すべきかと思います。大久保さんの登場は時代の変化を伺わせますが^^;
すみません・・・同業者だからこそ、気になります。。

郷中教育
桐野作人
まいたけさん、こんにちは。

そうか、「郷中教育」ということであれば、小松は該当しませんね。
もっとも、桐野・大山・東郷が「郷中教育」を代表する典型的な人物かといえば、異論もあるかもしれませんね。
とくに大山・東郷は明治の人という印象がありますし。知名度で選んだということでしょうか。

先祖返り?
桐野作人
シラオさん、こんにちは。

同業者から見たご意見有難うございます。
技術的なことはわかりませんが、何というか、この図案だと、「篤姫」放映前とさほど変わりませんよね。
まあ、去年の放映をビッグ・ウェーブとは思っていないという冷めた認識をお持ちなら、それはそれでひとつの見識だと思いますので尊重しますが。

でも、新聞記事はそんな感じではなく、篤姫から養父斉彬へバトンタッチだとしていますから、明らかに意識しているはずなんですけどね。
「篤姫」の前と後で、ここが違うというのを見せてもらいたかった気がしますが……。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 小松がでてないのは、下の商品券が、「郷中教育で育った」薩摩の偉人たちの商品券だからかもしれませんね。
 小松は、さすがに郷中教育は受けてないでしょうから。

 
2009/02/22(Sun) 10:31 | URL  | まいたけ #-[ 編集]
同感です
生誕200年をうたいながら、角度で異なる画像が出ます!っていう、技術のみに頼って^^;
画像に、ビジョンコンセプトが欠落しているかと思います。デザイン性というより、作り手の想いの欠如かなと・・・。
偉人を登場させる時に安易な作りはマイナスになる土地柄^^;そんなところを認識すべきかと思います。大久保さんの登場は時代の変化を伺わせますが^^;
すみません・・・同業者だからこそ、気になります。。
2009/02/22(Sun) 13:11 | URL  | シラオ #-[ 編集]
郷中教育
まいたけさん、こんにちは。

そうか、「郷中教育」ということであれば、小松は該当しませんね。
もっとも、桐野・大山・東郷が「郷中教育」を代表する典型的な人物かといえば、異論もあるかもしれませんね。
とくに大山・東郷は明治の人という印象がありますし。知名度で選んだということでしょうか。
2009/02/22(Sun) 15:06 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
先祖返り?
シラオさん、こんにちは。

同業者から見たご意見有難うございます。
技術的なことはわかりませんが、何というか、この図案だと、「篤姫」放映前とさほど変わりませんよね。
まあ、去年の放映をビッグ・ウェーブとは思っていないという冷めた認識をお持ちなら、それはそれでひとつの見識だと思いますので尊重しますが。

でも、新聞記事はそんな感じではなく、篤姫から養父斉彬へバトンタッチだとしていますから、明らかに意識しているはずなんですけどね。
「篤姫」の前と後で、ここが違うというのを見せてもらいたかった気がしますが……。
2009/02/22(Sun) 15:11 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。