歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、京都で血天井を見学したことを書いた。ここです。

見学したのは養源院と源光庵の2つだけだったが、じつは京都近辺に血天井は5カ所もあるらしい。

それはさておき、寺院側から「これが鳥居元忠が自害した場所。腕がここ、足がここ」などと、かなり生々しく説明してもらったのだが、違和感が拭いきれなかった。疑問を感じたのは、

まず、誰がどこでどんな形で自害したかなど特定できるはずがないだろうということ。
次いで、5カ寺に使われるほど、よく床板が大量に残っていたなということ。

本日、調べ物をしていて、石田三成が真田昌幸・信繁父子に上方情勢を知らせた書状を読んだ。日付は8月5日だから、伏見落城から数日後である。そのなかに次の一節があった。

「(伏見)城中御殿、此間雑人原(輩)踏み荒し候間、悉く(ことごとく)火を掛け、一宇も残さず、焼き払い候事」

ひとつの建物も残さず、城中の御殿を全部焼き払ったと、三成は書いている。
鳥居たちはどこで自害したんだろうか? 常識的には本丸御殿だろう。
どうも血天井が残る余地はないように思うのだが……。

何かご存じの方がおいでなら、ご教示下さい。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/06/20 00:46】 | 戦国織豊
トラックバック(0) |

血天井がいっぱい
ばんない
こんにちは。

ちょっと気になって調べてみたのですが、今まで「血天井=伏見城の残骸」とばかり思いこんでいたのですが、実はそうじゃないことがネットの検索で分かりました。たぶんネットに載ってない血天井もあるんじゃないかと思います。
奈良の長岳寺には松永久秀に関連した血天井があるそうです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~toukondankon/b-toukonn.html
岐阜城の血天井もあるようです。いろいろ伝承内容につっこみたいですが(苦笑)
http://www.uoo.ne.jp/archives/2008/12/post_234.html
また、既に桐野さんはご存じと思いますが、安土城の血天井もあるそうです。
http://www.oumi-castle.net/aduti/doq/titenjyou.html

胡散臭さも含めて(苦笑)、こういうものが誕生する思想的背景があったように思われますが…すべて戦国時代末期の出来事に関係しているのも気になります。ざっと調べた限りでは源平合戦とか南北朝関係とか幕末の血天井はないようですね。

血天井の「血痕」は人間の血液?
頓馬な鮟鱇
はじめまして。

興味深い話題なので自分のブログのネタにさせていただきました。正伝寺の血天井は古畑種基という学者の鑑定により人間の血液だと証明されたのだそうです(それでも疑問が残りますけど)。
http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20090814/1250249956

あと、ネットで検索したところでは、伏見城遺構の血天井は「養源院」「正伝寺」「源光庵」「宝泉院」「興聖寺」の5ヵ寺の他に「栄春寺」「妙心寺天球院」「神応寺」にも伝えられているそうです。

はじめまして
桐野
頓馬な鮟鱇さん、はじめまして。

方広寺鐘銘にちなんだハンドルには思わず笑ってしまいました。

血天井の情報有難うございます。
どれも同工異曲の伝承でしょうが、ああいう形での供養は興味深いですし、背景にどんな精神世界があるのか気になりますね。
また何かあったら教えて下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
血天井がいっぱい
こんにちは。

ちょっと気になって調べてみたのですが、今まで「血天井=伏見城の残骸」とばかり思いこんでいたのですが、実はそうじゃないことがネットの検索で分かりました。たぶんネットに載ってない血天井もあるんじゃないかと思います。
奈良の長岳寺には松永久秀に関連した血天井があるそうです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~toukondankon/b-toukonn.html
岐阜城の血天井もあるようです。いろいろ伝承内容につっこみたいですが(苦笑)
http://www.uoo.ne.jp/archives/2008/12/post_234.html
また、既に桐野さんはご存じと思いますが、安土城の血天井もあるそうです。
http://www.oumi-castle.net/aduti/doq/titenjyou.html

胡散臭さも含めて(苦笑)、こういうものが誕生する思想的背景があったように思われますが…すべて戦国時代末期の出来事に関係しているのも気になります。ざっと調べた限りでは源平合戦とか南北朝関係とか幕末の血天井はないようですね。
2009/06/26(Fri) 18:26 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
血天井の「血痕」は人間の血液?
はじめまして。

興味深い話題なので自分のブログのネタにさせていただきました。正伝寺の血天井は古畑種基という学者の鑑定により人間の血液だと証明されたのだそうです(それでも疑問が残りますけど)。
http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20090814/1250249956

あと、ネットで検索したところでは、伏見城遺構の血天井は「養源院」「正伝寺」「源光庵」「宝泉院」「興聖寺」の5ヵ寺の他に「栄春寺」「妙心寺天球院」「神応寺」にも伝えられているそうです。
2009/08/21(Fri) 19:39 | URL  | 頓馬な鮟鱇 #-[ 編集]
はじめまして
頓馬な鮟鱇さん、はじめまして。

方広寺鐘銘にちなんだハンドルには思わず笑ってしまいました。

血天井の情報有難うございます。
どれも同工異曲の伝承でしょうが、ああいう形での供養は興味深いですし、背景にどんな精神世界があるのか気になりますね。
また何かあったら教えて下さい。
2009/08/22(Sat) 23:26 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。