歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜、空路帰京しました。
鹿児島に二泊三日の滞在でした。

今回の最大の目的は、このイベントへの参加です(ここです)。

基調報告という、分不相応の大任を果たさねばならなかったが、あとで何人かの参加者からの感想を聞いたら、おおむねわかりやすかったという評価をいただいた。
薩摩側、島津側からの視点での話でいいのかと、内心思っていただけに安堵した次第。
また、主催者の予想を上回る参加者があったようで、会場はぎっしり満員だった。

前夜祭や当日イベント終了後の懇親会、三次会まで付き合い、最近としては珍しく、したたかに焼酎を飲みすぎた。

今回も友人の調所一郎氏(広郷七代目子孫)とご一緒した。あちこち付き合っていただき、大変有難かった。

限られた時間だったが、史跡見学もできたので、おいおい報告します。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/10/04 22:56】 | 雑記
トラックバック(0) |


みらん
桐野さん、こんにちは☆ご無沙汰してます。
2chのニュース速報板をロムってたら、昨日のイベの記事のスレが出来てて、
ほ~う、イベとはこのことだったのかと思いました(^O^)。
滞在中に桜島も噴火したのでは?

最近は華流・韓流から引き上げ、龍馬シフトに戻りつつあります(笑)。


龍馬
桐野
みらん隊長、こんにちは。

わざわざチェックされたのですね。
まあ、そういう会でした。

私はまだ韓流はそれなりに観ていますよ。

龍馬といえば、発売中の別冊歴史読本「坂本龍馬伝」に、私も「龍馬の三大焦点」という記事でかなりまとまって書いています。
よかったら、ご覧下さい。


お帰りなさい
寛永寺幼卒人
御無沙汰を致して居ります相変わらずのお出掛けにお体をお大事に~ 肝臓にご注意の事!是非充分な休養日を作って下さい   週刊朝日を読ませて頂ました11月の鹿児島へのご予定は有りませんか?今年も10日間を予定してます折角の命を使って後悔の無い時間を持ちたいのです主人と長男の法事も済ませて今は安堵して居ます腰は益々弱って来ましたが老犬のオスカーはお医者に預けて出掛けます 10日間は使えないかも知れませんがとても止められませんので二人で車で出掛けます城山からの眺めは忘れられません 桐野さんのご活躍を祈ります


お気をつけて
桐野
寛永寺幼卒人さん、こんにちは。

来月にまた鹿児島に行かれるんですね。
どうかお気をつけておいで下さい。
オスカーくんは寂しいかもしれませんね。

桜島の眺めは、鹿児島市の西の高台にある長島美術館が隠れた穴場です。余裕がありましたら、おでかけ下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野さん、こんにちは☆ご無沙汰してます。
2chのニュース速報板をロムってたら、昨日のイベの記事のスレが出来てて、
ほ~う、イベとはこのことだったのかと思いました(^O^)。
滞在中に桜島も噴火したのでは?

最近は華流・韓流から引き上げ、龍馬シフトに戻りつつあります(笑)。
2009/10/05(Mon) 10:49 | URL  | みらん #-[ 編集]
龍馬
みらん隊長、こんにちは。

わざわざチェックされたのですね。
まあ、そういう会でした。

私はまだ韓流はそれなりに観ていますよ。

龍馬といえば、発売中の別冊歴史読本「坂本龍馬伝」に、私も「龍馬の三大焦点」という記事でかなりまとまって書いています。
よかったら、ご覧下さい。
2009/10/05(Mon) 21:32 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
お帰りなさい
御無沙汰を致して居ります相変わらずのお出掛けにお体をお大事に~ 肝臓にご注意の事!是非充分な休養日を作って下さい   週刊朝日を読ませて頂ました11月の鹿児島へのご予定は有りませんか?今年も10日間を予定してます折角の命を使って後悔の無い時間を持ちたいのです主人と長男の法事も済ませて今は安堵して居ます腰は益々弱って来ましたが老犬のオスカーはお医者に預けて出掛けます 10日間は使えないかも知れませんがとても止められませんので二人で車で出掛けます城山からの眺めは忘れられません 桐野さんのご活躍を祈ります
2009/10/06(Tue) 21:54 | URL  | 寛永寺幼卒人 #-[ 編集]
お気をつけて
寛永寺幼卒人さん、こんにちは。

来月にまた鹿児島に行かれるんですね。
どうかお気をつけておいで下さい。
オスカーくんは寂しいかもしれませんね。

桜島の眺めは、鹿児島市の西の高台にある長島美術館が隠れた穴場です。余裕がありましたら、おでかけ下さい。
2009/10/07(Wed) 08:31 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。