歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
風邪気味で体調がいちまちですが、頑張っております。
外出の際はマスクが手放せなくなりました。

このところ、新刊をご恵贈いただきましたので、御礼を兼ねてご紹介します。

柴辻俊六『信玄と謙信』 高志書院、2009年11月刊

高志書院選書の3点目です。
まだ見本段階でいただいたようで、版元のサイト(ここです)には案内が掲載されていません。数日のうちに書店に並ぶと思いますので、その頃にはサイトにも紹介があるでしょう。

柴辻氏はいうまでもなく、武田氏や真田氏研究の大家です。
いつも、著書や論文などをお送りいただき、有難い限りです。
まだ少ししか読んでおりませんが、信玄の西上作戦について、個人的な関心から「第6章 西上作戦の挫折」を読んでみました。
元亀2年(1571)春に、信玄の遠江・三河侵攻があったのかどうかについて、近年、否定的な説がいくつか出されています。柴辻氏は通説どおり、同年の侵攻はあったという従来のお立場のようです。
その根拠のひとつとなっている松永久秀家来の岡周防守宛て信玄書状ですが、その年次が同年でいいのかどうか、再検討の余地はないのかなとも感じました。
個人的には同年段階では、信長と将軍義昭の関係はまだ比較的良好ではないかと思われますが……。

また信玄の侵攻が「上洛」か「局地戦」かという論点もまだ決着がつきそうもありません。柴辻氏は従来どおり、上洛説のお立場のようです。
最近では、二者択一で割りきれないのではないかという説も出てきています。
まだまだこの論争は決着がつかないのでしょうね。

もう1点、彦根の出版社、サンライズ出版の編集者Yさんから、

豊島昭彦『井伊直弼と黒船物語―幕末・黎明の光芒を歩く―』 サンライズ出版、2009年10月刊

をいただきました。
同社は私のブログでのリンク先でもありますが、本書の案内はここにあります。
Yさんとは、先日、滋賀の木之本で関ヶ原合戦の講演をしたとき、佐和山城の発掘調査報告会で知り合いました。

井伊直弼はいうまでもなくご当地、彦根の人ですね。
近年、直弼の再評価の動きがありますが、本書は直弼ゆかりの史跡を丹念に歩いて調べた歴史紀行になっています。
とくに写真が豊富で、見ていて楽しいです。個人的には、村山たかの史跡写真が初めて見るものばかりで興味深かったです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/11/07 21:28】 | 新刊
トラックバック(0) |


中の人
>サンライズ出版
ご存知かもしれませんが、最近、
「安土城 信長の城と城下町」
というのも、出されてますね。


安土城 信長の城と城下町
桐野
中の人さん、こんばんは。

その本もあればいいですね。
ご紹介有難うございます。

三成さんと直弼さん
Y
桐野先生、『三成伝説』に引き続き、ありがとうございます。
方や西軍武将、方や東軍武将の末裔ですが、
ともに時代の転換期に己の道を歩んだ末に斬首されるなど
共通点も多く、なんだか不思議な縁を感じています。
 
横レスすみません。中の人さんご紹介の本は
正しくは『安土 信長の城と城下町』ですが、
中の人さん、ありがとうございます。

直政と直弼
桐野
Yさん、こんにちは。

彦根の有名人では、個人的に薩摩との縁を感じる2人がいます。
直政と直弼で、ともに薩摩人により落命していますね。
これも不思議な縁かと。

で、『安土 信長の城と城下町』は調査の新たな成果が盛り込まれているのでしょうか?


和解が必要?
Y
桐野先生、たびたび恐縮です。
 
なるほど薩摩ですか。水戸と彦根は“和解”したようですが、
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20091113/CK2009111302000105.html
鹿児島との“和解”も必要なのかもしれませんね。
 
安土城の本は発掘調査20年間の記録ですので、
最新の情報がオールカラーで紹介されています。
詳しくは滋賀県サイトをご覧いただければ幸いです。
http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/ma07/20091013_1.html

和解
桐野
Yさん、こんにちは。

薩摩は水戸と彦根ほど因縁があるように思われていませんね。
だから、和解という話にもならないのでしょうけど。
会津と長州の因縁でも、薩摩はあまり話題に上がらないのと似た構図かもしれません。

安土 信長の城と城下町
市野澤
桐野さん、こんばんわ。

件名の書籍、拝見しました。
カラーで見やすく、図版も多く、最新の研究成果が盛り込まれており、個人的には安土城・城下町関連文献目録は嬉しい限りです。

今後もサンライズ出版の地域に根ざした良い書籍が出版されることを望みます。

読了しました
市野澤
こんにちわ。

桐野さんのブログで柴辻俊六氏の新著を知り、高志書院のHPで確認し、先程読み終えました。

柴辻氏の井上鋭夫氏のオマージュを感じました。
昨年、高橋昌明氏が岩波書店から『平家の群像』を出版されましたが、安田元久氏へのオマージュを感じました。

武田氏研究の大家である柴辻氏から見て、上杉氏の研究の立ち後れの指摘は重いです。

私も桐野さんの指摘される松永久秀の家臣・岡周防守に宛てた信玄書状は気になりました。

一点残念だったのが、下総結城氏が常陸結城氏になっていました(173頁)。188頁では下総結城氏と正しくなっています。些細な点ですが、よく間違いが見られる記述です。

柴辻俊六氏著書
桐野
市野澤さん、こんにちは。

柴辻さんの著書を読了されたのですね。
私も少しだけ売り上げに貢献できて。いただいて紹介した甲斐がありました。

ただ、ご指摘のとおり、信玄と家康、信玄と信長の外交関係はもっと精査する必要があるだろうと思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>サンライズ出版
ご存知かもしれませんが、最近、
「安土城 信長の城と城下町」
というのも、出されてますね。
2009/11/08(Sun) 00:33 | URL  | 中の人 #-[ 編集]
安土城 信長の城と城下町
中の人さん、こんばんは。

その本もあればいいですね。
ご紹介有難うございます。
2009/11/08(Sun) 22:38 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
三成さんと直弼さん
桐野先生、『三成伝説』に引き続き、ありがとうございます。
方や西軍武将、方や東軍武将の末裔ですが、
ともに時代の転換期に己の道を歩んだ末に斬首されるなど
共通点も多く、なんだか不思議な縁を感じています。
 
横レスすみません。中の人さんご紹介の本は
正しくは『安土 信長の城と城下町』ですが、
中の人さん、ありがとうございます。
2009/11/09(Mon) 11:44 | URL  | Y #-[ 編集]
直政と直弼
Yさん、こんにちは。

彦根の有名人では、個人的に薩摩との縁を感じる2人がいます。
直政と直弼で、ともに薩摩人により落命していますね。
これも不思議な縁かと。

で、『安土 信長の城と城下町』は調査の新たな成果が盛り込まれているのでしょうか?
2009/11/09(Mon) 23:49 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
和解が必要?
桐野先生、たびたび恐縮です。
 
なるほど薩摩ですか。水戸と彦根は“和解”したようですが、
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20091113/CK2009111302000105.html
鹿児島との“和解”も必要なのかもしれませんね。
 
安土城の本は発掘調査20年間の記録ですので、
最新の情報がオールカラーで紹介されています。
詳しくは滋賀県サイトをご覧いただければ幸いです。
http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/ma07/20091013_1.html
2009/11/13(Fri) 10:43 | URL  | Y #-[ 編集]
和解
Yさん、こんにちは。

薩摩は水戸と彦根ほど因縁があるように思われていませんね。
だから、和解という話にもならないのでしょうけど。
会津と長州の因縁でも、薩摩はあまり話題に上がらないのと似た構図かもしれません。
2009/11/16(Mon) 22:18 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
安土 信長の城と城下町
桐野さん、こんばんわ。

件名の書籍、拝見しました。
カラーで見やすく、図版も多く、最新の研究成果が盛り込まれており、個人的には安土城・城下町関連文献目録は嬉しい限りです。

今後もサンライズ出版の地域に根ざした良い書籍が出版されることを望みます。
2009/11/17(Tue) 20:27 | URL  | 市野澤 #-[ 編集]
読了しました
こんにちわ。

桐野さんのブログで柴辻俊六氏の新著を知り、高志書院のHPで確認し、先程読み終えました。

柴辻氏の井上鋭夫氏のオマージュを感じました。
昨年、高橋昌明氏が岩波書店から『平家の群像』を出版されましたが、安田元久氏へのオマージュを感じました。

武田氏研究の大家である柴辻氏から見て、上杉氏の研究の立ち後れの指摘は重いです。

私も桐野さんの指摘される松永久秀の家臣・岡周防守に宛てた信玄書状は気になりました。

一点残念だったのが、下総結城氏が常陸結城氏になっていました(173頁)。188頁では下総結城氏と正しくなっています。些細な点ですが、よく間違いが見られる記述です。
2010/02/02(Tue) 16:33 | URL  | 市野澤 #-[ 編集]
柴辻俊六氏著書
市野澤さん、こんにちは。

柴辻さんの著書を読了されたのですね。
私も少しだけ売り上げに貢献できて。いただいて紹介した甲斐がありました。

ただ、ご指摘のとおり、信玄と家康、信玄と信長の外交関係はもっと精査する必要があるだろうと思っています。
2010/02/03(Wed) 10:04 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック