歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河「風林火山」の2回目。

今回は史実と離れた勘助の若い頃の話だったので、とくに触れるべき点はない。ただ、フィクション部分ながら、史実とのかみ合わせを考慮するなど、かなりよく出来ているように思えた。
勝千代こと晴信の大名御曹子としての苦悩と、勘助の社会底辺での動きという、上下の二元構造的な構成が巧みで、両者の交錯する日がいつか待ち遠しい気にさせる。

勝千代が元服したとたん、子役から市川亀治郎に変わった。以前、義経でも用いられた手法だ。

元服について、天文五年(1536)、16歳になった勝千代が将軍義晴の一字を拝領して晴信と名乗り、叙爵して大膳大夫の官途を名乗ったというナレーションがあった。

念のため、偏諱・叙爵(従五位下の叙位)・官途名についての依拠史料を調べてみた。

【偏諱】
『高白斎記』「三月武田晴信公元服、十六歳、義晴ノ諱ノ晴ノ字ヲ賜フ」
足利将軍を「義晴」と呼び捨てだが、12代将軍義晴からの一字拝領は確認できる。なお、通称(仮名)は太郎を名乗った。

義晴の偏諱のうち、「義」の一字をもらった大名は、当て推量だが、大内義隆、大友義鎮、今川義元などはそうではないかと思う。「晴」は武田晴信のほか、細川晴元、伊達晴宗、長尾晴景(謙信の兄)、尼子晴久もそうかな。公家だと、関白二条晴良、今出川晴季、勧修寺晴右・晴豊父子などがいる。
もっとも、勧修寺晴右・晴豊は「はれみぎ」「はれとよ」と読むとされる。以前からの疑問なのだが、偏諱の場合、訓読まで含めて拝領するのではないのかな? 義晴は「よしはれ」と読むのかどうか。もしそうなら、「晴信」も「はれのぶ」か?

【叙爵】
『歴名土代』「[甲州武田信虎子]源晴信。同五正十七」(天文五年正月十七日)
五位に叙することをいう。晴信の官位文書が現存していないが、四位・五位の叙位人を収録した『歴名土代』(りゃくみょうどだい)に記載があるので間違いない。
晴信が叙爵した天文五年九月、従三位参議の正親町公叙(おおぎまち・きんのぶ)が甲斐から帰京している。これは晴信の叙爵の口宣案を持参して下向したものだろう。口宣案の日付はおそらく正月十七日で、三月の元服式に間に合うように持参したのだろう。

【官途名】
『甲陽軍鑑』「駿河今川義元公御肝入にて、勝千世殿十六歳の三月吉日に御元服ありて、信濃守・大膳大夫晴信と、忝も禁中より勅使として転法輪三条殿甲府へ下向し給ふ」
信濃守と大膳大夫を同時に名乗るということはふつうありえない。信濃守は後年の官途で、おそらく信州領有をめぐって上杉謙信との対抗上名乗ったのではないかと思われる。
なお、柴辻俊六氏は天文五年の元服のときは左京大夫、同十年六月、父信虎を追放して家督を継いだとき、従四位下大膳大夫に叙任したとしている(『戦国大名辞典』)。もっとも、同氏は最新刊の『信玄の戦略』(中公新書)では、天文五年の元服のときに従五位下大膳大夫に任ぜられたとも書いており、食い違う。
そもそも、左京大夫や大膳大夫の官途名乗り初めの典拠は何なのだろうか。
スポンサーサイト

【2007/01/15 00:27】 | 風林火山
トラックバック(1) |


あほやん
はじめまして、歴史系大学院生をしております、あほやんと申しますm(_ _)m

以前といっても、そんなに前ではないですが「関白二条晴良」をテーマに若干報告したことがあります。
そのときには、てきとうに「はるよし」だか「はれよし」だかと読んでおりました。たしか『国史大辞典』は「はれよし」と読んでいたような気がします。

二条家は足利家と、なにかと関係深そうですね。

晴良のよみ
桐野
あほやんさん、初めまして。

関白二条晴良について報告されたのですか。もしかして、元亀元年の江濃越一和についてでしょうか。そういえば、最近、東京の○○○研究会で報告がありましたね(笑)。私は所用で出席できず残念でした。

二条晴良、「はれよし」だったのを思い出しました。
『国史大辞典』にもそう書かれていました。
将軍義晴からの一字拝領は確実だと思われますので、義晴も「よしはれ」と読んだ可能性があるのではないでしょうか? 何か史料がありそうですけど。

足利家は同じ摂関家でも近衛家との縁が深いですが、将軍義昭の代では、近衛前久とは不仲ですね。
そういえば、晴良の子、昭実は義昭からの数少ない一字拝領でしたね。昭実は義昭の追放後も実名を変更していませんので、それなりに足利家との縁を大事にしていたのかもしれかせん。


はじめまして
sanraku2
ご挨拶が遅れました。『日本史日誌』のsanraku2と申します。以後どうぞよろしくお願いします。

こちらこそ
桐野
sanraku2さん

わざわざのご挨拶痛み入ります。
こちらこそよろしくお願いします。
そちらのブログでもかなり詳しい考証をされておられる様子。時々のぞかせてもらいます。
今年の大河はいろいろ楽しみですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、歴史系大学院生をしております、あほやんと申しますm(_ _)m

以前といっても、そんなに前ではないですが「関白二条晴良」をテーマに若干報告したことがあります。
そのときには、てきとうに「はるよし」だか「はれよし」だかと読んでおりました。たしか『国史大辞典』は「はれよし」と読んでいたような気がします。

二条家は足利家と、なにかと関係深そうですね。
2007/01/16(Tue) 00:31 | URL  | あほやん #-[ 編集]
晴良のよみ
あほやんさん、初めまして。

関白二条晴良について報告されたのですか。もしかして、元亀元年の江濃越一和についてでしょうか。そういえば、最近、東京の○○○研究会で報告がありましたね(笑)。私は所用で出席できず残念でした。

二条晴良、「はれよし」だったのを思い出しました。
『国史大辞典』にもそう書かれていました。
将軍義晴からの一字拝領は確実だと思われますので、義晴も「よしはれ」と読んだ可能性があるのではないでしょうか? 何か史料がありそうですけど。

足利家は同じ摂関家でも近衛家との縁が深いですが、将軍義昭の代では、近衛前久とは不仲ですね。
そういえば、晴良の子、昭実は義昭からの数少ない一字拝領でしたね。昭実は義昭の追放後も実名を変更していませんので、それなりに足利家との縁を大事にしていたのかもしれかせん。
2007/01/16(Tue) 02:05 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
はじめまして
ご挨拶が遅れました。『日本史日誌』のsanraku2と申します。以後どうぞよろしくお願いします。
2007/01/16(Tue) 23:51 | URL  | sanraku2 #z7TqjuIk[ 編集]
こちらこそ
sanraku2さん

わざわざのご挨拶痛み入ります。
こちらこそよろしくお願いします。
そちらのブログでもかなり詳しい考証をされておられる様子。時々のぞかせてもらいます。
今年の大河はいろいろ楽しみですね。
2007/01/17(Wed) 14:41 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は勘助が故郷を離れ、甲斐へ向かうまでの経緯のお話。ほぼ大河オリジナルの創作ストーリーだと思われます。 山本勘助の出自 正直なところ、面倒であまり首を突っ込みたくないところなのですが、今回はほとんどがこれに関するお話でしたので、軽くまとめておくことにし
2007/01/16(Tue) 00:00:55 |  日本史日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。