歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳之島レポートのつづきです。

5月2日午前中、講演・シンポジウムの前に伊仙町の史跡めぐりをしました。

徳之島には、天城・徳之島・伊仙という3つの自治体(いずれも町)があります。
伊仙町は島の南端にある町で、闘牛と選挙で燃える町としても有名です。
それとは別に、いろいろな時代の史跡もありますので、訪れてみたいと思っていました。

徳之島町の中心街である亀津の町から南に海岸沿いに行きました。
まず、伊仙町の歴史民俗資料館に行き、戦艦大和関係とカムィヤキ関係の展示を見学。

近くの伊仙小学校に巨大なガジュマルの樹があるというので、立ち寄りました。
それは校庭の真ん中に鎮座ましましています。
横に広がっていて、大きな日陰になっています。
夏の暑い太陽から子どもたちを守ってくれそうです。
「この木何の木~」という某電機メーカーの歌が思わず口をついて出ました。
ガジュマル2
ガジュマル1







本道から右折して山道に入る。
カムィヤキ遺跡は近年、国指定史跡にもなりました。
平安時代末から鎌倉時代にかけて400年ほど続いた陶器窯跡です。
名称は「亀焼」を地元の言葉で発音したものです。
25年ほど前、工事中に偶然発見されました。
ヒラスク山の山腹にたくさんの窯跡があり、発掘済みです。
山一帯に繁茂しているリュウキュウマツの火力が強くて、窯の燃料になりました。
リュウキュウマツの群落ごとに窯があったようです。

山道を登っていく。途中、道の両側はサトウキビ畑で刈り入れが終わって、次の植え付け前だった。キビの根株などを焼いたあとが、いかにも焼畑のように見えます。
焼畑




すると、途中にかつてギネスブックにも登録された長寿世界一の泉重千代さんの銅像があってびっくり。
銅像の奧に窯跡がありました。あとで資料館でいただいた資料で確かめると、阿三亀焼支群に属する窯跡でした。
丘陵の山腹に横穴を掘って、登り窯を築いたのでしょう。
重千代
カムィヤキ





カムィヤキは南九州から奄美、沖縄、先島諸島まで広く分布しています。
琉球王朝(尚氏王統)に先行する広域文化圏。中世初期に、徳之島を中心として南九州から西南諸島一帯で交易が盛んだったことを物語っています。朝鮮半島や大陸とも関係があったようです。
資料館でカムィヤキの実物を見ましたが、須恵器にそっくりで、朝鮮の影響も見られるということです。

その後、本道に戻り、鹿浦小学校に行く。
地図で見たら、その傍らに奉安殿があると記されていたからである。
奉安殿といっても、若い人はわからないでしょうが(私も戦後生まれですから知りません)、戦前・戦中、教育勅語とともに皇民化教育を推進する有力な手段となった。現在はほとんど残っていないといわれている。
建物の中に御真影(天皇・皇后の写真)が納めてあり、児童生徒は朝礼など機会あるごとに拝礼させられた。
奄美の加計呂麻島にも残っていると聞いていたが、実物は見られなかった。
ここで初めて見た。堅牢なコンクリート製である。
側面に穴が空いている。どうも戦争中、米軍機の機銃掃射の痕跡らしい。
天皇制国家から決して恩恵を受けたとは言い難い奄美諸島に奉安殿が残っているのも、歴史の皮肉かもしれない。ともあれ、歴史遺産として残していく意義はあると思う。
奉安殿






空港方面に向かう本道から海岸沿いの脇道に入る。
その先に犬田布岬(いぬたぶ~)があるが、その途中に犬田布一揆の石碑があるのを知っていたので、立ち寄りました。
幕末に起きた百姓一揆です。薩摩藩領での数少ない百姓一揆。もっと知られてよいですね。詳しくはここを参照して下さい。
この日の午後のシンポジウムで、原口泉氏が「犬田布騒動」ではなく、島民は誇りをもって「犬田布一揆」と呼んではどうかという趣旨のコメントがあった。
たしかに「~騒動」ではよそ事のようで主体性も感じられませんから、「~一揆」と明確に定義したほうがいいという気がします。
犬田布一揆






そして犬田布岬には戦艦大和の慰霊塔が立っています。
大和のマストをかたどったものとか。
大和は徳之島沖というより、その北方海域(坊ノ岬沖とも)で沈没しました。
毎年4月、ここで慰霊祭が開かれているようです。
この日訪れた史跡で、もっとも観光客らしき人が多かったです。
岬の横に大きな断崖があります。
名前がわからないのですが、ミヤトバル海岸というのはこれのことか?
宮古島にある有名なムイガーの断崖にそっくりです。
岬は芝が植わっていて歩きやすい。
ちらほらと盛りを過ぎかけているエラブユリが咲いていました。
大和慰霊塔
ミヤトバル海岸
エラブユリ






闘牛大会も書こうかと思いましたが、けっこうな分量になったのと、翌日のイベントだったので、次回まわしにします。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2009/05/08 21:09】 | 雑記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。