歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
京都から帰ってきたら、通知が送られていた。

拙著『島津義久』(PHP文庫)がまた重版になるらしい。これで四刷である。
前回の重版は今年の2月だから、わずか4カ月しかたっていない。
刊行してから4年もたつ本にしては、増刷のペースが速いのではないか。

ふつう、本は時間が経過するたびに賞味期限が切れていくものだが、この拙著に限ってはそうでもないらしい。4年たっても、読者の関心が衰えていないのは、著者にとっては意外だけど、同時にまことに喜ばしい。

とくに販促につとめたわけではないのに、なぜ重版ペースが上がったのか、その原因がわからない。
版元が書店に依頼する常備品目(売れ筋本のセット販売)に加えてくれたとか、いろんなブックフェアで取り扱ってくれたとか、版元の努力に負うところが大きいかもしれない。

あるいは、最近、戦国武将ブーム。比較的地味な武将にも光りが当たっているから、そのせいか?

なお、拙著の詳細はこちらです。
中古商品が定価に近いことは喜ばしい。以前、1円という拙著を見つけて悲しくなったことがあったから。
それと、たくさんのカスタマーレビューが付いているのもうれしい。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2009/06/12 09:27】 | 雑記
トラックバック(0) |

おめでとうございます!
まなべすと
増刷、おめでとうございます!(^^)。
先生の書の内容も素晴らしい事が勿論第一でしょうが、
それに加えて「BASARA」ブームも後押ししているのかも
しれないですね(私は未見ですが、深夜アニメでやっていて、
島津義久も登場したらしいとのことです)。今後も増刷が
重なりますようにお祈り申し上げます。
先生が本書の後書きで、
「今後は忠恒(DQN家久)からの視点でも書いてみたい」と
ありましたのを、義久ファンの私としては、おっかなビックリ
期待しております。忠恒サイドからすれば、不器量な姉さん女房を押し付けるわ,好きにやらせてくれないわで、義久はかなり煙たいおじさんなんでしょうね(^^;;;;;)

有難うございます
桐野
まなべすとさん、こんばんは。

わざわざのお言葉、有難うございます。
そうですか、「BASARA」の影響ですか。
私はゲームに疎いもので、さっぱりわかりませんでした。

>「今後は忠恒(DQN家久)からの視点でも書いてみたい」

私は「DQN家久」とは書いていないので念のため。
むしろ、義弘=惟新の視点からといったほうがいいかもしれませんね。そのほうが売れ筋でしょう(笑)。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます!
増刷、おめでとうございます!(^^)。
先生の書の内容も素晴らしい事が勿論第一でしょうが、
それに加えて「BASARA」ブームも後押ししているのかも
しれないですね(私は未見ですが、深夜アニメでやっていて、
島津義久も登場したらしいとのことです)。今後も増刷が
重なりますようにお祈り申し上げます。
先生が本書の後書きで、
「今後は忠恒(DQN家久)からの視点でも書いてみたい」と
ありましたのを、義久ファンの私としては、おっかなビックリ
期待しております。忠恒サイドからすれば、不器量な姉さん女房を押し付けるわ,好きにやらせてくれないわで、義久はかなり煙たいおじさんなんでしょうね(^^;;;;;)
2009/07/05(Sun) 17:44 | URL  | まなべすと #-[ 編集]
有難うございます
まなべすとさん、こんばんは。

わざわざのお言葉、有難うございます。
そうですか、「BASARA」の影響ですか。
私はゲームに疎いもので、さっぱりわかりませんでした。

>「今後は忠恒(DQN家久)からの視点でも書いてみたい」

私は「DQN家久」とは書いていないので念のため。
むしろ、義弘=惟新の視点からといったほうがいいかもしれませんね。そのほうが売れ筋でしょう(笑)。
2009/07/05(Sun) 23:42 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック