歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17日(木)
午後から外出。
神田の某出版社で、企画の打ち合わせ。
最初聞いていた話と少し違っていて、戸惑う。

同社で古い友人(アウトドアライター)と久しぶりに再会。
彼とアウトドア関係で、沖縄や西表島に行ったことが懐かしかった。

帰路、電車の中で携帯が鳴る。
あわてて降りる。
取材の申し出。
現在の政局に合わせたタイムリーな歴史企画だったので受けることにした。

夕刊を開いて、これまた懐かしい人の訃報を知る。
表題の人だが、旧ソ連邦の元首相ではありません。

新宿のゴールデン街で知らぬ人はいないギターの流しのおじさんです。
流し歴、じつに60年。
享年82歳だったとか。

あれは、バブル全盛期の頃だった。
私もまだ若かった。
ゴールデン街で飲んでいると、ふらりとギター抱えたマレンコフ氏がやってくる。
すると、それまで口角泡を飛ばしていた連中が急になごんで、合唱、斉唱と相成る。
戦前の歌謡曲から軍歌、東映仁侠映画の主題歌、果ては革命歌やロシア民謡まで、知らぬ曲はひとつとしてないという人で、どんなリクエストにもこたえて、ギターを弾いてくれたものだ。
訃報記事を読んだら、レパートリーは3000曲だったそうな。
私もその頃、旧ソ満国境まで旅したせいか、「国境の町」とか唄ったものです。

議論が口論になり、最後は喧嘩となる。
狭いスペースでの殴り合いの果て、階段から転げ落ちる人もいたっけ。

あの頃は終電のあと、新宿ではタクシーがなかなか拾えなかった。
ものすごい行列だった。
よほど景気がよかったんだろうな。
こちとらも諦めて、始発待ちで店に戻ってまた飲んだものだ。
もうそんな元気はとてもありません。

今晩あたり、歌舞伎町の一角ではマレンコフを偲んで、多くの酔客が唄っていることでしょう。

合掌

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2009/09/18 00:21】 | 日次記
トラックバック(0) |

こんばんは。
NANTEI
初めまして。

突然でご無礼します。

私は今度、私が体験した60年代新宿のことを、
ブログに投稿しようと思っている者ですが、
残念ながらマレンコフさんのことを知らずに、
おりました。
以前書いた新宿に関する記事にある方から、
マレンコフさんの存在をお聞きして、
いろいろ検索しましたが、
桐野さまの記事にいたく感銘を受けたものです。

よろしければ、拙ブログの中で取り上げさせていただくこと、切に願うものです。

まだ下書き中なのですが、マレンコフさんのところで苦悩しております。

取り急ぎで申し訳ありませんが、もし事後になるようなことになりましたら、ひらにご容赦くださいますようお願いいたします。

コメント拝見
桐野
NANTEIさん

マレンコフ氏の古い記事、お目にとまったようで。

引用する分にはかまいません。
ただし、出典を以下のように付して下さい。

桐野作人ブログ「膏肓記」 2009年9月18日付

以上よろしく。


こんにちは。
NANTEI
さっそく快諾してくださり、

心からお礼申しあげます。

おっしゃるように、記載いたします。

明日23日に、ブログ「南亭雑記」で発表しますので、
ご面倒でなければ覗いてやってください。

ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
初めまして。

突然でご無礼します。

私は今度、私が体験した60年代新宿のことを、
ブログに投稿しようと思っている者ですが、
残念ながらマレンコフさんのことを知らずに、
おりました。
以前書いた新宿に関する記事にある方から、
マレンコフさんの存在をお聞きして、
いろいろ検索しましたが、
桐野さまの記事にいたく感銘を受けたものです。

よろしければ、拙ブログの中で取り上げさせていただくこと、切に願うものです。

まだ下書き中なのですが、マレンコフさんのところで苦悩しております。

取り急ぎで申し訳ありませんが、もし事後になるようなことになりましたら、ひらにご容赦くださいますようお願いいたします。
2014/09/20(Sat) 22:52 | URL  | NANTEI #8g7ZE2Jk[ 編集]
コメント拝見
NANTEIさん

マレンコフ氏の古い記事、お目にとまったようで。

引用する分にはかまいません。
ただし、出典を以下のように付して下さい。

桐野作人ブログ「膏肓記」 2009年9月18日付

以上よろしく。
2014/09/21(Sun) 23:27 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんにちは。
さっそく快諾してくださり、

心からお礼申しあげます。

おっしゃるように、記載いたします。

明日23日に、ブログ「南亭雑記」で発表しますので、
ご面倒でなければ覗いてやってください。

ありがとうございました。
2014/09/22(Mon) 11:30 | URL  | NANTEI #8g7ZE2Jk[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。