歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「天地人」第9回「謙信死す」

ドラマ進行時点は天正6年(1578)3月。

相変わらず、感想を書く意欲が湧きません。
何というか、時代考証や史実云々以前に問題があるドラマですね。

今回で謙信が亡くなったわけですが、当然、その跡目をめぐって御館の乱が起きることになります。
そのきっかけやプロセスをいかに描くかが脚本を含む制作者側の腕の見せどころだったわけですが、何というか、これまで「義」を強調しすぎたせいで、自ら墓穴を掘ってしまった感じですね。
本当はタイトルを「墓穴」にしたかったのですが、少し手心を加えました(苦笑)。

故・直江景綱夫人の妙椿尼が謙信の「遺言」なるものを披露し、それが偽りだったことを知らされた兼続。それまでの単細胞の彼なら、この事態に頭の整理ができず、混乱するばかりのはずですが、仙桃院の現実と偽りの狭間に真実があるというわかったような食言になぜか納得してしまいます。
果たして、この展開はこれまでさんざん強調した「義」への裏切りではないのでしょうか。視聴者も違和感を抱かないはずがないと思うのですが……。

結局、安直な「義」の安売りが裏目に出てしまい、ドラマの核となるべき、「義」による景勝政権の樹立に大きな傷がつきました。初動でのこの誤りを今後、どう取り繕っていくのでしょうか。
「義」が「虚義」になってしまっては、兼続には荷が重そうですし、この自己欺瞞は人格崩壊へと帰結しそうですけど、そうはならないのでしょうね、主役ですから。
兼続はともかく、脚本家も大きな負荷を背負ったはずですが、今後の展開をいくさに勝てば結果オーライよ、みたいな安易な筋立てにすると、一気に興醒めですね。せいぜい敗者景虎への追悼と同情でかわすのでしょうか。

何といいますか、今回の史実にもない、妙な設定は単なる勇み足というだけでなく、軌道修正が不可能なほどの致命的な失策だったのではないでしょうか。大げさにいえば、ドラマを展開させるうえでの主題もしくはモチーフの変質であり、その正統性の喪失だといえます。

ドラマの最後で、御館の乱の勃発を告げていました。
しかし、史実では最初に動いて本丸を占拠し、謙信遺蔵の金銀を押さえたのは景勝方です。
ところが、なぜか景虎方になった北条高広と柿崎晴家が先に攻めてきましたね。柿崎は謙信存命中にすでに亡くなっているといわれますし、北条は上州厩橋に詰めているのではないかと思います。もはや、そんな史実との相違も枝葉ですが。

ニセの遺言で家督を我がものにしたのなら、あくまでその計略を徹底すべきで、史実どおり先手を打たないと格好がつきません。今さら先に仕掛けたのは景虎方であって、景勝がいい子になってもしかたがないと思うのですが。

これではただのまぬけでしょう。戦国の生きるか死ぬかのリアリズムが欠落しています。このような胡乱な渦中に置かれた兼続君には同情するばかりですね。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/03/03 00:07】 | 天地人
トラックバック(1) |


木暮兼人
私ごときの者が申し上げてよいものかどうかは
わかりませんが・・・

今年の大河、兼続の人物設定がかなりいい加減な気がします。
後のこの方の立場を考えてしまうと
本当にこれでいいのか、と思ってしまうような
エピソードの羅列による人物の成長振りです

桐野先生がおっしゃるとおり、ここ何話かの話の流れは
「勝てばオーライ」
「結果出したもの勝ち、言ったもの勝ち」
というお話の持って行き方だと感じていましたが
製作者側はそれと「義」との齟齬には気づいていないのではないでしょうか?

画面の兼続も仙桃院に説得された折には
「政治って(義って)そんなものなんだ」という表情で
阿部謙信に義を説かれたときよりも納得しているように感じてしまいました。

兼続の人物設定
桐野作人
木暮兼人さん、こんにちは。

仰せのとおり、兼続の人物設定は懸念されますね。
単純で感情的で泣き虫で……。

こんなんで、徳川家康を迎え撃てるのか、他人事ながら、いまから心配になってきます。

それなのに、「虚義」から始まる景勝政権。
兼続のこれまでのキャラクターとは相反します。その自己合理化のプロセスも描く必要があると思うのですが、きっとスルーでしょうね。

どうせなら、最初から「義」を強調しなければよかったのにと思います。せいぜい、家来と越後の民を食わせることが「義」だとでもいっておけば、関東侵攻でも謀略でも、何でも正当化できると思いますし、そのほうが戦国らしいと思うんですけどね。
脚本どおりなのかどうか知りませんが。


