歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
昨日、小学館「てらこや」講座出講のため、レジュメ作りであたふたとしていたが、今日もまた同じ光景がくり広げられた。
明日、名古屋の栄・中日文化センターの講座「信長公記を読み解く」のレジュメを作るのに、バタバタしてしまった。

今回が2回目。織田信秀の死や斎藤道三との出会いあたりをやることになっている。でも、史料で不明な点が多く、思いのほか時間がとられてしまう。相変わらずの自転車操業である。もしインフルエンザにでもかかったら、大変だなあという思いが頭をかすめる。

別件で講演のお話を2ついただく。
有難いことである。
ひとつは鹿児島、もうひとつは滋賀である。
鹿児島は島津氏の奄美・琉球侵攻のことで。
滋賀は先日、木之本町の講演に来られたのか、また同様のテーマでやってほしいとのこと。会場は草津のほうです。どうやら、これが今年の大河関連の最後の仕事になるか……。
詳細はまた追ってお知らせします。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/08/26 22:39】 | 雑記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック