歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第126回
―不仲より親密さ目立つ―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回も関ヶ原シリーズで、石田三成について書きました。
三成と島津家は不仲だったという通説がありますが、どうもそうではないと前々から書いたことがあります。
今回もその線に沿っていますが、とくに三成が島津勢を単騎迎えに来た一件を強調しました。

あと、大垣城の軍議で、島津豊久の建議を島佐近が拒絶するというおなじみの場面がありますけど、今回は紙数の関係で割愛せざるをえませんでした。あれも嘘くさい話です。

次回も関ヶ原シリーズで、井伊直政を書く予定です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/10/28 08:50】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。