秘密保持
御座候
>故・直江景綱夫人の妙椿尼が謙信の「遺言」なるものを披露し、それが偽りだったことを知らされた兼続。

そもそも、この「秘密」を兼続に知らせる必然性が全く分からないのですが。秘密を知る者をできるだけ限定するというのは機密保持の鉄則であり、兼続にしても教えられたところで何もできず、景勝に対して隠し通さなければいけないという苦悩を背負い込んだだけです。兼続が偶然秘密を知ってしまい、仙桃院が口止めするというのなら、まだ話は分かりますが・・・

機密
桐野作人
御座候さん、こんばんは。

謙信の死から景勝が実権を握るプロセスをどのように描くかは、この番組前半の重要な見どころだったと思いますが、史料云々以前に物語として不自然というか、拙劣さが目立ちましたね。
機密保持についてもたしかにその通りです。
仙桃院と妙椿尼があの世にもっていくべき秘密のはずです。
でも、そうすると、兼続も景勝も女性2人の掌で躍らされたということになり、主役・準主役の立場がないので、兼続だけに洩らしたということにしたのでしょうか。

かといって、そうすると今度は「義」との折り合いがつかなくなるという体たらくになってしまいましたね。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私ごときの者が申し上げてよいものかどうかは
わかりませんが・・・

今年の大河、兼続の人物設定がかなりいい加減な気がします。
後のこの方の立場を考えてしまうと
本当にこれでいいのか、と思ってしまうような
エピソードの羅列による人物の成長振りです

桐野先生がおっしゃるとおり、ここ何話かの話の流れは
「勝てばオーライ」
「結果出したもの勝ち、言ったもの勝ち」
というお話の持って行き方だと感じていましたが
製作者側はそれと「義」との齟齬には気づいていないのではないでしょうか?

画面の兼続も仙桃院に説得された折には
「政治って(義って)そんなものなんだ」という表情で
阿部謙信に義を説かれたときよりも納得しているように感じてしまいました。
2009/03/05(Thu) 09:08 | URL  | 木暮兼人 #-[ 編集]
兼続の人物設定
木暮兼人さん、こんにちは。

仰せのとおり、兼続の人物設定は懸念されますね。
単純で感情的で泣き虫で……。

こんなんで、徳川家康を迎え撃てるのか、他人事ながら、いまから心配になってきます。

それなのに、「虚義」から始まる景勝政権。
兼続のこれまでのキャラクターとは相反します。その自己合理化のプロセスも描く必要があると思うのですが、きっとスルーでしょうね。

どうせなら、最初から「義」を強調しなければよかったのにと思います。せいぜい、家来と越後の民を食わせることが「義」だとでもいっておけば、関東侵攻でも謀略でも、何でも正当化できると思いますし、そのほうが戦国らしいと思うんですけどね。
脚本どおりなのかどうか知りませんが。
2009/03/07(Sat) 09:42 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
秘密保持
>故・直江景綱夫人の妙椿尼が謙信の「遺言」なるものを披露し、それが偽りだったことを知らされた兼続。

そもそも、この「秘密」を兼続に知らせる必然性が全く分からないのですが。秘密を知る者をできるだけ限定するというのは機密保持の鉄則であり、兼続にしても教えられたところで何もできず、景勝に対して隠し通さなければいけないという苦悩を背負い込んだだけです。兼続が偶然秘密を知ってしまい、仙桃院が口止めするというのなら、まだ話は分かりますが・・・
2009/03/12(Thu) 16:36 | URL  | 御座候 #-[ 編集]
機密
御座候さん、こんばんは。

謙信の死から景勝が実権を握るプロセスをどのように描くかは、この番組前半の重要な見どころだったと思いますが、史料云々以前に物語として不自然というか、拙劣さが目立ちましたね。
機密保持についてもたしかにその通りです。
仙桃院と妙椿尼があの世にもっていくべき秘密のはずです。
でも、そうすると、兼続も景勝も女性2人の掌で躍らされたということになり、主役・準主役の立場がないので、兼続だけに洩らしたということにしたのでしょうか。

かといって、そうすると今度は「義」との折り合いがつかなくなるという体たらくになってしまいましたね。


2009/03/15(Sun) 01:42 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 日曜というのに出張校正があり、午前様で帰ってきてから録画をみました。  今回で...
2009/03/03(Tue) 03:07:54 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。